「タイジグ」は船上マダイだけじゃなくサーフでも活躍できる

2017311tp191

http://www.tacklehouse.co.jp/prototypefile/?p=6994

 

「マダイジギング専用設計?」

……いやいや選択肢がそれだけってのは、もったいないだろう。

 

「おもしろそう!」と直感したタックルハウス「タイジグ」

水深がある所こそ活躍できそうですが、港内やサーフでも無難に使えるかと。

ぶん投げてよし、底までひらひらフォールでよし、ただ巻きでもスイングしてよし。

 

──色々な魚が釣れそうな予感がする。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スロージギング寄りの使い方より斜めの釣りに使いたい

 

「タイジグ」のアクションは蛇行水平フォール。

……ようは枯れ葉が落ちる感じに、ゆっくりヒラヒラ落ちていく甲殻類を演出。

この動きはタイが大好き

 

タイをルアーで狙う場合、バイブレーションのような「平べったくてブルブル震える」アクションでの実績は高く、主流でもあり進化も続けている。

船釣りは「タイラバ」が猛威を奮う。けれどメタルジグで釣れないことはない。

”本能に訴える誘い”を実現するにあたって、タイラバより他は劣ってしまうだけの話。

 

「なら沖でもバイブ投げればいいじゃない?」

……と考えるのは必然。

しかしバイブは引くことで能力を発揮するルアー。キャスト前提の陸っぱりで通用するが、船釣りでそれをするには水深がありすぎる。

 

船釣りにおいて、タイラバ以外でマダイをルアーでぽこじゃか釣りたい場合、求められるのは──

ゆっくり落ちて、素早くしゃくれる

そんなワガママ設計なのです。

 

スロージギングの設計は、それを許容した形状になっている。

全体を平たく大きくすることでフォール時間を稼ぐ。薄く流線型で抵抗を受けにくいようにし、シャクればキビキビした動きが実現できる。

「グイッ」と持ち上げ「ヒラッ」と落とし、魚を誘惑してくれるわけです。

 

ジギング用は「THE基本」の形状に落ち着いている。

投げてよし巻いてよしの効率化の果てだからしゃーないことだし、それで釣れているわけだから、形状の革新が訪れることはないかと思っていた。

けれど、タイジグはいままでと違うジギングを経験できるはず。

 

 

キャスティングで縦を攻める「タイジグ」のミラクルフォール

 

細かいスペックについては、公式のほうを参考にしてください。

 

TACKLEHOUSE:タイジグ

 

メタルは比重もあり投げりゃ飛ぶから「形状の自由」はあるはずだけど、魚から脱していないきらいもあった。

魚に模さなければいけない前提のルアーで革新というのは、魚が食べる物から逸脱する必要があるのでは?

タイジグを正面から見ると見慣れないスタイル。メタルジグの新たな可能性を見せてくれそうである。

 

2017311tp192

http://www.tacklehouse.co.jp/product/tj.html

 

船っぽい?

──なるほど、釣果を運んできてくれるってわけだな!

 

背中は真っ平らで、腹側は船の竜骨を想起させるよう。これはありそうでなかった形。

投げてよし」「巻いてよし」「落としてよし

それらは機能として当前だけど、他の製品とはひと味違う要素が、新たな釣果をもたらしてくれるかもしれない。

 

 

まあマダイが釣れれば他はなんでも釣れるでしょう。そもそもルアーで対象魚を絞るのは難しい。

ウェイトは40~120gと幅広く、陸と海上の境界線を設けるなら、60gってとこですかね。

 

60g以下はサーフだけでなく、プラグで届かない港湾シーバスも狙える。大河川の秘密兵器にもいいかもしれない。

青物が回遊するシーズンは、中層上の早引きに、渋いならゆっくりフォールと、静と動で必要なルアー交換が一手間減るかも。

 

エビのように動かすアクションで攻めてみたい

 

ベイトライクに使うなら、水平を維持するメリットを活かして、逃げるエビをイメージして動かしてみましょう。

簡単にいえば、ロッドをぽんぽん跳ねさせる感じ。でもフォールでラインを張るのではなく、送り込んで時間を稼ぐように。片手でスプールを抑えれる腕があれば、アクションの自由度も増えます。

重量が増えるにつれフォールも速くなるので、加減はその都度考えましょう。

 

サーフでフラットを狙いつつ他も──なんてこともできる。

底付近をゆっくり泳がせてヒラメを誘ったり、底をとんとん叩いてマゴチ向けに。ナブラがわけば飛距離に答えてくれるし、早巻きなら上も通せる。

なんだ、無敵じゃないか。……て感じに「ルアー1つでやりたいことを全てできる」ような万能性がありますね。

 

もうコイツだけでいいんじゃないかな……。

 

ただ巻きメインで使う場合は、「タイラバスカート」を併用するのもアリかな。

バラ売りされているし、どうにでも後付可能だから、選択も楽しみになるかもしれない。

フォール主体では邪魔になるので外したほうがいいです(正直どっちでもいいけど)。

 

 

サーフルアーメンが気になる飛距離と狙える魚

 

タイジグは飛ぶメタルジグよりは飛びません。これは形状ゆえ仕方ないこと。

重量さえあればあまり関係ないですけど、ぶん投げるロッド選択としては、「タイジグのウェイト+20g」を許容するロッドならいいかと。40gを力で投げたいなら60g以上を使えるショアジギロッド、とかね。

跳ねるアクションを優先するならHモデルなど硬めがおすすめ。ただ巻きなら許容ウェイト通りでMモデルなら問題ないでしょう。

 

ルアー
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生