「釣り人のみなさんにお願い」だって…よっしゃ聞いたろ!

20151110top12

釣り人が起こす問題は後を絶たない。

できた大人”が多いはずなのに、何故どこもモメるのか。明らかに釣り人が悪いのに、注意する側が”下手”に出ないといけない風潮もおかしく感じる。

魚を釣ることだけにしか目を向けていない釣り人が、世の中には想像以上に多いのだろう。

スポンサーリンク

釣り人相手のお願いなんて命令文でいいと思いますよ?

《釣り人の皆さんへちょっとお願い!》 ほんとうにお願いばかりが多くて大変恐縮です。

タイトルの時点でなんだか悲しくなる。実際釣り人に注意したらキレられて、逆に不快になったとか、そんな感じでしょう。

そこまで下手に出られても……困る! どれだけ横柄な釣り人に出会ってきたのだろうか、と受け取れてしまう。

でもまぁ、実際そういう人が多いよね。

条例で決まっている”リリースサイズ”もあるんですよ

ヒラメの再放流サイズはまだわりと知られているほうですが、マダイも資源管理対象だとは知ってました?

小さいのは「チャリコ」と呼ばれていますが、おおよそ手の大きさ(17cm前後)以下は再放流対象です。

県の漁協によって条例に違いはあります。ちなみに破ると罰則が課せられます。なので、気になる人は住んでいる県の漁協規約を調べてみてね!

よく”暗黙のルール”とは聞くけど、「暗黙のままで守れというなら、公認にすりゃいいんじゃない?」と思う。

そのサイズを持ち帰るのはアウトだろ──と思うくらいなら、漁協に働きかけて、それを現実にすりゃいいでしょうよ。ユーザー間での「ルール」なんて拘束力と説得力が皆無なわけで、それを盾に論じても、証人がいない痴漢の冤罪を証明するくらい難しいですよ(ほぼ不可避)。

釣りは”娯楽”なのですが、漁業の”遊漁”に組するので、ルール的には漁協ならびに水産庁からの拘束を受けるべきです。

問題はそんなルールブックが存在していないからこじれるんですよね。

釣り人の「俺ルール」が口伝のみで浸透しているからややこしい。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク