ちょっと下見に来たらナブってたin田原サーフ

2016722tp081

気温も水温も夏らしさが出てきたけど、今ひとつ噛み合ってない感じがする。

朝マズで入りたいなと思っていた場所へ下見に来ました。

釣りポイントを下見するうえで大切なこと

明るい時が向いていて、なおかつ下げ潮がベスト。

明るいうちに海岸の状態や根があるかを確認する。干潮では露出する瀬や波の形がわかりやすく、また荒れている時(波3m以上)でもわかる部分がある。

潮目はベタ凪で満月ならわからないでもないけど日中のほうがわかりやすい。今日みたいな凪の時は潮目がどこに出来るのかはわかりやすく、それは潮流がどうなっているのかを把握しやすい。

さすがに水深は投げないとわからないので、ちょろっと投げてみることに。

潮目とベイトボールはあるけどギリギリ届かない範囲。波の発生点からして、200mくらい沖に駆け上がりがあるのが明白なので、それに沿って移動しているのだろう。水深はわりと深めで4mちょい。

波打ち際に小魚がいればマゴチには良さそうなチョイ深だけど、感じからして青物の回遊待ちに向いている場所ぽい。

釣る気はないけど、釣れる気がしないな……。

1時間ちょいハマるルアーを模索している中で、1km沖くらいで結構大きめの水しぶきが見えていた。

多分シーバスかな。青だったらシイラぽいけど、遠すぎてよくわからない。鳥さんは多くやる気は溢れるシチュエーションだけど、射程圏外だからどうしようもない。満潮一杯ならまだマシになりそうかな。

秋口でワラサ回遊する時なら向いてそうな場所。夏は投げサビキやっているほうが無難そうだなぁ。

払い出しの先でボイルが1回あったけど、サバかショゴのイメージ。

水深からしてミノーは微妙だし、レンジバイブとメタルジグとシンペンが合う感じ。今の時期に”脳死プレイ”で、とりあえず何にでも万能に対応したいとなれば、やっぱり「ぶっ飛び君」になるな……。全層通せるし、わりとどこでも使えるし。

明日買ってこよ。

最近店頭在庫でよく見れるようになったけど、欲しいカラーがないのよね。

ガチャで欲しいキャラが出ない」とは違ったやきもきを感じる。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!