「魚を釣るのが好き」なアングラーの精神分析

20161010tp111

アングラー(釣り人)について、常々感じていたことがある。

趣味”としてある程度継続した者が行き着く先は「2つ」あることを。

魚を釣るの好きか、魚を釣るの好きか……。言葉ひとつ違うだけで、価値観も変化する。

よってこの二極は相容れない、悲しい存在同士でもある。

「魚を釣るのが好きなタイプ」は特にここがうるさい

魚のサイズにこだわる(メジャーを必ず携帯する)

環境問題に敏感

釣れた場所にこだわる

マナーに実は疎い

だいたいこんなところ。

ではそれぞれを、掘り下げてみよう。

魚のサイズにこだわるのは記録したいから

20161010tp112

魚を釣るのが好きな人は、必ずメジャーを持っているし、写真を撮ったりして”記録”に残したい欲望がある。

それを”競う合う”ことが好きだから、釣り大会には強い興味を覚える。

単純にいえば「自慢」への渇望だし、「デカイのを釣るほうが、釣りが上手い」と思い込んでいる。

方向性はどうあれ、達成するためには努力を惜しまない

環境問題に敏感な理由

自然でする”遊び”であるため、環境問題は直結する問題

定期的に「ゴミ」と「リリース」の問題で揉める釣り人たち。その理由は単純

深層にあるのは、「ポイントが減るから」と「魚が減るから」であり、矛先として”環境”が標的にされる。

だからこそ”魚を釣りたい人”にとっては死活問題となり、この手の話題は尽きない。

漁師のほうが──」と矛先を変えることも多く、いってしまえば言い訳を探しているだけ。

あるがままの自然に異物を持ち込んだのは人間であり、環境を破壊するのは結局のところ、人間でしかない。

釣れた場所なら釣れると思っている

20161010tp113

魚を釣りたい人は、釣れた場所(ポイント)を知りたがる。

……当然といえば当然だし、有効な手段であることには違いない。

しかし、自分で探そうとしない

アレが釣れるみたいだから、釣りに行こう!」──というタイプ。

スタイルが確立しているわけではなく、季節毎に合わせるだけなので、魚釣りの知識は狭くて深くなる

だから他所の畑を毛嫌いする。

マナーに疎いのは視界が狭いから

端的にいえば、「釣れるポイントを守るためならなんでもする」から。そういう人ほどトラブルを起すことが多い。

マナーの方向性も、”釣りにおける”こととして備わっており、広義の”地球環境”に対しては疎かったりする。

ポイントの奪い合いで揉めるのは、”そこで釣れた”から、そこでやりたいため

ゴミを持ち込んで仕掛けを投げ込むのも、魚を釣るためを正当化するため

釣り人目線と、それをしない人の目線は、違うものである。

みんなでワイワイするのが好きな「エンジョイ勢」が多い

20161010114

釣り情報を共有する、またはしたい過程で仲間が増えていく。

釣りにも複数人で行き、写真を撮ったりと、傍から見れば楽しそうに見え、その世界に踏み入れる”きっかけ”としてなりやすい。

しかしながら、「魚釣りが好きな人」とは馬が合わない。

なぜならば、”価値観が違う”から。

だから正解なんて、無い。

それぞれが思うがままやりたいようにやればいいし、無理することもない。

答えがないからこそ、終わりを決めなければ生涯かけて楽しめる趣味なのである。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!