カヤックとSUPが流行の兆し!最低コストでオフショアに行こう!

近年は混雑するショアを離れ、広大なオフショアが注目を浴びている。

対人トラブルに悩まされにくく、デカイ魚を大漁しやすいのが、外洋のメリットであり夢。

でも……とにかくお金がかかることが、最大の欠点。

 

そこでオススメしたいのが、費用が安くすむ「カヤック」と「SUP」です。

スポンサーリンク

浮かべるだけで金を吸い込むのが船舶

船舶は車と同等の維持費がかさみます。

内訳としては……、動かすと「燃料代」。停泊させるなら「停泊代」に「管理費」。その他保険に船検などなど──。

維持費は場合によって、車より高くなるのが最大の欠点です。

 

でも、維持費がかからない船も存在します。

免許はいらない! 部屋にも置ける! 船検もいらない!

それが「カヤック」を含む、小型ボートですね。

進化していくカヤックフィッシング

カヤックは海運の要として、古来より進化し続けています。

現代だと魚探は当たり前、手漕ぎに代わり足こぎ式など、外洋仕様はかなり装備が充実しています(高くなるけど)。

太陽光充電の小型エレキなんかがあれば、アンカーを降ろさず停泊することもできそう。

 

カヤックは基本的に人力なので、流れが強い場所には向いていません。

なのでカヤックフィッシングは「湾内」がメイン。

静岡県相良市で開催される『カヤックフィッシング大会』も恒例行事になるくらい、カヤックメンの人口は増えていますね。

カヤックの難点は「運搬」

カヤックの全長は3~4mが主流。これは普通車の全長とほぼ同じ

そのため屋根キャリアに載せるのが一般的。

仮にそれを使わない車選びなら、マイクロバスかピックアップトラックになります。

 

カヤックは20kg前後あり、女性にはちと重い重量。

風が強かったり車高が高い車だと、余計に苦労するハメになるので注意。

ルーフキャリアも車種ごとに違うし、カヤックの向きでまた変わるので、選び方は慎重に。

海上を散歩する感じで安定性は良い

カヤックは船体が細いので、水を切りやすく漕ぐのはそれほど力を必要としない。

でも慣れるまでは筋肉痛との戦いでしょう。

カヤックフィッシングは、駿河湾でよく見かけますね。

風が強く波があると転覆の恐れも増すし、流されやすく向かい風だと地獄になるので、天候チェックは念入りに。

商船などの大型船が多い海域では、曳き波や接近にも注意しましょう。

 

駿河湾は岸から100m離れると水深20m超になります。

岸からエントリーしやすく、大物へのアクセスも容易なのが、人気の要因でしょう。

サーフに出没するウンディーネ?「SUPフィッシング」

これに関しては、こちらの動画をみるほうが単純明快にわかるかと。

 

 

SUP(スタンドアップパドルボード)』は、スポーツというよりもレジャー寄りです。

サーフィンより幅広のボードを使うので、板上で寝転がったりヨガしたりもできます。

これで釣りをすると「SUPフィッシング」です。

カヤックよりも更に低コストだが……

SUPはカヤックよりも、初期投資が抑えれるのがメリット。

ただし自分や道具が海水に濡れやすく、メンテナンスの手間が増えるのがデメリット。

その他にも、内湾はまだマシだけど、外洋で出せる状況は1年でもかなり限られるところ

 

でも「SUPヨガ」も流行したし、健康至高で導入するのも悪くないかもしれない。

ボードも中古で見かけやすいですが、まず体験スクールで経験してみるのもいいかもしれません。

湘南、江ノ島でSUP(スタンドアップパドル)体験スクール|ちょっとヨットビーチマリーナ江の島
湘南江ノ島でSUP(スタンドアップパドル)を体験をするならここ!大きなボードで浮力もたっぷりなので、サップ初心者の女性でも海のコンディションが良ければすぐ立って漕げます!ライフジャケットを着用するので泳げない方でも安心です。レンタルもあるウエットスーツを着用すれば冬でも楽しめますよ。

カヤックとSUP、どちらも海に出る以上ルールを知りましょう

海の上にも交通ルールはあるわけで、航行する上でのルールは必ず厳守すること

自動車免許があるなら、すんなり頭に入ると思います。

 

リンク 「海の交通ルール」をご存知ですか?

 

航路を知らずに適当に航行すると、大型船の警笛で耳がブレイクされるかもしれません。

何もしらずに沖に出れば、事故に繋がるだけです。

せめて小型船舶の教本くらいは、目を通してから海に出るようにしましょう。

購入にかかる費用はおいくらまんえん?

新調するならどちらも最低20~30万を見積もる必要があるかと。

けれど、リユースなら10万以下も可能。サーフショップはレンタルも取り扱っているところも。

カヤックフィッシングは、運搬の手段と保管場所が確保できるなら、船検が必要な船を持つよりも財布に優しい。

しかしながら落水しないほうがおかしいレベルになるので、危険は伴います。

救命胴衣はしっかりと、ルールを守って紳士に浮かびましょう。

特集記事
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生