夜明けに前にまず一投したい「鮃狂ヒラメハンターZ 120S」

2017308tp191

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/fj_hiramehunter_z/index.html

最近のヒラメ用ルアーは”重い物”が主流となっており、レンジでいえば上か底の二極が多い。

それで十分釣れるわけだけど、自由度として”遊び心”が薄まっている感じもする。

腕で釣る達成感を得るためには、通せるレンジの自由度はある程度あったほうがいい。

ダイワが今春お届けする「鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメハンターZ 120S」は、リップが大きめのシンキングミノー。

端的にいえば”ありふれたタイプ”──だけど、遠浅をねっとり攻めるにこのタイプは持っておきたい。

スポンサーリンク

夜明け前からのヒラメゴールデンタイムを攻めるルアーとは

夜明け前後の時合(マヅメ)を狙う場合、対象魚の活性に合わせてルアーを通すスピードを変えたほうが効率的。

それは状況にもよるけれど、おおまかに分ければ3パターンくらいになる。

1.表層にベイトはいるようだがボイルがない

2.表層にベイトもいないしボイルもない

3.なんかヒラメが飛んでるけど…

(1)はベイトの下にヒラメがいるけど、エサが表層にいて離れすぎているから気づいていないorやる気スイッチが入っていない。

これは満潮時によくあることで、単に活性が悪い時もある。(──そもそも狙う魚が居ないほうが多いけど)

この時はベイトの下の下をゆっくり通して反応がなければ、ベイトを散らす勢いで派手に動くタイプを通すのがいい。

なので「水面下2m以内を通せるルアー」が効率的。

(2)はそこにヒラメがいたら「ラッキー☆」なので、メタルジグかなにかで水深測ってから、底から1m以内を引ける重いルアーで十分。

(3)はフィーバータイム! だけど、ナブラぼっこぼこなら何を投げても釣れるってわけでもない。

まずそこに”届く”ことが必要で、ある程度ルアーを沈ませることができるかがポイントになる。

まあこれに向いているのが「メタルジグ」「バイブレーション」「シンキングペンシル」みたいな”飛ぶし沈むルアー”なんだけど……

「ヒラメハンターZ」は、(1)と(2)のシチュエーションにピッタリ。

なので、「今日はお魚さんおるかなー?」反応を探る初手ルアーとして融通が効きやすいミノー。

ヒラメハンターZは水深4m以内のサーフ向け

早巻きで表層下50cmから、「それ巻いてんの?」といわれそうな遅巻きで2m前後のレンジを通せる。

秒速1回転のただ巻きで1mちょい下を通せるので、使い勝手はMDタイプのミノーであるimaの「魚道MD」に近い感じ。

ヒラメハンターZはシンキングタイプだけど、”ヘビー”ってわけじゃないので、アクションとレンジの自由度は飛躍的に高まる。

魚道MDはフローティングなので、巻かないと沈まないのに対し、これは巻いても巻かなくても沈むから、意図的にレンジコントロールがしやすい利点がある。

ただ巻くことに飽きれば、ジャークベイトとしてチャカチャカ動かすのもアリ。

遠州サーフでは割合が多い2~3mの水深で使う場合、リトリーブ速度を先の例からいうと──

(3)の場合ならガンガン巻いていいし、(1)(2)なら秒速0.5~1回転で底際から1m以内を通せる。

水深1m前後のシャロー帯なら、リフト&フォールで底付近を狙えるから、マゴチを引き出すのにも向いている。

ルアーは基本的に”ゆっくり見せる”ほうが見つかりやすく、釣れやすい。

このルアーは派手に動くタイプだから、これで反応がなければ9cm台の重いシンキングペンシルで同じように狙ってみたい。

時間帯で考えるルアーカラー

ヒラメといえばピンクとゴールドがよく釣れると話に挙がることが多い。

”よく釣れるカラー”ってのは、皆「俺も俺も」って使うようになるから、統計すると割合が多くなるだけともいう。

重要なのは「その時間帯でなぜ選ぶのか」を考えるか否か。

お魚さんは人間とは違い、ルアー自体はぼやけて見えている。

色もハッキリ判別する個体は全体からすれば少数になり、目よりも側線というセンサーを頼りにエサを探す種もいる。

ヒラメは目が上に向いているので、どちらかといえばエサを”視る”タイプ

彼からすればルアーの下腹部(ベリー)を真っ先に見るので、カラーとして気にするならここが重要。だけど日光があると影になってしまう。

だから暗い時間帯に使うのであれば、ベリーに明色を選ぶのが効果的

……ただしこれはルアーを底から1m上を通す時の選び方になる。

底付近をネチネチ攻める「リフト&フォール」であれば、ルアーの側面も見せることができる。なのでレンジを底に近づけるほど、全体のカラーが重要になってくる

この時はピカピカ光る”レンズホロ”で「うおっまぶしっ」を狙えるし、ルアー全体の色でアピールできる。

なおかつ夜明けの光は赤みがかっており、金色に反射しやすいので、日の出日没に”ゴールド”が釣れやすい理由になる。

ピンクは……ヒラメだけが特別じゃなく、実のところどんな魚にも効果はある

これは水中に存在しにくい色でもあり、周囲のコントラストとはっきり区別されるため、魚が「あれエサっぽい形してる」と分かりやすいから。

濁りが入ると暗色のほうが目立つため、緑がかった色がオススメ。

特に日中のデイゲームに緑色は効くし、実績も高い。

座布団率が高いのも緑色だったりする。

「ヒラメハンターZ 120S」で鮃に狂えそうな時期

12cmは結構大きいルアーと思われがちだけど、この大きさでも30cm以下のヒラメも食ってくる。

上層を通す場合には、これが”小さいベイト”に見えるわけで、「おっ、エサいるやん!」と飛びかかってくるアグレッシブな奴は時合に多い。

生息するベイトにマッチするかよりも、ルアーとしてはレンジにマッチするかのほうが重要だったりする。

このルアーはオールシーズンに対応できるタイプ。

しいていえば、稚魚らしい小型ベイトが主になる初春には、ちょっと大きくて出番が少ないと思われる。この時期はレンジバイブのほうがひっぱりだこ。

5~11月までは一線で使ってもいいのではないかと。

個人的には「竜宮城カラー」がド派手でいいんじゃないかなと思った。

「ヒラメに効くカラーを全部取り入れてみました」みたいな適当さを感じるカラー(褒めてる)

夜明け前後にこれを投げてコツンともなければ、次に何を選ぶのかメチャクチャ悩むレベル。

ダイワのヒラメ用ミノーはいまいちパッとしなかったけど、これだけは使えそうだなと。

正直いって”この手”のルアーは市場にありふれているので、購入の一歩を踏み出すのに必要なのが、「釣れそうなカラーがあるかどうか」にあるんじゃないかな。

ダイワは赤系のルアーが何故か他より釣れるんですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

夜明けに前にまず一投したい「鮃狂ヒラメハンターZ 120S」
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク