疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ

疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ

サーフルアーやショアジギングは、強靭なタックルが推奨されており、それはライトタックルの倍以上は重いです。それを毎回全力で振っているアングラーを見かけます。

……それってすごい疲れませんか?

なぜロッドに反発力があるのでしょう。正しいキャスティングとは、重いルアーでも軽い力で投げることができます。その中でも、先の例に向いているのが、紹介するペンデュラムキャスト

身につけると、どんな重いルアーでも、疲れず手返しよく投げ続けられるようになります。

スポンサーリンク

ペンデュラムキャストをマスターして何時間でも投げれるようになろう!

まずは間違ったやり方から(え?)

これはただのオーバーヘッドキャストです。

最も多くのアングラーが使うキャストスタイルですが、動画のように重いルアーで振りかぶると、タックルに負荷がかかりやすく、下手するとロッドが折れたり、ラインがぷつんと高切れします。それが頻発する人は”加減がヘタクソ”なんです。

動画と全く同じキャストができるロッドは、張りが非常に強いモデルが最低条件で、どうしても高価になりやすい……。張りが強くなるほど硬くなるため、軽いルアーだとバックスイング(テイクバック)でロッドを曲げにくくなるから、「ルアーをパワーでぶん投げたいタイプ」におすすめします。

対してサーフルアー向けのロッドは柔らめが多い。それをパワーで振り回そうとすると、ロッドの弾力が力を吸収してしまうため、飛距離は逆に落ちてしまいます。柔らかいロッドほど”しなり”を有効活用する必要があるため、キャスティングの基礎がないと上手く投げれません。

  • 硬いロッドはアングラーのパワーが飛距離に結びつきやすい
  • 柔らかいロッドはアングラーのテクニックが飛距離に結びつきやすい

ところがサーフルアーのタックルは、ロッドが柔らかめでルアーが重いことが多い。ぶん投げようとしても弾力が吸収してしまうため、ルアーの重量をロッドに乗せて、反発力をうまく利用するキャスト方法がベストです。

そこでベストのキャスト方法が「ペンデュラムキャスト」です!

キャスティングは100%の力でする必要はない

キャスティングで起こるライントラブルの多くは、スプールから出るラインの放出が”多すぎる”か”少なすぎる”かで起こります。多すぎるとバックラッシュの原因になるし、少なすぎると高切れを起こす可能性があります。

これを防ぐ方法は非常に簡単で、投げる力を抑えればいいだけキャスティングは100%の力でする必要はありません!。これはあらゆるキャスティングテクニックに通じることです。

ペンデュラムキャストはその中でも、重いルアーを少ない力で投げるのに特化しています。最小の力で投げれることは、体の軸のブレが少ないことでもあるので、足場が悪い時やウェーディング中など、下半身を動かせない状況でも効果的なテクニックです。

力を必要としないペンデュラムキャストのフォーム

力をほとんど必要とせず、何回投げても疲れない理想の「ペンデュラムキャスト」のフォームは、こちらの動画を参考にしてください。私もこんな感じです。

簡単に手順を説明すると、振り子の要領でルアーを前後に動かし、反動でロッドに重みを乗せて曲げたら、その反発を利用してポーンとルアーを押し出すだけ。──細かいやり方は後ほど。

ペンデュラムキャストに向いているタックルバランスは、ルアーをぶらぶらさせてロッドがふにゃふにゃ曲がるくらいの調子が理想。なのでロッドが対応する最大重量付近の重さがベストです。逆に最小重量だと、ルアーの重さだけでロッドを曲げにくくなるため、投げづらくなります。

  • 正しいペンデュラムキャストは力をほとんど利用しない!
  • ベストなタックルバランスは、ロッドのルアー対応重量の最大値付近

サーフなど重いルアーを使うポイントは、キャストの投法に個性があって面白い。重い物を投げるには、”チカラが必要”と思い込んでしまうためでしょうね。

静止状態から振り抜くタイプは「投げ釣り出身かな?」と思うし、ビュンビュン風切り音が強いのは「いつもは○○ングかな?」と、軽いリグに慣れていると想像できます。タラシを短くオーバーヘッドなのは「バス(シーバス)やろなぁ」など……、慣れた釣りのクセは残ります。

ペンデュラムキャストは、慣れると「肘をクイッ」だけでも投げれます。だから全然疲れないし、最小限で十分な飛距離を出せます!

次項からはそのコツについて。

スポンサーリンク

手返し良いペンデュラムキャストのコツ

私が普段やっている「手返しの良いペンデュラムキャストのコツ」を説明します。慣れればルアーを回収してから、5秒もかからずキャストできます

  1. 投げやすいタラシをとる(決める)
  2. ロッドを軽く持ち上げてルアーを前に振り出す
  3. 振り子の作用でルアーを後ろに移動させる
  4. ロッドに十分重さが乗ったら左手を引いて右手を前に押し出す!

