耐久力もありプライヤーなしですぐハメれる「オーシャンスナップ」

 

強度は十分、プライヤーもいらず、使いやすさはそこそこ。特に大きめのルアーに合います。

”オーシャンスナップ”は、交換のしやすさと軸の太さによるラインの破断も防げて、なかなかいいスナップ。

 

スポンサーリンク

ルアーの接続意外にも使い所はありそう

 

スタジオオーシャンマーク 「オーシャンスナップ」入荷! : SHINJYUKU SANSUI BLOG

オーシャンスナップをはじめて見た時、アシストフックを繋ぐのにいいかなぁと思っていたのですが……

紐部分がこじ開けるための段差に引っかかりやすく、メタルジグではちょいと扱いづらかった。

 

アイが浅いルアーは、プライヤー無しで交換しづらいけれど、それ以外では無難に交換が出来る。

軸が太いので、パロマーでもフリーでもノット切れの恐れが少ないのも良い。ワイドなスナップと思えば、耐久力はあるし意外と使える物だなという感じ。

 

難点として、軸が太いからアイが小さい小型のルアーでは扱えませんね。

10kg以上からの魚を対象としているようなのでそれも当然かな。

 

 

ショアの釣りよりも、中深海でメタルジグを使うジギングに向いていると思う。

スプリットリングを使うよりも、交換の時間をわずかながら短縮できるので、手返しが必要な時に重宝する。

ショアジギングでも十分使えるけど、”泳ぎで食わせるタイプ”のルアーを使う際には注意。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生