魚釣りのセンスを磨くためにはどうしたらいいのだろう?

2016614tp111

センスというのは天賦の才ではなく、”引き出しの多さ(応用力)”であると思っています。

それを磨く、または鍛えるためにはどうしたらいいのだろう?──を書いてみました。

スポンサーリンク

魚釣りのセンスってなんだろう

魚釣りでセンスが問われる場面というと……

・エサ・ルアーの選択

・海況に合った道具と仕掛け(リグ)の選択

・棚(レンジ)を合わせる

・釣れる場所・瞬間を見極める

大雑把にこんなところでしょうか。ある程度やったことのある人ならば、これらに必要なのは「経験」と語るでしょう。

経験は「積む・研鑽する・重ねる・得る」などと表現されます。経験とは様々な体験によって蓄積された”教養”であるといえます。

教養というのは自分で書き込んでいく辞書みたいなもの。個人の辞書は脳にある記憶を指し、単語数が多くなればなるほど、教養として成長していきます。

記憶は知識で身につけるより、体験して身につけるほうが引き出せやすい。

それを”エピソード記憶”といいます。この説明は割愛するとして──

記憶という脳内の図書館を”教養”とすると、膨大な棚から目的の本を取り出す早さが”応用力”となり、それらを選別する能力が”センス”であると思います。

センスを磨くとは、体験して知識をふるいにかけること

体験したことのある人は多いでしょうけど、ある魚に対して専用のルアーというのは、ほとんど存在しません。

正しくは”ある状況下において有利に働く”のが、専用のルアーです。

シーバスのルアーでもヒラメは釣れるし、クロダイだって釣れる。タイラバでも根魚は釣れるし、マダイだけしか釣れないことはない。

応用力”に含まれますが、これを場面によって扱えるのが、釣りにおけるセンスといえるでしょう。

視覚的にわかりやすい教養と応用力の重要さ

これを説明するのに適しているのが、三原色である『RGB』。光の三原色ともいわれますが、この三色で表現できる色数は、いくつなのか知っていますか?

2016612tp112

単色で255色、それが三色となると255の三乗で、1677万色になります。

この単色で255色というのを、一般(凡人)としての教養の限界値として考えています。

天才というのは常識に囚われないともいいますし、天才というのは255色を超えた”256色目”を発見する人だと思います。

魚釣りのセンスの磨き方

ストイックに1魚種を狙う人は多く感じます。”とある場所”だけを狙う人も多く感じます。

こういう人は安定した釣果を稼ぎやすいですが、他所に行くと意外に平凡以下になります。

ようするに、ポイントに対して”適切なタックル”というのは、少なからず存在するというわけです。

ソルトとフレッシュ問わず、どんなポイントでも共通項が存在します。

それを初見で見つけやすくするのが”センス”であり、そこに至るまでの引き出しを迅速にする要素が”経験”です。

センス(応用力)を磨くには、3箇所の違うポイントでシーバスを釣ってみよう

魚釣り全般において、応用力を鍛えるのに適しているのは、おそらく”シーバス”と”ブラックバス”です。

シーバスは「港湾(干潟)・外洋・河川」など、全国に生息するため、釣法も地域ごとに特化しています。

知能も高いとされているため、攻め方も絡めれば、メソッドは無限大になります。

何故3箇所にしたのかは、”説明のしやすさ”もあります。3箇所で釣り上げると、だいたい共通する点について理解できるためです。

2016614tp113

それぞれの場所だけで釣りをした場合は、こんな感じで独立した経験・知識となりやすい。なので外洋から河川、または干潟から河川にいきなり「PON」と入ると、似たように感じるけれど大抵苦戦するわけです。

しかし、3箇所それぞれ経験していると、見えてくる共通点があります。

それは「対象魚(の生態)は変化しない」と「狙うべき場所はだいたい決まっている」こと。

2016614tp114

これらのどこでも小魚を追って表層に出る”ボイル”は発生するし、流速が違うために一時的に流れが変化する場所(ヨレや潮目)は存在するし、水深に変化がある場所は水色と表層を見ればわかるようになるし──etc。

ポイントが変化しても、共通する事象は思っているよりも多いものです。

そこを見いだして即座に対応するのが、魚釣りにおけるセンスであると考えます。

実際に体験してみないとわからない本質

浜名湖を例にすると──。

表・中・奥」のセクターに分類されます。それぞれ様相と狙い方、平均サイズも変化します。

外洋からの海水流入が頻繁になる””は基本回遊待ち。大潮は激流になるので、河川や磯と同質。

”は流速が比較的安定するが、堆砂があるため水深がそれほどなく、干潟と同質。

”は汽水湖として顕著となり、水深がある箇所も多いため、河川下流域や湖と同質。

このように、浜名湖の「表・中・奥」の3箇所で、狙う魚は同じであっても、”向いているルアーとメソッドが変化する”わけです。

わかる人にはこれだけの説明でも、「このルアーが向いてそうだな」という判断ができるかと思います。

同じ静岡県内でも、遠州灘サーフと駿河湾サーフは全然違います。

御前崎の磯場で釣りあげていたとしても、伊豆の地磯とはわけが違います。

自分がそこで釣ったからといって、それと同じ方法が”どこでも”通用するわけではない。推奨メソッドというのは、実用できる範囲は実際かなり狭いのです。

その場所のエキスパート”は確実に存在します。だからといって、全国どこでも通用するかは別の問題というわけですね。

辛辣にいうと、特定の場所だけで安定した釣果を出しても、「井の中の蛙大海を知らぬ」というわけです。

センスを磨きたければこだわりを捨てよう

こだわりを持つことは決して悪いことではないですが、”新しい何か”を生み出すには邪魔になります

それで満足するということは、成長を止めるだけ。進化を捨てることになります。企業の人事としては一番いらない人材です。

”釣れやすいルアー”は存在します。けれど、ある一定の条件が重なった上だから、どこでも釣れるわけじゃあない。

今そこで使っている”釣れやすいルアー”を捨て、違うルアーを使うだけでも、進化はしていきますよ。

これで釣れたなら似た物を使ってみよう」とか「別の方法を試してみよう」という意識を持つだけで、あなたのセンスは進化していき、引き出しが多くなっていきます。

ひとつにこだわらず、色々な魚を狙ってみて欲しい

あこがれを元にはじめた釣りはコピーでしかない。あるラインで必ず壁に当たります。

成長できる人というのは、探究心と好奇心をあわせ持ち、決して”完璧”と思わない人です。

シーバスのランカーを求め続けるとしても、釣れやすい条件と場所こそ知識で得ることはできますが、実際には通うことでしか理解できないし、結果は出せません。

釣具店のコーナーで、普段ルアーしか見ていないのならば、エサ釣りの棚を見てみましょう。

今のリグで満足していないのであれば、何か変化する”きっかけ”が、そこにあるのかもしれませんよ?

ジギングのリーダーに、枝スで集魚板つけてやってみるのも、周りの人とは違う釣果を生み出してくれる可能性がゼロじゃありません。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

魚釣りのセンスを磨くためにはどうしたらいいのだろう?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク