【東部編】連休の遠州灘サーフで釣る!(御前崎周辺)

 

大型連休になると、パチンコ屋と釣りポイントは人があふれやすい。

どちらも勝利を得るためには、「場所取り」が重要だったりする。

 

今回は自身の経験から、春ヒラメの起点と終焉になりやすいG.Wを基準に、「大型連休中でも、ある程度気持ちよく釣りをするため」のアドバイスを。

一応、これからはじめる人など、ポイント初見向けに書いています。

ん? よく来れる人にとっては今更な話なので、そっと閉じてください。

スポンサーリンク

連休の遠州サーフで釣りをしたいのかい?

遠州サーフは、とあるヒラメハンターのお膝元である。

それもあって、サーフでヒラメを釣るのは「ここが始まり」とされ、聖地(笑)と云われる区域。釣り大会もよく開催されるようになり、メディア紹介も相まって、全国の知名度は無駄に高い。

そのためガチ勢が集まりやすく、初心者(軽装)にとっては敷居が高い……と思われている。

 

東端の「御前崎~浜岡砂丘」区間は、黒潮の恩恵を受けやすく、様々な魚が入りやすい。

サーフの特徴としては、干潮時に磯遊びができる磯場もあり、ドン深と遠浅の砂浜も組み合わさり、ポイントの攻め方の見本が全種詰まっている。

ひとことでいえば、「全国でも戦えるサーフルアーメン育成場」という感じ。

 

ということで、御前崎エリアで魚を釣りあげることができれば、全国どこでも戦えるようなもの。

まったくの初見では、ルアー選択による攻略が少し難しくなるし、レンジが合わないルアーに苦戦してしまう。

なので、私見ですが「どういう場所か」を書いていきます。

御前崎周辺のサーフルアーポイントなど

御前崎市へは、東名高速道路からのアクセスが容易(になった)。

「相良牧之原IC」の出口から繋がるバイパスを利用すれば、30分もかからない程度。

新東名からは、「島田金谷IC」を降りてどんどこ南へ進むと、「相良牧之原IC」に到着します。さすがに遠く感じます。

 

御前崎は遠州サーフでもっとも魚が釣れやすい区間ですが、場所によってサーフが変化するため、初心者向けじゃないです。

雑に区分けするとこんな感じ。

 

サーフィンの世界大会が行われた実績もあり、夏季はサーファーのほうが多くなるレベル。

釣りポイントと駐車場の余裕は十分。でもレジャー組との競合が多くなるため、日が昇ってからは、サーフで釣りをするのも難しくなる。

 

磯場・ドン深・遠浅が入り乱れるため、サーフのポイントとしては初見殺しなうえ、上級者向け。

やりやすさでいえば、原発寄りのほうがマシです。

灯台近くの磯場ゾーン

遠州灘では数少ない、ヒラスズキを任意で狙える場所。

満潮時は沈み根に変わるため、干潮に向かう時に入るのが望ましく短期決戦が向け。

ホテル前は家族連れの磯遊びゾーンになるため、周囲への安全配慮と、自身の安全確保には留意してもらいたい。

サーファーは少ないが釣り人は過密するドン深ゾーン

この辺は潮回りが良く、青物など回遊系を狙うならここ。

水深があるため、HSミノーやメタルジグを主体とし、手前をレンジバイブとジグヘッドで潰していく感じ。

原発周辺は車を停めれる箇所が少ないため、互いに譲り合いましょう。

 

ドン深と磯場ゾーンは、「かっ飛び棒」か「ぶっ飛び君」があれば、それで事足りるレベル。

サーファーが来る前に勝負を決める遠浅ゾーン

御前崎周辺では、唯一「サーフ」と呼べる砂浜ゾーン。

サーファーと釣り人がごった煮するエリアで、夏季に勧めるのは夕マヅメを狙い撃つ方法。

どこもそうですけど、夕方は人が少ないので、ランガンはやりやすい。

 

こちらは全面砂底なので、ルアーをいろいろ試すことができる。

ロストの危険性も、高切れパッツーン以外にないくらいなので、初心者にもやさしい。(たまに大物が来るけど)

 

馬の背が50~70m先にできやすいので、干潮時は飛距離が欲しくなる。

満潮時には30m以内の払い出しや離岸流を、チクチクコツコツと探っていくのがオススメ。

なので足元まで引けるルアー達を選び、おすすめは「スピンビーム」「スピンドリフト」「ビーチウォーカーハウル」あたり。

菊川河口~袋井までは砂浜に降りないとわからない

菊川河口西側~馬込川東岸までは、一応砂浜に車が乗り入れられるようになっている。

行政からはグレーゾーンで、利用者が何かトラブルを起こせば即立入禁止……みたいな場所。

自然保護とスタック面倒な観点から、私はサーフへの車の乗り入れは一切勧めません。

 

この辺は車で乗り入れるメンが多く、入り口に車が居なくても、砂浜に降りたらジムニーだらけもザラにある。

サーフルアーとして完全なるガチ勢が集う、ある意味、面倒な場所。

サーファーと投げ釣りとジムニーが入り乱れるカオス

 

 

全体的に遠浅で、小規模ながら河川の流出が多く、地形変化に富んで狙いどころが多い。

降り口は多いのだが、そこに停める箇所は少ないため、乗り入れるほうが手っ取り早い。

「車を停めやすい」で選ぶと、菊川河口とキャタラー前かな。

駐車場に関しては自分で調べていただきたい

紹介した中で、公共として整備されているのはごく一部。設備的には御前崎が優秀。

御前崎はサーファー客向けに、トイレにシャワーや自販機、駐車場も点在する。コンビニこそ少し離れているので、メシ調達はポイントからだと不便。

近くに海鮮市場の「なぶら市場」があるため、もしもの保険は完備。

 

Googleマップの衛星写真を見れば、砂浜への降り口と車を停めるところに目星はつくはず。

「最近はどんな状況なんだい?」という細かな状況を知りたければ、『フィッシングショップ浜岡』と『釣り道場』を訪れるのがいいかもしれません。

御前崎エリアでおすすめのルアー

「ぶっ飛び君」「ハウル」「スピンビーム」があれば、攻めるレンジなどで特に困ることもないでしょう。

遠州灘サーフ関連
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生