「タイジグ」は船上マダイだけじゃなくサーフでも活躍できる

「タイジグ」は船上マダイだけじゃなくサーフでも活躍できる

http://www.tacklehouse.co.jp/prototypefile/?p=6994

 

「おもしろそう!」と直感したタックルハウス「タイジグ」

マダイジギング専用設計?  ……いやいや選択肢がそれだけなのは、もったいない。

それだけじゃなく、港内やサーフのソルト全般で使えるだろうと睨む。

 

ぶん投げれる重さだし、ひらひらフォールで誘いよし、ただ巻きでも動いてよし。

色々な魚を呼び込みそうな予感。

スポンサーリンク

タイジグはスロージギング寄りの斜めの釣りに使いたい

タイをルアーで狙うのなら、「平べったくてひらひら落とすか、ブルブル震えるアクション」の実績は高い。

それなら「沖でもバイブ投げればいいじゃない?」……と考えるでしょう。

しかしバイブレーションは引くことで能力を発揮するルアー。

遠くに投げて巻いてくる陸っぱりは通用するが、縦に落とす船で同じ動きをさせるのは無理がありすぎる。

 

船のマダイ釣りは、「タイラバ」が猛威を奮う。

メタルジグでも釣れないことはないので、『マダイジギング』が確立されています。

本能に訴える誘いを実現するタイラバに比べ、他は多少なり劣ってしまう。

 

そんな中現れた「タイジグ」のアクションは蛇行水平フォール

ようは枯れ葉が落ちる感じで、ゆっくりヒラヒラ落ちていく甲殻類を演出します。

この動きはタイが大好きなのです

タイラバ以外でマダイジギングをしたいのなら

タイラバ以外でマダイを、ルアーでぽこじゃか釣りたい場合。

求められるのはゆっくり落ちて、素早くしゃくれるワガママ設計。

 

タイジグの設計は、それを縦の釣りで実現できる形状。

全体を平たく、そして大きくすることでフォールはひらひら落ちて時間を稼いでいる。

流線型で水の抵抗を受けにくいから、上げる動きはキビキビと反応してくれる。

 

「グイッ」と持ち上げ「ヒラッ」と落ちる。

単純ですが、それがマダイをはじめとする「タイ系の魚」を誘惑するわけ。

キャスティングで縦を攻める「タイジグ」のミラクルフォール

細かいスペックについては、公式のほうを参考にしてください。

 

TACKLEHOUSE:タイジグ

 

メタルジグは投げりゃ飛ぶ比重があるし、鉛は加工しやすいので「形状の自由」はある。

──はずだけど、魚の形(ベイト)から脱していないきらいもあった。

 

「ルアーは魚に模さなければならない」ような、固定観念が根強い。

そこに革新があるとすれば、自然界に在るものから逸脱する必要があるのでは? と感じてはいた。

タイジグはそこを切り開いてくれたかもしれない。

 

http://www.tacklehouse.co.jp/product/tj.html

 

見た感じ船っぽい形状──なるほど、釣果を運んできてくれるってわけだな!

背中は平らで腹側は竜骨を想起させるよう。

これはありそうでなかった形。

 

投げてよし」「巻いてよし」「落としてよし

これらは釣れる要素として欲しいポイントだけど、他の製品とは違う“形状がもたらす要素”が、新たな釣果をもたらしてくれるかもしれない。

 

 

ウェイトは40~120gと幅広い。

ショアとオフショアが切り替わる境界線は、60gってとこですかね。

60g以下はプラグで届かない港湾シーバスに、大河川の秘密兵器にも使えそう。

青物シーズンは中層上の早引きに、渋いならゆっくりフォールで上手いこと引き出せそうですね。

エビのように動かすアクションで攻めてみたい

ベイトライクに使うなら、水平を維持するメリットを活かして、逃げるエビをイメージ。

簡単にいえば、ロッドをぽんぽん跳ねさせる感じ。

フォールはラインを張るのではなく、送り込んで時間を稼ぐようにするとうまくいく。

重量が増えるにつれアクションも速さが必要なので、その都度加減を考えましょう。

 

サーフだとフラットを狙いつつ青物も。

底付近をゆっくりただ巻きすればヒラメを誘えるし、底をぽんんぽん跳ねさせてマゴチ狙いに。

飛距離が必要な遠方のナブラも対応できるし、早巻きなら水面下も通せる万能性。

 

なんだ、無敵じゃないか。

……て感じに、タイジグには「ルアー1つでやりたいことを全てできる」ような万能性がありますね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生