ルアー

最近活躍している「テイルスラップ75S」のインプレ

小型のジョイントルアーといえば”バチ用”のイメージが強い。 確かにそうなんだけど、どちらかといえば「渋い時」「スレたと感じる時」にこそ効果を発揮する。 ”テイルスラップ”は近距離のスレた魚...
メンテナンス

いつも釣行後にしているタックルメンテナンス

フレッシュでもソルトでも、金属製品が多いタックルではサビとの格闘。 私は海に行くことが大半なので、メンテナンスには毎回気を使っています。 釣行後のタックルメンテナンスは長持ちさせるため...
釣りの雑学

ルアーフィッシングにハマるための第一歩、”釣る”ためのPDCA

興味がない人をその気にさせるには、楽しみを見出させればいい。 ルアーフィッシングにハマるためには、「ルアーで魚が釣れること」を体験させれば手っ取り早い。 そのステップを”PDCA”でまとめ...
スポンサーリンク
釣行記

釣りとラーメンは凶悪すぎるコラボin焼津周回

主に焼津と藤枝に展開するラーメン屋、「カナキン亭」のスタンプカードが貯まっていく。 ラーメン1杯でスタンプ1個が貰えて、10個で餃子一皿、20個でラーメン1杯無料と貯めがいのある物である。 ...
タックル・小物

スマホをサーモグラフィーにして水温を計れる時代

スマホに[FLIR ONE]というアタッチメントを装着すれば……あら不思議、サーモグラフィーに早変わり! これは水面から変化を読めない人にはうってつけのアイテムかもしれない。
釣法解説

バチ抜けルアーにこそおすすめのシングルフック化と選び方

にょろにょろした多毛類が産卵のために砂から這い出てくる”バチ抜け”と呼ばれる現象。 魚にとっては格好のエサで、それを模した”バチ抜けルアー”も存在します。 しかしながらこの時期は、魚のやる...
リール

新型ステラの越えるべきハードルを上げたヴァンキッシュ’16

フィッシングショーのスピニングリールカテゴリで、話題をかっさらったのが”ヴァンキッシュ”の新モデル。 陸からの(中小型)ルアーフィッシングにおいては、現状で最高峰のリールでしょう。 それに...
書籍

「魚料理の幅を広げたい!」と思うなら読んでおきたい書籍

魚料理は選択肢が多いようで、わりと少ない。自己流アレンジでケシズミにする前に、基本の「煮る」「焼く」「蒸す」はおさえておきたい。 「読んでおくと魚料理のレパートリーが増える役立つ系」の書籍を...