【メタルジグ小咄】なんかコイツ……他とは違うぞ!?

20151112top20

サイト巡回中に見かけたアトールのメタルジグ、「GJ TALASSA」。

こういう形は大好物です。──けれど、ショアキャスティング用の”小型”が少ない。

「じゃあ君の理想はなんだい?」と問われた気がして、”メタルジグ”について思うままに書いてみました。

スポンサーリンク

メタルジグはシャープな製品が多い、けどファットなのが欲しいんです

バンジーショット」もですけど、”ずんぐりとした”メタルジグって案外少ない。ファットよりもスリム寄りが多いのは、「整形のしやすさ」があるのでしょう。

オフショアの”スロージギング”では「限りなく魚に近づけたタイプ」で丸っぽいのはあるけれど、ショアモデルは”平べったい”物が多く、高低差が少ない沿岸部では”スローに使えない”と、性能を持て余すことが多い。

特に遠州灘のような遠浅サーフ。そういう所では”泳ぐ”ことが第一条件なってしまう。

メタルジグはシャクる?巻いて泳がせる?

メタルジグは上下に動かすのが効果的とされていて、基本としては「ハンドル1巻きにつき1アクション」。

大抵のリールは「ハンドル1回転につき1m糸を巻ける」物が多い。1シャクリ1巻きなら、1回で1mは手元に寄っているわけです。

けれど水深3m以内の遠浅ではしゃくる意義があまり感じられない

それはどういうことかというと、図にすればわかりやすいと思うので適当に書き出してみる。

jig

緑で囲んだ角度でしかジグは持ち上がらないので、浅く立ち位置が低い場所では、高い場所より早く手元に来てしまうことになる。おもいっきり竿を立てても、海中での動きはどうなるか──大体想像が付くと思う。

ルアーはラインが通っている通りに進むとは、道理に叶っている。

ルアーフィッシングは理系のほうが有利かもしれない

数字に強い人ならば、「このくらいの深さでロッドティップがこの位置だから……、ワンジャークでジグはおよそ◯cm浮きあがるはず」という計算もできる。関数電卓用いて釣りを科学するのも、悪くはない。

魚を釣るために重要なのは、空間に対する”レンジ”で、「水中という”空間”のどこに、ルアーが存在しているのか」を計算から知覚できる人のほうが、魚に出会える確率はあがる。

だって、魚がエサに気づいてくれる距離も、そう広くはないから。

メタルジグのレンジ攻略で重要なこと

ようするに、「1mロッドを持ち上げたからといって、水中でルアーが1m上昇しているわけではない」ということ。

”リフトフォール”の時も、ロッドを高く「ポーン」と持ち上げても、水中のルアーはその半分以下しか持ち上がってない──なんてこともあります。先の例で出した絵のように、ロッドの先端からルアーまでの角度が急であるほど、ルアーは高く持ち上がります。

なので角度が浅いとストップゴーが捗るし、深ければリフトフォールが捗る。この差を解消するには、10mくらいの竿にするか、脚立に乗って過去の東京湾アオギス釣りスタイルにするのが手っ取り早い。

となると、遠浅では”巻きで使えるジグ”がメインになるわけですが、この”巻き”で使えるというのがあまり無いわけです。

スピンビーム」が最も向いてはいるんですけど、使っている人が多いのでつまらない。というか信者が多すぎて品薄なのでハナから選択肢にない(通販でもほぼ全滅なんですが)。同タイプでは「ムーチョルチア」が近く、案外ダイワの「ファントム」も使える。

あとは”スプーン系”とかでもいいけど、風の抵抗を受けるため飛距離は少し落ちる。なのでスプーンは浅い所や上を通すのにはハマるけど、深い所では逆に使いづらいし、ソルト用の大型スプーンはあまり数もない。サーフでは波に乗りやすいという難点もある。

ジグミノー”も代わりには使えるけれど、キビキビした動きをさせたい時は、やっぱりメタルジグのほうが向いている。

重い”シンキングペンシル”でも代用にはならない。”重く”するとどうしても9cmは超えてしまうので、それ以下のベイトサイズがメインになるとちょいと食わせづらい。これはジグミノーにもいえること。

メタルジグは小型で重量があるほうが釣れる

鉛より重いタングステン内蔵の比重があるメタルジグが流行の兆し。

ひとくちにベイト(小魚)といっても大きさは様々。数cmから20cmも幅があるし、FRP製のルアーは小型にするほど軽くなるから、飛距離がネックになる。

なので小型かつ重量があるメタルジグは、世にあるルアーでも”釣れやすい”ルアーなのです。だから1種で釣れる魚種も幅広いんですよね。

巻きで使うアクションはスイングがいいので、形状としては”棒状”で十分。

テンションを抜けば「ゆらっ」と姿勢を崩して落ちる、そんなメタルジグはありそうであまりない。

GJタラッサはそれで久々に「ティン」ときたメタルジグなんですけど、近くの店舗で見かけたことないし、通販でも一部だけ。

てーことは取り寄せが一番かな。行けた時に「ヤルキスティック」を扱っている所で聞いてみよう。

ムーチョ・ルチアはどこでも取り扱っているくらい人気のメタルジグ。

今回の話に丁度合うような、ほどよいファットと泳ぎを両立しており、ショアジギングで釣果を出している。

サーフでもただ巻きからのストップで反応を得やすく、使いやすいルアーです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【メタルジグ小咄】なんかコイツ……他とは違うぞ!?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク