「通販で釣り針の号数いわれても大きさわかんなくね?」の対処法

20171130tp191

釣り針の大きさはほとんど、号数(もしくはナンバー)で表記されています。

魚を引っ張る道具に関しては、耐えうる強度として「ポンド」か「グラム(キロ)」で耐荷重を表している。うん──これはわかりやすい。

しかし、魚を掛ける釣り針は──

号数で大きさを表してるのはわかるが、それだけで実物(実寸)を想像するのは無理ゲーだよね?

という疑問を持っているのは私だけだろうか。

なので、「カタログ数値だけで釣り針の大きさを想像することはできないだろうか?」を考えてみました。

でも結論は、「実物見たほうが早いよね☆彡」にたどり着くんだよなぁ。

そもそも釣具全般に「世界基準値」が存在しない件

釣具の”単位表記”は、発祥地が基準となっています。

例えばルアーフィッシングでいうと、イギリス発祥説が濃厚なので、日本製でも重さや距離の基準として、竿や糸は「ヤード・ポンド法」が用いられます。

日本発祥の延べ竿に関しては、長さとして「尺(約30cm)」が用いられてきました。

近年ではヤード・ポンドも「細かくて面倒じゃね?」とされ、「メートル法」が国際基準になろうとしています。

工業製品に使われる「JIS規格」はもともと日本独自の工業規格でしたが、現在では国際標準の規格となっています。まあこちらは”原材料の品質”としての規格が主ですね。

釣具における長さや強度(耐荷重)に関して、これらの規格などが複合され、用いられています。

ですが、釣具自体に”国際標準”が存在しません

それは「とある魚を釣るためには、このタックルじゃなければダメだ!」と限定されていない”自由度”があるおかげともいえます。

推奨タックルてのは、あくまで「これなら釣りあげれますよ?」という基準点であり、絶対ではありません。

釣具の規格がなくとも、製品の品質や強度に関しては、製造メーカー毎に裁量されています。

だから市販される商品表記・規格はややこしくなる。

なのでひとえに「ナイロンライン3号」といっても、太さや強度はメーカー毎に(微妙に)違うわけです。

釣具に溢れるグローバルな規格

国内における魚釣りのカテゴリは、大きくわけて「エサか、ルアーか」の二種類。

そのせいで釣具には、和洋入り乱れる規格が用いられています。釣具屋に並ぶ商品をよくみると──

●重さを表す規格

[ポンド(lb)][グラム(キロ)][号]

 

●長さを表す規格

[ヤード(インチ)][メートル][尺]

などで表記されている物たちが待ちうけます。

ポンドはグラムで換算できるし、それはヤードにも当てはまる。これらが用いられやすいルアーロッドやラインは、まず”長さと強度を想像しやすい”ため、カタログ表記だけでも全体像が浮かびやすく、まだ通販でも買いやすい部類かと思います。

ここで新たに飛び出してきた「」という単位が、今回の主役。

エサ釣りから始めた人にとっては身近な単位ですが、ン十年関わっている私ですら、未だに「重さと大きさを表しているのはわかる。でもその数値がよくわかんねぇ」と感じております。

でもそれは、”知ろうとしなかった”からでもある。

オモリに使われる号数はグラム換算できるからまだわかりやすい部類(ちなみに1号=3.7g)。

でも釣り針に使われる号数は、いちおう針自体の大きさを表していますが、「基準となる号数はナニで、その大きさはどのくらいなの?」という疑問がつきまといます。

なのでエサ釣りのスタンダードである「チヌ針」を例にして、針の号数とは何なのかを考えてみましょう。

人気魚種ほど号数のバリエーションが多くなる

とりあえずHP上でも実寸で見れるこちらをご覧ください。

チヌ針|タイガー針

針の号数は0.1~14号まであり、計20種類あります。キレそう

エサ用の釣り針には「◯号」が用いられますが、「1号が2号になると◯mm大きくなる」とか、そういった規格は存在していません。

ではなんのために号が存在するのかといわれれば、「商品の大きさに区別をつけるため」でしょうね。

キス専用|タイガー針

こちらのキス針では”6号から”となっています。

こうして全体図を見ると、「1号増える毎に全長が1~2mm長くなるし、フトコロと腰(ゲイブとベンド)も同様に広くなっていく」──てのは、なんとなく理解できるしょう。

