季節感を大事にしているAPIAの帽子は好きよ?

APIAの帽子デザインは好き(被るとはいってない)。

2020年発売のコーデュラキャップが気になって、製品ページを見てみると……、季節に合わせたデザインをしていることに気が付きました。夏はデカ目のロゴドーンに派手なカラーリング。秋冬は機能性を保ちつつ落ち着いた見た目にしている感じ。

てことは……4種あれば1年戦えるな!

スポンサーリンク

APIAの考え抜かれたアパレルデザインに惚れろ!

APIAのアパレル紹介ページはこちら。

アパレル | APIA
自分や仲間たちのフィッシングギアを作る。 Angler's Utopia - APIA -

上ほど新作かつ季節に合わせたリリースになっています。

このひとつひとつの紹介文に、デザイナーとアングラーの融和を感じました。コーデュラキャップは秋冬に合わせ、落ち着いたデザインになっています。

秋冬は暖かさが重要。季節の変わり目は天候変化もしやすいから、急な雨にも耐えてくれる生地にしている、とのこと。嬉しい心配りですよね。

使いやすさを追求するのもデザイン

デザインには「設計」の意味合いがあります。

イラストを描くのもデザイン。図面をひくのもデザイン。客を呼び寄せる仕組みもデザイン。戦略的マーケティングもデザイン。

大衆には、”完成されたモノ”に対して使われやすい言葉。でもデザイナー側だと、作成までの過程に使う言葉ですね。良いデザインには必ず意味があるんですよ。なぜなら、誰かのために考えられているから。

誰でも今すぐデザインは出来ます。

例えば、部屋にある物を使いやすいように並べ替えるのもデザイン。分類としてはインテリアデザインですね。風呂で「どこから洗う?」と問われ、いつも決まった順番にしているのもデザインといえますね。

デザインは、ビジュアルやアートだけの言葉じゃない。

APIAのアパレルは、ひとつひとつにデザインの理由を明記しています。ただ売るのではなく、アングラーが着けたビジュアルと、着用する季節に合わせており、優しさを感じますね。

アパレル | APIA
自分や仲間たちのフィッシングギアを作る。 Angler's Utopia - APIA -

夏は大きめロゴで元気さと、快活なカラーで動きたくなるデザイン

この帽子デザインを見てどう思います?

こちらは春リリースのフラットキャップ。

春は気温が上がり始め、人々も活性が高くなり、外へ出かけることが多くなる季節。だから派手目で明るいデザインで大丈夫! 街歩きでも違和感ないですよね。

もしこれを真冬に被っていると……なんだか”浮いた”感じになりませんか?

明るいデザインは夏っぽさを感じるから、雪が降る中でこれを見かけると、「アイツ寒くないのかな……」と思うでしょ。

スポンサーリンク

ファッションは季節と気温に合わせることが重要

夏は汗をかきやすいため、ほぼ無地の帽子だと、汗の跡が目立ちやすいですね。だからロゴが大きく派手なカラーリングなら、汗の跡がけっこう隠れてくれます。

色鮮やかな服を着ている人は、なんだか陽気なイメージがあるでしょ? それと同じで、ファッションには個性が滲み出るものです。

正直いって、フィッシングウェアで個性を出すのは難しい。

だからこそ、季節感は大事にして欲しいと思います。真夏にモコモコしたジャケットを羽織ってると、脳がバグッてんじゃないかと思うでしょ?

見た目が他人に与える印象は大きいのです。

最後に──2デザインあればオールシーズン戦える!

派手派手は春から夏に、落ち着いたカラーは秋から冬に。

年間オシャレアングラーを目指すなら、シーズン別にせめて2パターンのアパレルは用意したいですね。ルアーもたった1個の1カラーで全てを釣りきるのは難しいじゃないですか。

デザインに意味を持たせ、このデザインはこういう時に使うんです! をちゃんと説明できると、説得力が違いますね。

APIAのように、季節でデザインをあわせてくれるメーカーは貴重です。春夏秋冬で揃えてしまえば、オシャレアングラーになること間違いなし!

アパレル | APIA
自分や仲間たちのフィッシングギアを作る。 Angler's Utopia - APIA -

ただし、似合うかどうかは別の話だよね……。

他にもAPIAのキャップを褒めている記事があります

APIAのキャップは一目で「良い!」と気づいたよ – とあ浜 (hama-angler.com)

こちらもぜひお読みください!

タイトルとURLをコピーしました