釣れなかったからGalaxy S7 edgeをアピールするin表浜名湖

2016808tp191

iPhone7は期待するほどではない(謙虚)」という話をよく聞いたので、ぼちぼちAndroidに手をだすかーと考えていた。

黒歴史のS6から現行スマホ最強に生まれ変わった「Galaxy S7 edge」に変え、林檎からドロイドくんへと浮気しました。

カメラがヤバイんですよ!(あやふや)

使い勝手はiPhoneのほうが上

iPhoneとAndroidのユーザビリティの面で個人的に感じたのは、「最初から使いやすい」か「自分で使いやすくする」かの違い。

スクロールに至っては特許を取っているiPhoneのほうがぬるぬる感は上。Androidはマシンパワーをいくら上げようが、どうにもカクつく感じがして負けている。”感覚”で使いやすいのもAppleのモバイル端末のいいところ。

音楽に関してもiTunesがあるAppleのほうが同期が楽。Androidはファイル転送面で自由が効くけど、アプリで行えるiTunesとの同期に頼らずにPCのみで操作するとなると、クッソ面倒に感じる。

PCはクリックと文字タイプくらいしかしない」って人はiPhoneが使いやすい。

OSをプリインストールしたり余分なファイルを検索して消すことができる」って人はAndroidを使いやすくできやすい。

というのが私なりの主観。

Androidは「Aをする時にBをしてほしい」というバッチファイルをアプリケーションになぞらえ、それを駆使することで楽をしていく感じ。

なので「こういうことしたいんだけどなー」を検索すれば、だいたい答えが返ってくるのがAndroidのカスタム製がいかに高いかがわかります。

これに決めたのはだいたい「日経トレンディ」のせい

Podcastでソニーのスマホ最新機種「Xperia X」の特集後に、「Galaxy S7 edge」の特集があった。

比較すると明らかに「発売時期を完全に間違えたXperia涙目すぎひん?」という感想。iPhoneはOS更新があるし6でもパワーは足りてるので、”足りない何か”を考えると「ユーザー側の自由度」になると思う。

スマホ最強のカメラ機能は明らかにヤバイ

iPhone6と比べると明らかに”鮮明さ”が段違い。

スマホで見ると有機ELも手伝って綺麗に見えるが、PCで比較しても全然違う。フォーカス機能も”ほぼおまかせ”で余裕。夜景はどうしても弱くなるが、日中の写真なら起動も早いし綺麗に撮れるので、”カメラとして”使う方法も十分アリです。

ただ解像度が大きいので、リサイズしたり転送量を気にせずSNSにアップしたりすると、転送量制限に引っかかりやすいかと。

まあ大抵のアプリは自動でリサイズしてくれますが……。

それで釣りはどうなんだい?

ジグサビキをせっせと投げていましたが、水道を通るのがボラくらいで、サビキ対象は浜名湖に引きこもっている感じ。現に奥浜名湖のボートでは結構釣れていたりする。夕方にはカマスが来たけど、ボールペン以下サイズだった。

帰り際の日没前に、T字堤でサバが入れパクしていたりと今一噛み合わない。

60cmくらいと70cmくらいのシーバスくんが泳いでるのは見たけど、エサを探して浮かんできた感じだなぁ。葉っぱが流れてきたと思ったら30cmちょいのヒラメだったりと、魚は見えるけど釣れないパターン。

2016808tp192

外洋は台風のうねりが入ってきていて、夕方には3m越えているくらいだった。

影響が出るのが少し早いと感じたくらいで、うねりというか”ただ波が高いだけ”ともいえるから、回復は早そう──でも最低木曜くらいかな。

飯の写真が簡単綺麗に撮れるのがイイネ

2016808tp193

冷たい物が食べたいなぁと、湖西の丸亀製麺で冷うどんを食す。

ウドゥンの並だけだと足りなそうだったから、かき揚げを追加したものの、根菜ばかりで予想外に膨れ「もうこれだけでいいんじゃないかな?」と思った。天カスは好物なんですよ。揚げ物全般が好きですが、どちらかといえば”衣”が好きだったりする。

今切口をルアーでどう攻めるかは考えがまとまったので、後日別記事でまとめます。

磯のほうがまだ楽だなーと思ったりする。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!