なんか最近安売りしてね?──「モアザン8ブレイドPE」

ちょうど1号以下に落とすつもりだったので、「あったら買おう」としつつも3店舗で欲しい号数だけがなかった。

「現状維持でいいか……」となったけど、発売当初よりはお安くなっているんじゃない?

陸っぱりのコスパに優れるPEライン、『モアザン8ブレイドPE』の紹介です。

スポンサーリンク

ダイワのラインは比較的安く、特筆することもなく普通

PEラインを販売するメーカーで、「品質」と「廉価」で上位はどこだろう。

ユーザーの声をきくと、品質は『よつあみ(YGK)』、廉価(コスパ)は『ラパラ』の名が挙がりやすい。

釣具メーカー最大手の西と東の企業が扱うラインは、普通すぎるせいか話題に挙がらない。

 

……普通って、いいことだと思うんですよ。

コスパがいい8本撚りPEのモアザン8ブレイドPE

 

 

今回扱うのはDAIWAの『モアザン8ブレイドPE』

動画内でも言及していますが、使用頻度が高い「0.8~1.5号」が定価で2,800円以内と安め。

外洋仕様の『SALTIGAモデル』もプラス1,000円程度。

8本撚りながらコスパは良好ですね。

 

Si』はシリコンを指しており、ライン自体にコーティングを施しているため、耐摩耗性や糸鳴りの軽減に役立っています。

この手の物は多いですが、週1釣行だとしても1ヶ月はコーティングなしで問題ないくらい。

対力強度が売りの他社より、同じ号数でも若干落ちるのが気になるところ。

まあそこから、どこへ製造を依頼しているか、垣間見れるかと思います。

もっとライトに攻めるならエメラルダスがおすすめ

モアザン8ブレイドは、シーバス向けなのでラインは太めの設定。

1.5号以上はどこでも見るけれど、それ以下となると品薄、てか存在しないレベル。

2号以上を選ぶなら『SALTIGA』のほうが良さそう。200m巻も普通にあるし。

 

それより細いのを選ぶなら、エギング用である「エメラルダス」を選ぶのもいいかと。

こっちはライト向けなので、0.8号以下を選ぶ必要があれば迷わずコッチ。

ライン
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生