疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ

サーフルアーやショアジギングは、ゴツいタックルを使うことが推奨されているのに、毎回全力投球しているアングラーをたまに見かけます。

……それってすごい疲れない? 重いルアーでも軽い力で投げることができるのが”キャスティング”です。この場合特に向いているのはペンデュラムキャスト

疲れず手返しよく投げ続けられる方法を教えます。

スポンサーリンク

ライントラブルはなぜ起こるのか?

ライントラブルはある程度、タックルの性能も影響します。

特にエサからルアーに転向して、フロロorナイロンからPEを使いはじめた人は、「投げるとよくライン絡まない?」と感じたことがあると思う。それは私も当たった壁です。

その原因は、「PEラインはガイド抜けが悪いラインであること」を理解していないからです。

キャスティングは100%の力でする必要はない

PEラインはフロロやナイロンと比べて、巻きぐせがつきません。なのでスプールからの”抜け”が悪く、飛ぶルアーのスピードが速くなるほど放出が間に合わず、バックラッシュまたは高切れを起こしやすい。

じゃあどうすればいいかは、ある程度セーブすればいいだけ。

キャスティングは100%の力でする必要はない!これが最重要。これはあらゆるキャスティングに通じること。

その中でも特に”重いルアー”を投げるのに使える「ペンデュラムキャスト」が今回の主題。「最小限の力で投げる=体の軸のブレが少ない」にもなるので、足場が悪い時やウェーディング中など下半身を動かせない場合には効果的なキャストテクです。

ペンデュラムキャストをマスターして何時間でも投げれるようになろう!

まずは間違ったやり方から(え?)

これはただのオーバーヘッドキャスト

これだとルアーが重くなるほど、ロッドとラインに負荷がかかるので、高切れしたり折れたりすることが多くなります。オーバーヘッドは曲がりにくい(硬い)ロッドで飛距離を出すための方法です。

動画と同じことができるロッド限られており、張りが非常に強いモデルで高価になりやすい。例を挙げるとレクシータモンスタージェッティAR-C TYPE VRなど。

張りが強いほどバックスイング(テイクバック)でロッドを曲げる必要があるので、パワーでぶん投げたい人向けの方法がコレ。

対してサーフルアー向けのロッドは柔らめが多い。なので同じやり方をすると、弾力が全て吸収してしまうから飛距離は逆に落ちます。だから柔らかいロッドほど、性能をフルに活かして、軽い力で遠くへ投げる技術が求められるわけ。

そこでペンデュラムキャストが光ります!

力を必要としないペンデュラムキャストのフォーム

これが最も疲れないペンデュラムキャスト。私もこんな感じ。

穂先を支点に振り子の要領でルアーを「前後」に動かし、ロッドに重みを乗せてから、反発で前にポーンと押し出すだけ。細かいやり方は後ほど。

この投法はルアーをぶらぶらさせて、その重量でロッドが曲がるくらいの調子が合います。

例えば「MAX100g」のロッドで10gをペンデュラムで投げようとすると、ロッドがほぼ曲がらず反発を使えません。逆に投げづらくなってしまいます。

ペンデュラムキャストに向いているルアーの重さ

ペンデュラムキャストは対応重量を超えても投げやすいですが、安定した飛距離を出すならせいぜい+10gが限界。なにごともほどほどが一番。

サーフに来ると投法に個性があって面白い。重いルアーを使うから、どうしても”チカラ”で投げようとしてしまう心理が働いているんだなと。

静止状態からルアーを投げるのは「普段は投げ釣りかな?」とか、ビュンビュン音するのは「いつもはライトタックルかな?」とか、タラシを短くしてるのは「普段はバス(シーバス)かな?」など……。よくやる釣りのクセは、案外残るものです。

ペンデュラムキャストは慣れると、肘をクイッと曲げるだけで投げることができます。だから全然疲れません。だから最小限の力で十分な飛距離を出せる!

次はそのコツについて。

手返し良いペンデュラムキャストのコツ

慣れればルアーを回収してから5秒もかかりません

1.まず投げやすいタラシをとる

1.ルアー回収の際に自分が取りたいタラシの長さの位置(ティップから地面までという意)でロッドを構えつつ足元まで巻く

私の場合でいうと、10.6ftのロッドならその半分(1.5m)くらいタラシを取ります。これはルアーを地面につけた状態で、胸の位置くらいにティップが来るくらい。そんな感じで”投げやすいタラシの目安”を決めておくと、捗りますよ?

