【まとめ】連休の遠州灘サーフで釣る!(おまけの浜名湖編)

3回に分けてお送りした「連休中の遠州サーフで釣りをしたい!」と考える人に向けた記事は、これが最後になります。

まあ「来てもいいけど、どうせ混んでるからやめておいたら!?」なツンデレ紹介がメインでしたけど……。

 

今記事ではそれらのまとめと、おまけの「浜名湖で釣りをするなら」を追加して納竿。

あ、私は連休中に釣りはこりごりなので、多分行きません(行けないとはいってない)。

スポンサーリンク

連休の遠州灘サーフを釣る!(沿岸全域をカバーする3部)

連休中に遠州サーフで釣りをするなら、「のびのびやりたいなら夕方がおすすめ!」としかいえない。その理由は以下の記事で。

連休の遠州灘サーフで釣る!東部編(御前崎周辺)
御前崎周辺の遠州灘サーフエリアは、ヒラメハンターのお膝元でもあるし、全国発信の地でもあるため、「サーフルアーの聖地」扱いされています。そのため、全国からガチアングラーが集います。そんなわけで大型連休時は混雑しやすい場所ですね。御前...
連休の遠州灘サーフで釣る!中部編(袋井~湖西)
遠州灘サーフの中部地区は、静岡県で最も人口の多い浜松市があります。大型連休中は他の地区よりも道が混みやすく、レジャー客とアングラーが入り乱れて、釣りがしづらい地域なのが難点。「でも今日しか休めない。俺は釣りがしたいんだ!」...
連休の遠州灘サーフで釣る!西部編(豊橋~伊良湖岬)
大型連休で激混み必死なシーズン中、遠州灘サーフで比較的空いているポイントはどこにある?当記事は遠州灘サーフの西部に当たる「愛知県」が中心。静岡県よりエリアは狭いものの、釣れる魚種のバリエーションが多く、バラエティーにも富む面白いポ...

ざっくりいえば、東エリアは人混みとの戦い、西エリアは渋滞(人混み含む)との戦い。

「夜中にはじめて明けたら帰る」が一番賢いと思う。けど、いいのかそれで?

スポンサーリンク

おまけの浜名湖編

浜名湖は釣りのメッカとされていますが、駐車場が意外と少ない難点があります。

今切口~弁天島は有料駐車場があります。あとは大体私有地なので注意しましょう。

他の地域は公営駐車場もありますが、おおっぴらに「ここ!」といえる駐車場はあまりないです。

やりたい場所に車を停めてすぐ釣りができる」みたいな条件を叶える場所は、ほぼないと思ってください。

 

不安ならネットで検索するといいかと。某釣具屋が丁寧に案内してくれています。

あとはポイント本に頼るか、個人に尋ねるかしましょう。

魚を刺身で食べたい人は「今切口~表浜名湖」で

浜名湖と太平洋が接続する今切口は、堤防からのエサ釣りで「クロダイ」「シーバス」「投げキス・カレイ」などが狙えます。

ルアーは時期的に青物。シーバスとヒラメは場所的に少しむずかしい。

他には岸からの投げ釣りか立ち込み(ウェーディング)で、「キス」「キビレ」「クロダイ」「シーバス」。船からだと「マゴチ」「ヒラメ」「キビレ」「シーバス」が釣りやすい。

 

”刺身で”とした理由に、浜名湖は奥へ行くほど食あたりのリスクが高まるためです。

これは水質(汽水)による微生物の影響。

数を狙うなら中~奥浜名湖のボートゲーム

浜名湖の面積も広大になる区域だし、岸からは(駐車場で)不利な位置なので、機動力のある洋上での釣りがオススメ。

カヤックもアリだけど、この区域は潮汐でそれなりに流れるため、原動機付きのほうが望ましい。

レンタルするなら「浜名湖ボートクラブカナル」がオススメ。

夜のルアーはベイトがたまりやすい奥浜名湖

奥浜名湖エリアは流れも緩く、夜釣りでキビレが狙いやすいため、競争率が高い。

水深は浅い箇所が多く、全域でウェーディングは可能だが、アカエイには注意して頂きたい。

メインターゲットは「キビレ」「シーバス」になる。

 

ベイトとなる小魚はどこにでもいるくらいだけど、捕食側はそれほど大きい奴が居ないため、使うルアーは「8cm以下」からはじめるのがオススメ。

”簡単にできる場所”で結果を出すのは難しく、ちょっとヒィハァ歩いていくような場所のほうがいい。

ポイントと釣法をまとめた書籍としては、浜松市内の書店のどこでも読めるくらいある本。内容も結構参考になります。

特にポイント案内に関しては、これを見るほうがわかりやすく、なにより行きやすいです。

最後のまとめ

これを書いた理由は、「これからはじめる人、なんらかの想いがあって来る人には、なるたけ気持よく釣りをしてほしいから」の想いがあるから。

釣りを好きになる過程はどうであれ、”釣りをする環境”は大事です。

 

はじめてサーフルアーをやる人が、ズラーっと波打ち際に並ぶアングラーを見ると、正直ひきます(友人はそれでひいた)。

そんな中でも釣れれば好きになるかもしれない。

けれど、その状況が続くほどトラブルに巻き込まれ、やがて足は遠のくでしょう。

 

これらの記事を参考にして、「気持ちよく釣りができたよ!」って人が1人でもいれば、私は役目を果たせたと感じます。

タイトルとURLをコピーしました