ただし、「◯号は全長◯mmでなければならない」って標準規格が存在していないわけです。

まあそれはルアーで使われるフックにもいえることですけどね。

ちなみにフックの大きさは「#(ナンバー)」が用いられますが、数字が少ないほど大きく、多いほど小さくなります。

「とある魚種の◯cmをこのエサを使って釣りたい!」て人に説明しやすいのが号数

例えば「30cmのクロダイを釣りたいけど、おすすめの針って何?」と聞かれたとします。

チヌ針5号でも問題なく”口には入ります”。0.1号でも掛けることはできますが、口でハリスが切られる可能性と、耐久不足で曲げられる恐れもあります。

なので30cm前後のクロダイであれば、1号か2号を勧めれば問題ありません。

しかしそれだと15cm前後の若魚が掛かりにくくなり、「小さくてもクロダイを釣りたい!」って人には向きません。

さらに50cm以上がかかると、口には掛かりますが、刺さりが甘く曲げられる可能性が高まります。

釣具の構成って、考え方は「釣りたい魚の大きさと重量に合わせる」、てのが基本であり概念です。

釣り針に関しては、釣りたい魚の想定した大きさの口に”ちょうど”入るかどうかが第一。それで最適を選ぶと、だいたい耐久値も兼ね備えるはずです。

口の大きさは魚種毎に違うし、大きさでも変化します。でも魚の大きさのほうが、わかりやすい基準が存在しているようなものです。

まあそれはひとつの標準規格ですけど、魚によって食性と習性は違います

そのため釣り針に関しては、魚種とその大きさから、口の形状と捕食習性を考慮し、”最適であろう形状”が複数製造されているので、号数よりも「形状」が大事といえます。

アジは口が柔らかいので針が細くなりますし、タチウオは口でハリスを切られるのを防ぐため軸が長めになったり、とにかく重いマグロやクエとなれば針自体が太くなります。

エサ取りが上手なカワハギ用では、口が小さくつんつん食べるので、幅が広く針先が口に入りやすい形状です。

エサを「シュポッ」と丸呑みする根魚系だと、フトコロが深く針先が眠り形状(内側に曲がる)で、飲み込まれても喉に引っかからず、引っ張り出して口に掛かりやすい形状となっています。

これらの違いが生まれた理由は、効率的な釣り方(漁法)を常に考え続けた尽力かと思います。

まあおかげでややこしいことになっていますが。

通販などECサイトで釣り針を注文する際は手元に「がまかつのカタログ」があると最強

ぼちぼち各社が年始のフィッシングショーに合わせ、カタログを販売店に配布する頃でしょう。

製品検索|がまかつ

釣具屋で手に入る「がまかつのカタログ」は、釣り針が実寸で掲載されています

なので古かろうが1冊持っておくと、たとえ製造企業が違っていても、号数だけでおおよその大きさを確認することがしやすい。

ルアーフックも掲載されているので、ルアーメンにも安心。

まあ各社のHP上でも、最近は実寸画像を使われることが多いです。

しかし、閲覧者のブラウザ環境によって縮尺はいじれるので注意は必要。

名前で笑いましたが、魚に引っ張られてから合わせる”向こうアワセ専用モデル”。

よーく形状を見ると、通常のグレ針に比べて針先が内側へ眠っていますね。これは飲まれてもエラなどに引っかからないための形状。

そういうのを知ってから、釣具屋で釣り針を魚種別で眺めてみると、形状からそいつの捕食習性が垣間見れて面白く感じるかもしれません。

それを理解すると、針選びって「原寸・現物」がわかるほうが良いんですよね。

エサの種類、魚の食い気、潮流や仕掛けの重さ、などなど──。

突き詰めると終わりのない哲学が、釣り針の奥深さかもしれません。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!