スムーズなジグ交換におすすめ!「オーシャンスナップ」はプライヤーレスのスプリットリング

メタルジグの接続はスプリットリングが使われます。これは本体の重量と、かかる魚の荷重を考えると、素材が細いスナップだと強度が不安なため。

スレ防止に交換も頻繁になるため、金属疲労で折れることも……。

しかしスプリットリングは弱点として、プライヤー(リングオープナー)が必要になります。その悩みは「オーシャンスナップ」で解決できますよ!

スポンサーリンク

メタルジグの交換におすすめの「オーシャンスナップ」とは?

ラインシステムとルアーの接続には、スナップがリングを使うことが多い。

「オーシャンスナップ」は”リング”にしか見えませんが、スナップの感覚で使うことができます。──何をいってるんだコイツ? みたいな目で見ないでください。

取り付け方はこんな感じ。

http://www.studio-oceanmark.com/products/OS.html

ルアーのアイが細いほうがやりやすい。ルアーとスナップ本体が大きくなると、相乗して力が必要になっていきます。

でもリングオープナーがいらないぶん、こちらの手間が減るので便利なことに変わりはないですね。

取り外しで爪をやられないよう注意しましょう

スプリットリングを爪で開けている人も多いらしい……。

爪は皮膚の一部ですし、濡れたり湿気を持つと柔らかくなるので、リングをこじ開けると割れる可能性もありますので注意しましょう。

http://www.studio-oceanmark.com/products/OS.html

取り外す時は、交換するルアーのスナップでこじ開けるのがスマートです。

オーシャンスナップはショアジギングにおすすめ!

オーシャンスナップのラインを結ぶスペース……アシストフックを繋ぐのにいいかなぁと思っていたのですが、紐だけだとこじ開ける際に引っかかりやすく、ちょいと扱いづらい。

ルアーが大きくなるほどアイが太くなるので、小型のスナップにはハマりづらくなります。

ショアジギングなら「OS3」のサイズがおすすめ。船上ジギングなどで10kgクラス相手なら「OS6」前後を選びましょう。

わりと軸が太いので、ラインを結ぶ部分はパロマーでもフリーでも、ノット切れの恐れが少ないのも良いポイント。

スイベル仕様はフォール主体のジギングで糸よれ対策に

オーシャンスナップにはスイベル仕様もあります。

http://www.studio-oceanmark.com/products/OS.html

ラインを結ぶ箇所がリングになるので、使うリーダーが8号以上の大型魚対策で、編み込みノットをする際に向いてます。軸が太いほうがラインも千切れにくいため、負荷対策にもなります。

リングをあけるプライヤーは要らなくなりますが、魚にかかったフックを外したりするには使うので、どのみち有っても無くてもいいのでは……?

それを落とした時に便利じゃん!

インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました