【夏】釣り中の日焼け対策にアームカバーをオススメする理由【安いのでOK】

私は肌が弱く、日中の釣行は長袖が欠かせません。

となれば夏が困りどころ……。Tシャツに長袖の冷感インナーをあわせていますが、ある時、気づいてしまったんです……。

「半袖+アームカバーでいいんじゃね?」

釣りメーカーのアームカバーは無駄に高くね?

Amazonや楽天でアームカバーを探したあと、釣具屋で似たものを見ると、その値段に驚きます。

釣りメーカーのロゴが入った程度で、3倍ほど高くなっている気が……。

メーカーへのお布施がきついっす。

とはいえ、看板を背負わなければ安く買えるわけです。

そのメーカーが好きすぎて震えるなら、ロゴ入りを買えばいいわけだし、そうじゃなければ安くてそこそこを選べばいいだけ。

1,000円の冷感アームカバーでじゅうぶんでした

アームカバーは楽天で買いました。検索したらみょうに安くて選択肢も多かったので──。

夏だから「冷感」を優先し、1,000円程度のポチッと。

メール便だから送料も安いしポストに入るしでちょうどいい。

冷感とはいえ、生地自体が冷たいわけじゃなく、汗などで濡れたところに風がふくと「ひや~っ」とする感じ。風が強めの日中はかなり快適です。

反面、風が強い夜に着けていると○にたくなります。

アームカバーは着脱しやすいのが利点

今までは長袖1枚で日焼け対策をしていました。

不便と感じていたのは、Tシャツの下に長袖だと、脱ぐのが面倒なこと。1枚余計に着ているわけだし、暑く感じてしまいます。

Tシャツにアームカバーなら、日焼けしたくない屋外の時に着けていればいいし、脱ぐときは簡単だから楽ですね。冷感素材なら暑さ対策にもなります。

でも締め付けすぎは要注意です。