遠浅サーフにハマる「スピンブリーズ130S」

「X AR-Cという浮力のある樹脂プラグを作る技術があるんだから、ウェイト乗せてシンキング作ってほちい」

そう願っていたのが届いたのか、遠浅ヒラメルアーに使えるスピンブリーズがモデルチェンジ。

ただ……何故サイズを大きくしたんだい?

スポンサーリンク

新スピンブリーズは以前より大きくなったな(親心)

前モデルのスピンブリーズは、遠浅サーフに合うルアーで、任意でレンジを選べるから気に入っていた。

モデルチェンジした『スピンブリーズ130S』は、前と同じくノンリップのシンキングミノー。

 

サイズは120mmから130mmにアップ。

ウェイトは24gから30gにアップ。

カタログ上での平均飛距離は70.8m。

おまけに値段もアップ。

このタイプは競合が多いのが難点

スピンブリーズの人気がないのは、スピンドリフトのせいだったりする。

熱砂 スピンドリフト 90HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

ヒラメ相手にルアーサイズは大した問題じゃなく、遠くに投げれて、底を取れる重さがあり、目立てばそれで完結する。

”目立つ”のが重要で、派手なアクションはスピンドリフトのほうが得意なんです。

 

130mmサイズはシーバス向けでもよく使われるので競合も多い。

スピンブリーズはねっとり動くタイプなので、ヒラメの狙いやすさは完全にお株を奪われていた感があった。

スピンブリーズの利点はシャローを引けるところ!

スピンブリーズのいい所はシャローを引けるところ

ヒラメルアーは「とりあえず底に着けばいい」的な物が多く、遠浅サーフに多い2m以内のシャロー帯をじっくり引ける選択が少ない。

 

もうひとつはレンジを選べる点。

リップレスのシンキングは、一般的なシンキングミノーより、中層付近のストップゴーで派手に動いてくれる。

ベイトが上層にいるサッパやコノシロパターンの時は向いていますね。

10cm以下でこういうのを作ってくれると思っていたのに、まさかのサイズアップは予想外だった。

要望が多ければダウンサイズが作られるわけですねわかります。

ルアー
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生