「壁ドン」ならぬ「人ドン」におびえる釣り人達

2016922tp191

釣れていますか?」と声をかけたあと、釣り人を海へ「ドン」と突き落とす事件が起きました。

明らかな”殺人未遂”なので、犯人を”イソメの頭”ほど擁護する気概はないですが、世間的に”安全意識”をカイゼンする機会にもなったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

何らかの偶然で落水する可能性はいつでも存在する

この事件後、釣り人達は声を揃え「ライフジャケットの着用を!」といっていますが、──それだけでいいのか?と。

私はできるだけリスク回避をするために、ネガティブで偶発的な”想定”をしながら釣りをしています。

例えば堤防ならば……

今地震が来たらどうすっかな~

狭い通路だからすれ違う人にケツドンされそう

魚に引きずり込まれそう

立ちくらみしたら海にポチャンしそう

このくらいは常に考えています。なので際にはなるべく寄らないし、足場の余裕は確保するし、落水した時にどうやってよじ登るかまで常に考えています。

なので、私は自ら進んで堤防ではあまり釣りをしたくないです。なぜかというと、落水の危険性が常に隣り合わせだから

原因が自然にせよ、人為的にしろ、自爆だろうが、海に落ちる危険性がある。もしそうなった場合に助かる可能性を上げるため、”ライフジャケットが必要!”……なのですが──

私は、「落ちる可能性があるところで釣りをするのがメンドイ」という考えに至っています。

ライジャケ着てるヤツなんかいるん?笑

記事の写真をよーく見てください。

2016922tp192

誰一人として着てないやん?

わざわざ”この状況で撮った”とも考えられますが、どこの堤防もこんなもんです。堤防でのライフジャケットの装着率は、よくて1割程度。バカ正直に着ているほうがバカバカしくなります。暑いですし、動きにくいし。

なので堤防に来るたび、私は釣りが嫌いになります。

ココナラ

安全な魚釣りなんて存在しないが…

自然での釣りにおいて、いろいろな場所で”危険”というリスクを考えてきました。その中で”サーフ”が一番リスクがないなと思い、しょっちゅう行ってるわけです(近いってのもあるけど)。

でも何故かここにいる人達のほうが重装備なんですよね。堤防のほうが危ないのにね。

”もしも”のために用意するのはいいことですが、”もしも”が起きないようにすることも、一度考えてみたらどうでしょう?

この件で「人に落とされるからライフジャケットを着よう!」と言い出すなんて、今までそういう危機管理を意識したこともない、ただの間抜けですよ

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

「壁ドン」ならぬ「人ドン」におびえる釣り人達
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク