GWの遠州サーフはだいたいこんな感じ

5月の大型連休は当たり前のように渋滞するけど、遠州サーフも例に漏れません。

釣果といえば、春シーズンの追い込みもあり、所によってはポコポコ釣れて、居ないところには全くいない。

うん、いつもと変わらない浜だ。

スポンサーリンク

ポイントによってムラがあるのは当然の話

GW中の釣り場情報に関しては、あっちで詳しく書いているので、参考にしてください。

魚を釣ることに関しても、詳しくはしているつもり。

【まとめ】連休の遠州灘サーフで釣る!(おまけの浜名湖編)
3回に分けてお送りした「連休中の遠州サーフで釣りをしたい!」と考える人に向けた記事は、これが最後になります。 まあ「来てもいいけど、どうせ混んでるからやめておいたら!?」なツンデレ紹介がメインでしたけど……。 今記事ではそれらのまと...

遠州サーフの春シーズンは、本番ともなれば4月中旬頃から。

そこを過ぎれば潮次第で、魚があっちに寄ったり、こっちに寄ったりと大忙し。経験上は大潮で入ってきたのを時合で拾っていく感じですかね。

御前崎からの東エリアが最も潮回りが良く、スタートはほぼここから。

適正水温よりは時期と潮汐を気にすること

スタートは東で、順に西も釣れだしてきますが、1~2ヶ月ほどの違いがあります。

これは海流が東から西へ流れているため。

ヒラメだと深場から浅瀬へ移動するだけなので、それよりも産卵の習性が関係しており、季節──すなわち水温次第です。

 

完全にそれ狙いだと、海水温を常日頃監視して、16度前後になったら偵察にいってみるといい。

水温上昇でチャンスが増えるのは西側で、シラスなどの潜在するベイトが常にいるのと、気候の変化が水温をあげやすいため。

ちょっと深い所にいる居着きが移動してくるだけなので、寒が緩んだころはチャンスがあります。

どんなルアーが向いているか

マヅメタイムで飛び跳ねている時はなんだって食います。とりあえずそこに届けばいい。

そんな状況でもないなら、季節風が強いかベタ凪かの選択。

よって──風があっても飛ばせる「重いルアー」に、「遅く巻けるルアー」があれば十分。

ジャクソンの「鉄PAN vib」なら、どっちもカバーできるので、用意して損はない。

風が強くて波がガチャってる時は、「MDレスポンダー」のように、リップ付きで深く潜るタイプのミノーがおすすめ。

南風だと向かい風になりますが、それが吹く時点で初夏の到来か雨になるし、ほとんど追い風気味だから軽くても大丈夫ですけどね、リップがあれば。

 

それでダメなら、テキトーなメタルジグを放り込むか、重めのシンキングペンシルを使いましょう。

まだ水温が低いので、エサを食べるタイミングも少ないから、朝夕の時合が勝負どころ。

Tipsサーフルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました