連休の遠州灘サーフで釣る!中部編(袋井~湖西)

静岡県の中部には、最も人口の多い浜松市があります。

連休になると大勢の観光客が来るため、渋滞や水辺レジャーの混雑など、釣りをしにくい状況が重なりやすい地域です。

「でも今日しか休めない。俺は釣りがしたいんだ!」

……なんて場合でも、中部地区で釣りをするのに有用な情報をまとめてみました。

連休の遠州灘サーフで釣る!中部編(袋井~湖西)

遠州灘サーフの中部地区を紹介する前に、ひとつ注意点があります。

場所によっては防潮堤工事をしているため、立ち入り禁止の浜もあります。これは静岡県の太平洋沿岸部に共通すること。

袋井~湖西市まで
袋井~湖西市まで

浜松市の工事は完了しました。磐田と袋井は計画進行中です。

詳しくは行政のお知らせを確認してください。

【袋井~磐田エリア】遠浅メインで中級者まで幅広く楽しめる

袋井-磐田エリアは基本的に遠浅のサーフです。

袋井エリアで特徴的なのは小河川が多いこと。

プランクトンが豊富な条件が重なるため、年中通してなんらかのベイトはいるエリア。釣果情報でよく名前があがる地点が多いですね。

釣り場は袋井のほうが幅広く、磐田は限定的な感じ。駐車場と入口の多さは袋井が上かも。

連休中の釣りに関しては、サーフィンが活発な地域だから、夏を外せばどこかしら空いてます。フラットのハイシーズンは競争率高め。

袋井・磐田エリアのポイント
  • ランガンなら袋井、粘るなら磐田
  • 袋井のほうが浅く、磐田は部分的に深いところがある
  • 夏のレジャーシーズンは外したほうが吉

【浜松エリア】サーファーが多いし道も混みやすく困難

浜松エリアはGWに浜松まつりがあります。開催時期は天竜川西岸は立ち入り禁止になることも。

一応観光都市なので、連休中は交通量が多く、渋滞に悩まされます。

サーフでやるなら、浜名湖に近い場所が空いているほう。足で探れる範囲も広く、防潮堤の上から全体を見渡せるため、良い地形を見つけるテクニックが役立ちます。

天竜川の河口は実績もあるし激戦区。難点は駐車場ですかね。砂利か砂上に停めることになるから、車高が低いとハマることも。

連休でも特に夏は避けたほうが無難。サーファーの多さもはんぱないですからね。春と秋はほどよく混んでいる程度。

浜松市の沿岸はすべて防潮堤が整備されています。入口は各所にあるので、行政HPで確認してください。

静岡県/海岸利用する方へのお知らせ
浜松市沿岸域防潮堤整備事業に伴う海岸への出入り制限をお知らせしています。
浜松エリアのポイント
  • 連休=交通集中
  • 釣りをするなら浜名湖に近いほうがおすすめ
  • 防潮堤を歩けるので、ベイトボールや地形の探索がしやすい。自転車で移動するのもアリ。

【湖西エリア】サーファーが多めだけど穴場が多い

湖西エリアは波乗りポイントで有名です。東海地方全域から訪れるため、夏期は大勢のサーファーで溢れかえります。

──とはいえ、活発なのも限定されているので、そこを回避すればわりと空いていることも。

特にサーファーが集まりやすい地点は、下の画像を参考にしてください。

湖西エリアはサーファーが特に集まる地点を除けば無難にやれる
湖西エリアはサーファーが特に集まる地点を除けば無難にやれる

「穴場」はあるけど、駐車場が有料だとか、遠いなどの難点はあります。

駐車場のキャパは新居の海釣り公園に、大倉戸の入口が多いほう。潮見坂PA周辺はそれなり。

連休中に釣りをするなら、愛知県に近いほうに行くのが無難かも。

湖西エリアのポイント
  • 夏は特にサーファーが多い
  • 秋はアングラーが多め
  • 空いている場所が好きなら愛知県境を目指しましょう
  • 穴場は新居~大倉戸の中間点。理由は人が行きにくいから

遠州灘サーフ中部エリア(湖西~袋井)のまとめ

中部エリアの特徴は、夏にサーファーが多すぎってことですかね。

夜明けはアングラーのほうが多いけど、日が昇るにつれてサーファーが多くなります。時間帯で自然と切り替わる様も面白い。

持っていくのにおすすめのルアーなら、FミノーにHSミノーがメインで、ワームとジグをフォローの王道スタイルが無難なところ。水深3m前後が多いからFミノーがはまりやすい。

場所にとっては満潮が不利になります。干潮時のブレイクラインが沖50m以上離れることもあるため、ぶんなげてようやく魚がいるところに届く……ってポイントもあります。

遠州灘サーフ中部エリア以外のことも知りたいなら、こちらの記事も参考にしてください。

error:Content is protected !!