連休の遠州灘サーフで釣る!中部編(袋井~湖西)

遠州灘サーフの中部地区は、静岡県で最も人口の多い浜松市があります。大型連休中は他の地区よりも道が混みやすく、レジャー客とアングラーが入り乱れて、釣りがしづらい地域なのが難点。

「でも今日しか休めない。俺は釣りがしたいんだ!」

という場合に有用な情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

連休の遠州灘サーフで釣る!中部編(袋井~湖西)

紹介するのは「袋井市・磐田市・浜松市・湖西市」の遠州灘サーフエリア。

袋井~湖西市まで
袋井~湖西市まで

遠州灘サーフの中部地区は注意点があります。防潮堤工事が盛んであるため、進捗状況次第で侵入不可な地点があります。それを調べるには、下記にある行政HPを参考に、最新情報を取得してください

ちなみに週末(祝日)は開放される場所もあります。俺らにも配慮してくれているぞ!

サーフ自体は遠浅メインで、年中どこかしらでフラットが釣れる地域です。青物の回遊はシーズン待ちになりますが、浜名湖の入り口である「今切口」周辺に、天竜川などの河口が狙いどころ。

サーフィンの好ポイントが多いため、温かい時期はサーファーとのトラブルに注意されたし。

【袋井~磐田エリア】ザ・遠浅が続く中級者まで幅広く楽しめる

袋井-磐田エリアは基本的に遠浅。”はじめてのサーフルアー”みたいな指南本にある「攻め方(メソッド)」が通用しやすく、地形変化を学ぶに最適です。

このエリアで特に有名なのが「鮫島海岸」。釣具店の釣果情報もここからが多く、ハイシーズンの競争率はお察し状態。天竜川からのベイトが流れつきやすく、フラットの実績は全エリアでもトップクラスですね。使うなら「BWハウル」のようなジグヘッド+ワームがオススメ。

大型駐車場があるポイントが少なく、ハイシーズンは取り合いになることも。福田港(太田川河口)近辺が最も多く、次点で竜洋(駒場)といったところ。車上荒らしも多いため、セキュリティ対策は万全に。路上駐車にならないよう注意しましょう。

サーファーは福田港の東に多いですが、サーフへの入り口が多く分散しやすいため、遠州灘サーフ全域でも少ないほうですね。

【浜松エリア】サーファーが多く道も混みやすいが…

浜松エリアは防潮堤の完成までは、部分的に入場制限があります。GW中は「浜松まつり」が開催されるため、浜松サーフで釣りやサーフィンはほぼ無理です。なので連休中に訪れるのは、あまりオススメしません。

でも(釣りをするだけなら)、若干空いてる狙い目なポイントもあるんです!

天竜川の西側や馬込川の両岸は、沖に消波ブロックがあったりするため競争率は低め。ただし駐車場は少ないので、場所によってはめちゃ歩くことになります。この辺はサーフィンがやりにくいから、浜に訪れる人も全域の中でも少なめですね。

浜松エリアは基本的に遠浅で、オーソドックスなメソッドが通用します。

手前が浅すぎる地点もあるため、飛距離の出るメタルジグがオススメ。手前のワンドはミノー系でレンジを変えつつじっくり攻めましょう。盛期にフラットがドカッと接岸し、ドカッと釣られていくのが定例。他アングラーの情報にも注視しましょう。

シャローにも対応できる「スピンビーム」みたいに、泳ぎが上手なメタルジグが万能です。

【湖西エリア】サーファーが多めだけど穴場が多い

湖西エリアは波乗りポイントで有名。東海全域から訪れるため、夏期は大勢のサーファーで溢れかえります。それはアングラーが入る隙間がないほどに……。

とはいえ、全く出来ないわけでもありません。

人間はなるべく「不便」を排除したい心理があります。サーファーはボードを載せるため、大きめの車で訪れることが多く、十分な駐車場があることがまず第一条件。そこからボードを持って海に行きたいから、車から近いことが第二条件。これらが合致するサーフィンポイントは、以下の画像を参考にしてください。

湖西エリアはサーファーが特に集まる地点を除けば無難にやれる
湖西エリアはサーファーが特に集まる地点を除けば無難にやれる

夏は「白須賀ー潮見坂」辺りを避けた方が無難。ここで釣りをしたいのなら、早朝波乗りラッシュが落ち着く9時以降がオススメ。浜名湖に近いほうは夜サーフでシーバス狙いもアリ。

潮見坂のPA辺りまではちゃんと駐車場があります。そこから豊橋エリアに入ろうとすると、未舗装ゾーンに突入するし、道も狭めなので注意しましょう。そういう道を苦にしない車なら、特に自由度は高いエリアです。

夏期は小型青物の回遊が多め。鳥山を探しやすいので、機動力を武器に戦いましょう。

スポンサーリンク

遠州灘サーフ中部エリアのまとめ

遠州灘サーフの中部エリアは、浜松市があるため、飲食宿泊に困らないのがポイント。交通アクセスもいいため遠征先に最適です。

釣りに関しては、サーフルアーよりも投げ釣りが盛んな傾向もあります。フラットは4月前後と10月前後の定番期に爆釣のチャンスがあります。それ以外は釣れればいいな程度。ここのサーフルアーは夏期が盛期ですね。小型ながら青物は大抵釣れるし、マゴチは多めなのでランガンしましょう。

遠浅メインですから、サーフルアーの基礎を学ぶにはいいエリアです。予習は「ヒラメ攻略Bible」などのムック本で学びましょう!

タイトルとURLをコピーしました