投げやすいタラシは個人差に使うロッドの長さもあるので、「これ!」が見つかるまで、試行錯誤してみましょう。

2.ロッドを軽く持ち上げてルアーを前に振り出す

回収した時点で(1)の動作が終わっているので、ベールを起こしてラインを指で抑え、キャスティング動作に移ります。

2.ティップを上に「スッ」と持ち上げ、ルアーを前に振り出す

ロッドを振りかぶる前、持ち上げる際の反動で自然とこうなるはず。「どのくらい上げればいいの?」といわれれば、ロッドが地面と平行の位置から、45度まで上げる感じですかね。

3.ルアーを振り子の作用で後ろへ移動させる

私は(2)の時に後方確認を確認しています。安全確認は大事!

3.進んだルアーをちょいと引っ張る感じで振り子を促しつつ、ロッドも一緒に後ろに倒す(常にラインは張っていること!)

この時、ルアーの動きが早ければ早いほどロッドに重さが乗るので、軽い力で遠くへ飛ばせます。後方確認のついでに、ルアーが視界に入るまで待つと動きがわかりやすい。

振りかぶる前の動作は、右肘は90度、ロッドは1時の方向まで固定してください。

ここで手首や肘の力が抜けると、ロッドにかかるテンションも失われるし、ねじれる原因になるので、投げにくくなるしアキュラシーも失われます。

4.ロッドに十分重さが乗ったら左手を引いて右手を前に押し出す!

ロッドが柔らかいほど、一連の動作はゆっくりで大丈夫

4.後ろにいったルアーの動きが止まったなー、重さが乗ったなーってくらいで──左手を引いて右手を前へ押し出す

キャスト時に「右手を前へ押し出す」のを形容すると、グリップエンドを持つ左手は、それを自分のみぞおちに当てるように、右手は前方に居る嫌いなヤツを殴る感じで。

キャスティングの基本動作は「右手と左手の前後運動」だけなんです。この”動作の基礎”は、ミラクルジムの「キャスティングマスター」を見たほうがわかりやすいかと。

感覚でいうペンデュラムキャストのコツ

ロッドの動く位置を時計で表すと、「9時→11時→1時→10時」って感じ。

感覚天才風に例えると、「スッとあげてスーッと後ろにやって……こう!」みたいな。

慣れれば1→2で2秒、3で溜めて5で投げる──の計5秒くらい。ルアーが視認できる日中くらいしか、このスピードでは出来ないですけどね。

夜間はタラシの位置を確認(これも(1)の原理で見ずに決めれますが)する必要があるので。

【まとめ】最小限の動作で疲れないペンデュラムキャストをマスターしよう

コツをまとめるとこんな感じ。

  1. タラシ分までルアーを巻取り、ロッドティップを目線より上に持ち上げ、振り子運動を促す
  2. 後ろに進みだしたルアーを横目に、ロッドも後ろに倒す(自身の少し後ろまで)
  3. ロッドに重みが乗ったら、左腕を引き、右手を前に押し出す!

ルアーが思った所に飛ばず、アキュラシー(精度)がイマイチなら、それは腕かロッドが捻れている証拠。

例えばロッドの角度。振り子した時にルアーが横に流れている、投げる時に腕や体がねじれている、などなど──。

アキュラシーの崩れはたいていアングラー側が原因。柔らかいロッドほど体幹のねじれが影響しやすいですね。

ペンデュラムキャストの弱点として、飛距離の加減がし辛いところがあります。

最大飛距離を出すのは簡単ですが、近距離の精度を求めるとなると、オーバーヘッドか下から放り投げるほうが楽です。

キャスティングに重要なのは腕の可動部

右手は振り下ろすよりも肘を伸ばすほうが正面へとコントロールしやすい。正確に狙った所へ投げれない人は、振り下ろす過程で腕が左右どちらかにブレてしまい、ロッドがねじれることが多い。

よって放出地点のトップガイドがブレるため、明後日の方向へ飛んでしまう。

リールシートを握る右手はテコの原理の支点なので、右腕自体に力は入れなくてもいいんです。ロッドを振りぬくスピードを決めるのは、どんな投法でも左手が鍵です。

左を制する者はキャスティングも制するでしょう。たぶん。

キャストの際に風切り音がデカイのはスイングが速すぎる証拠

ルアーメンはよく「ビュン!ビュン!」と、ロッドを振る音が聞こえてきます。これ……”鳴るほど上手い”と勘違いしている人もいそうですけど、下手くその証拠なんですよね。チカラだけで投げている証拠です。

ロッドの性能(反発力)をフルに使っている人ほど、風切音は小さくなります

全力投球するほど、ルアーのスピードにラインの放出が噛み合わない場合が多く、ド派手な音の末、ライントラブルをかましてルアーだけ飛んで行くほうが多いです。

なので何事もほどほどに……。

振りぬく力ですが、これはロッドが長い(9ft以上)ほうが弱い力で済みます。長いほうが遠投性能もあるし、何より少ない力で投げれるんですよ。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生