台風20号のほうがヤバイと思うんですが…

台風19号のニュースを見ていたら「見てください!信号が!消えています!」とレポーターが力説していた。

そりゃ停電してるからね、仕方ないね。

 

ダブル台風のうち19号は、まだわりとマシな部分を九州地方に当て逃げして、朝鮮半島へ逃げる模様。

次なる20号は、本州上陸はほぼ確定。「猛烈な」まで育つ可能性もある。

四国・近畿・東海など、本州中央部は暴風と大雨に警戒を。 

スポンサーリンク

本州に乗り込んでくる台風はいつも本気だしてくるんですが…

19号は目が大きく「強そう」なイメージがあったかもしれない。

それも接近前に崩れかけていたので、950hpaより育つことは考えにくかった。

20号は21日夜あたりから、目がクッキリ見えるようになり、引き込んでいる雲の量と筋がパナいので、こっちのほうがヤバイでしょう? と。

仲が良すぎて周りに迷惑をかけるタイプ達だと思う。

2018台風20号予想進路

日本発表のルートだと、高知上陸後にすぐ暴風圏がなくなる予想。

それは希望的観測なだけで、淡路島直行の大阪湾観光ルートだと、日本海まで元気でいる可能性もある。

大雨に注意するのは進行ルート東側

台風の本体も大雨を降らせるが、それよりも、湿った空気を引き込む東側のほうが降りやすい。

なので紀伊半島から本州中部は、記録的大雨になる可能性が高い。

9/3(火)7時 西~東日本 急な強い雨や雷雨に注意 台風13号先島諸島接近へ 早めの対策を - Yahoo!天気・災害
【動画】 きょう(火)は、東日本や西日本は晴れていても、天気の急変に注意が必要です。午後はあちらこちらで雷雨になって、局地的には非常に激しく降る所もあるでしょう。また、台風13号はあす(水)からあさって(木)にかけて、沖縄の先島諸島に接近する見込みです。早めの対策が必要です。(気象予報士・及川藍)

西日本豪雨のように、活発な前線が停滞するわけじゃないけど、時間あたりの降水量は歴史を塗り替える可能性もあることを、心に留めていただきたい。

停電を想定してやっておきたいこと

  • 近隣の避難所とルートを確認しておく
  • 携帯・スマホの充電。モバイルバッテリーがあればそれも
  • 懐中電灯など照らす物を用意
  • 窓ガラスをぶち破られたりと、避難用に靴を枕元に
  • 冷蔵庫の足がハヤイ奴を整理しておく

 

地域のハザードマップは、在住の行政区(市名)で検索すれば出てくるはず。

ネット環境がないと、市に問い合わせるか来庁しないといけないのですが、これは?

洪水で浸水予想区域に住居があるなら、貴重品や重要な電化製品は2階か屋根裏に移動しておきましょう。

 

不安だからってスマホぽちぽちしていると、数時間でバッテリー切れになります。

雨雲レーダーや警報の確認など、必要な情報を集めるためだけに使うのが利口。

災害用には、手回し充電が可能なライトやラジオがあると便利。

必要な人は「コロッケ」を23日の日中までに買っておくこと!

コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました