「魚料理の幅を広げたい!」と思うなら読んでおきたい書籍

2016318tp12

魚料理は選択肢が多いようで、わりと少ない。自己流アレンジでケシズミにする前に、基本の「煮る」「焼く」「蒸す」はおさえておきたい。

読んでおくと魚料理のレパートリーが増える役立つ系」の書籍をちょろっと紹介。

1匹の魚をおいしく調理するために参考になる書籍

ある意味これ1冊で全てが完結するほど、魚を調理するうえでの基本が備わっている1冊。”おろす手順”というのは、活き締めをする上でも非常に役に立ちます。

三枚」「五枚」「大名」「背開き」「腹開き」──このくらい覚えておけば、魚の9割以上は捌けるようになります。

干物の作り方がけっこう参考になると思います。

数を釣る人には、保存も効いて下処理も比較的に楽な、干物をマスターすることをオススメします。

2日にわたってお届けした「スズキを食べようシリーズ」で、私のいいたかったことは全てここに集約されています。

いくら新鮮な魚だからといって、刺し身だけの選択肢じゃつまらなくないですか?「毎日同じ食事をしたくない」と思うくらいなら、「毎回違う調理法を試す」という試みも必要かと。

確かに”刺し身”でしか美味しくない魚もいます。でも”焼く”ことにより更に旨味を増す魚もいるし、煮ることで身が切れやすくなったり、調理法で食べやすい魚になる種類も存在します。

魚を皿に乗せる前に、考えて欲しいことがここに書かれています。

レパートリーを増やすための魚レシピ本

レシピ本の注意点として、主に市販の魚(下処理後)を対象にしています。なので先の本を読んでの応用編──といったところでしょうか。

魚を釣った後に、「今日はどのようにして調理してやろうか」などと考える楽しみも。

特に”焼く”調理が増えるけれど、味付けの過程はどの本も参考になるかと。魚料理はおおまかに分けると、「味付けするか」「味付けするか」の二択になり、それは肉料理にも通じます。

こういう本は、調理する過程での”臭み抜きの手法”が参考になります。

魚料理の隠し味に極めておきたい「塩麹」

「塩麹なんて、どうせプラシーボ効果みたいなものだろ」。そう思っていた時期もありました。

西洋料理では、料理に塩分が足りないと塩をそのまま追加する方法はあまりしません。

この場合、チーズなど発酵製品で塩分とコクを追加することにより、より旨味を増す手法をとっています。

魚料理は”塩”をそこそこ使うし、含まれているわけでして──。体の維持には多少なりとも塩分は必要ですが、過度な摂取は悪影響を及ぼすだけ。

健康志向で塩分の摂取を控えるのは、実はダイエットにもつながります。

塩麹は料理全般に使える優秀な調味料ですので、台所に常備しておくと捗る。下処理した魚を寝かせる時や、焼いたり煮たりする時など、塩の代わりに使うだけでいつもと違う味わいになります。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!