順に拙い画像をまじえて説明していきます。

1.投げやすいタラシをとる(決める)

【ペンデュラムキャストの説明画(1)】ルアー回収の際に自分が取りたいタラシの長さの位置(ティップから地面までという意)でロッドを構えつつ足元まで巻く
まずは自分にベストなタラシの長さを見つけましょう。

自分のベストなタラシ位置を決めていると、ルアー回収の際に合わせればいいので、次にキャストするまでの動作をスムーズにすることができます。

私のベスト位置は、ロッドを地面と平行に構えている状態で、ルアーが地面から少し離れる程度。身長が180cm近くあるため、私の場合はこれで1.5m前後のタラシを取れます。それを決めていると、回収と同時にキャスト動作に移れるから短縮に繋がります。

ベストなタラシ位置は、身長などで個人差があるし、ロッドの長さも関係します。まずは「これ!」を見つけるまで試行錯誤してみましょう

2.ロッドを軽く持ち上げてルアーを前に振り出す

ルアーを回収した時点で(1)の動作は完了しています。次はベールを起こしラインを指にかけ、キャスティング動作に移ります。

【ペンデュラムキャストの説明画(2)】キャスティングで振りかぶる前の動作で、ルアーを前に振り出す。
難しく感じるかもしれませんが、”後ろに振りかぶる前の動作”なだけです。

この動作は後ろに振りかぶる前準備ですね。私は(2)の動作をする時に、ベールを起こしてからロッドエンドを左手に持ち替えます。この時に右手を伸ばしていると、これらの動作もスムーズに進行できます。

「ロッドはどのくらい上げればいいの?」といわれれば、ロッドが地面と平行の位置から45度まで上げる感じ。

3.ルアーを振り子の作用で後ろへ移動させる

私は(2)の時に後方確認を確認しています。安全確認は大事!

【ペンデュラムキャストの説明画(3)】後ろに振りかぶることでルヤーを振り子のように移動させ、ロッドに重量を乗せて反発を生み出す。
(2)で前に降り出したルアーを、手前に引っ張る表現が合っているかも。

前に振り出したルアーを、ロッドを振りかぶる”ついでに引っ張る”感じ。振り子移動するルアーの動きが速いほど、ロッドに重量が乗りやすいため、反発力を調整することができます。慣れると手元の荷重だけで”おいしい反発力”を判断できますけど、慣れるまでは目視でやりましょう。

振りかぶる前の動作は、右肘は90度、ロッドは1時の方向までで、固定してください。この位置はキャスティングの基礎フォームでもあります。

ここで手首や肘の力が抜けてしまうと、振りかぶる動作でロッドがねじれる原因になりやすく、飛距離が落ちやすくなるし、アキュラシーも失ってしまいます。一連の動作はゆっくりでも大丈夫ですよ?

4.ロッドに十分重さが乗ったら左手を引いて右手を前に押し出す!

(後ろにいったルアーの動きが止まったなー。ロッドに重さが乗ったなー。……ヨシ!)

のタイミングでキャストします。キャスティングのコツは、左手を引いて右手を前へ押し出すこと!

キャスト時にロッドが「びゅん」と鳴る人は、”右手だけで”投げているタイプです。なぜそうなるかは、スイングスピードを速くしないとロッドが曲がってくれないから。──そうじゃなくて、スマートなキャストのコツは「テコの原理」です。右肘を固定して左手をグイッと手前に引くことで、右手を支点に左手が作用するため、テコの原理を最大限活用できます。

キャスティングの基本動作は、とてもシンプルにすると”右手と左手の前後運動”だけになります。その基礎を確実に学ぶには、ミラクルジムの「キャスティングマスター」がとても参考になるのでおすすめ!

感覚でいう私なりのペンデュラムキャストのコツ

ロッドの動く位置を時計で表すと、「9時→11時→1時→10時」って感じ。

感覚天才風に例えると、「スッとあげてスーッと後ろにやって……こう!」みたいな。

慣れれば1→2で2秒、3で溜めて5で投げる──の計5秒くらいで投げれます。でもルアーが視認できる日中くらいですね。夜間は目標にするルアーが見えないので、ちょっともたつきます。

  1. タラシ分までルアーを巻取り、ロッドティップを目線より上に持ち上げ、振り子運動を促す
  2. 後ろに進みだしたルアーを横目に、ロッドも後ろに倒す(自身の少し後ろまで)
  3. ロッドに重みが乗ったら、左腕を引き、右手を前に押し出す!

一連の動作をまとめるとこんな感じ。

スポンサーリンク

【まとめ】最小限の動作で疲れないペンデュラムキャストをマスターしよう

紹介したペンデュラムキャストは、同カテゴリでも一部の方法。その特徴は、ルアーの重さを利用して強い反発を生み出すテクニックにあります。ペンデュラムの言葉には「振り子」の意味もあるため、物理法則を十分活かした効率のいい方法でもあります。

でも弱点として、飛距離の加減がし辛いところがあります。

重いルアーをぶん投げることが得意だけど、それを近距離に「チョイッ」と投げるのは、けっこう難しい……。20m以内の手前を攻めるなら、下から放り投げるほうが早いまであります。

キャスティングに重要なのは腕の可動部

右手は振り下ろすよりも、肘を伸ばすほうが正面へとコントロールしやすい。

正確に狙った所へ投げれない人は、振り下ろす過程で腕が左右どちらかにブレてしまい、ロッドがねじれることが多い。すると放出地点のトップガイドがブレてしまうから、予想外の方向に飛んでしまうわけです。

リールシートを握る右手はテコの原理の支点なので、右腕自体に力は入れなくてもいいんです。ロッドを振りぬくスピードを決めるのは、どんな投法でも左手が鍵

左を制する者はキャスティングも制するでしょう

キャスティングを楽に簡単にするコツは、ロッドの反発力をいかに有効利用するかに掛かっています。だってそれを超えると折れちゃうでしょ?

道具の性能をフルで活かすのはアングラーの努め。基礎をしっかり叩き込んでこそ、タックルの性能をフル活用することができます。

(※2019年8月20日に加筆修正しました)

タイトルとURLをコピーしました