Amazon2017上半期ランキングからオススメの釣り具をチョイス

Amazonがランキング大賞2017上半期を発表しました。

上位の顔ぶれはそれほど変わらず、「レビューが持続的な人気を呼んでいるのではないか?」と受け取れます。

口コミはECサイトにおいて最強、ってわかるんだね。

スポンサーリンク

Amazon上半期ランキング「釣り」から選んだ5品

釣り具も年間ランキングと大差ないんですけど、抜粋して紹介。

釣具屋で探すよりポチれば早い「高速リサイクラー2.0」

糸巻き器のロングセラーである「高速リサイクラー2.0」

ラインの巻き直しが確実に短縮できるアイテムで、1回ずつラインを巻き直したい人にはマスト。

そんな酔狂いるのだろうか……。

固定具のおかげでテーブルとかベンチとか、はては車のハンドルとか防波堤の鉄柵などに固定できるため、家だけじゃなく外でもできるのがメリットですかね。

手作業に慣れると、「コレイラナイ」になります(台無し)

当たりハズレが多い多機能プライヤーはレビューを注視!

プライヤーひとつで「ライン切り」「魚ハサミ」「スプリットリングオープナー」などを兼ねる兼用タイプは数多い。

けど万能ではなく、ツールをなるべく持ちたくない収納マニア向けになります。

『十徳ナイフ』的なプライヤーは、値段よりレビューを見て買うのが得策。

ライン切りがガバすぎて機能しないとか、かみ合わせが悪くリングの開閉がまともにできないなど、ツールとしてダメな品もあるため。

安いと金属自体の耐久がもろいので、力を必要とする作業には向いていません。

サングラスなど眼鏡の水ポチャ防止に「グラスストラップ」

偏光グラスで堤防から水中を覗こうとしたらそれが沈んでいった。

帽子についていたサングラスがいつのまにか消えていた。

なーんてこと(経験談)を予防するのが、眼鏡につける『グラスストラップ』です。

慣れないと紐がクッソ邪魔に感じますけど、慣れても邪魔(それな)。

高いサングラスを使用しているなら、不意の水ポチャでサヨナラを防ぐため、使用することをオススメします。

レンズがガラスだと簡単に割れるので、普段のメガネに使うのもアリ。

キッチリ分別して収納したい人向けのルアーケース「リバーシブル#100」

リバーシブルタイプのルアーケースは1個ずつ仕切りがあり、尚且つ両面に収納できるので、種類が必要なシーバス狙いも死角がありません。

エギやミノーなど、1個が比較的大きく互いに絡みやすいルアーを収納するのに向いています

難点は14cm台など大きいルアーが入らないところ。そのためビッグベイトな冬の時期はお留守番することが多いです。

エギだと丁度いいんですけどねぇ。

待ちの投げ釣りのお供に「あぐらイス」

釣座をドンと構えたい投げ釣りでは、その場で快適に釣りを続ける環境構築が必要です。

地べたに座ってたむろスタイル(1人)でもいいですが、尻が痛くなるし、なにより紳士的じゃありません。

PROXのあぐらイスは、なんといってもアウトドアで使う折りたたみ椅子として、屈指の安さと安定を誇るところ。おまけに大きく座るに余裕がある。

耐荷重が75kgなので、ちょっとふとましい人ではペシャる確率が高い。

過去記事「2016年に一番釣れた釣り具とは?」

【2016年】Amazonでめちゃ売れした人気の釣具とは?
2016年のAmazonランキング大賞が発表されました。 釣具のみならず各カテゴリー別で見れるので、「どのような物がネットで注文されているのか?」をリサーチするにもいい材料です。 マーケティングに興味のある人は一通り眺めるといいかも。 ...

シマノのアリビオ(リール)は、上半期ランキングにも入っています。

糸付きでそこそこの耐久があるし、安さから「潰してもおk」の良コスパを感じられるし、売れるんでしょうね。

どっかの通販サイトは、ハイエンドな高いモデルが常に上位にいるんですが、あれは本当なんですかねぇ……。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました