フィニッシュを決めきれない奴in湖西~豊橋サーフ

2016726tp081

右ハンドルにも慣れてきたけど、まだ思うようにいかないところもある。

「くっ……、左手が制御しきれない!」と、厨二病をこじらせている気分。

スポンサーリンク

言うことを聞かない腕と、不意に訪れる魚達

絨毯爆撃された後の週末明けで、大勝利した記憶もない。でも気楽にやるとなると平日はイイ。

攻略ヒロインに悩んでいる気分で、「西か東か…」を考えているうちに、たどり着いていたのは湖西だった。湖西には幼馴染キャラくらいの安定感がある気がする(釣れるとはいってない)。

人気ポイントは学園のアイドルみたいで、競争率が高い。ただ抑えてしまえばチョロインになる。

ベタ凪で流れもなにも無い中、離岸流ポイントを攻めてみるも反応なし。

30cmくらいのコノシロくんがポンポン跳ねている。今の時期にアイツを食べる奴なんて、シャークくらいじゃないかなー。追われているわけでもないので、今日も海の秩序は守られているようだ。

希望が無さすぎたので、潮流ドッキングポイントに移動。こちらは小魚がもじもじしている様子が見れる。

離れている距離も40mくらいと狙いやすい。

衛星みたいにボラとコノシロがいるから、まだコハダの大きさの奴かサッパかイナッコかな。

追われている風でもないけど、沸いているからには理由があるのだろうとルアーを通してみる。ちょんちょんシャクってるとすぐ散ってしまうので、その先に落として底を通すのに向いている「ムーチョ・ルチア45g」を使う。

まあスピンビームが一番向いているんですけど、それよりもこっちのほうが早巻きで暴れてくれるので。

ストップゴーでベイト下を通すと、着底前に「ゴッ」と来てあわせると比較的重い。

追いあわせしようとするも、まだ御しきれない左手が脳からの反応に遅れ、うまく力が伝えられない。波に乗って一時的にテンションが抜けた時に、一緒になって「フッ」と軽くなった。

8秒間くらいの感じからして、30cmくらいのヒラメかニベですかね。

マヅメタイムを華麗に逃したようでベイトくんも流れていき、ここも希望がなくなったので隣の浜へと移動。

田原手前まで観察しつつ移動してみるも、塊は見えず流れもなくどこも同じような状況。明らかにそれが絡む良いところには投げ釣りメンがいるし、こうなると潮目待ちやろなと。

それを狙いやすいところでちょい粘ってみたけど、ボラの舞を観察したくらいで終了。

サビキ投げてるほうが前向きなんだけど、釣具屋で買ったはずなのに家に着いたら無いことに気づいたので、用意できなかったのよね。

幹糸2号程度の細い物ならあるんだけど、柔らかい磯竿使っても20cmちょいのサバですら切られるから、それより硬いショアジギロッドで使うのは無謀すぎるなと。

一応マゴチさんが釣れたことのある区間でやっているけど、今年はまだ出会えてないなぁ。浜名湖で底狙いしているほうが出会える確率高いかも。

”どうしても釣りたい”と思うのなら、御前崎~掛川の区間が無難じゃないかな。向こうのほうがこっちより地形としての条件がいいのよね。

上げ止まりからの下げ始めを狙うには向こうがやっぱイイ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

フィニッシュを決めきれない奴in湖西~豊橋サーフ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク