「何々が釣れた」というデータは記録してこそ価値がある

2016919tp111

沼津のサーフで”キハダ”が釣れたという沼グロのブログをツイートしたら、「みんなマグロが釣りたいんやなぁ」と思う程度にリツイートされました。

相模湾岸では”クロのメジ”も釣れているようで、それらを踏まえると「ショアからの射程圏までマグロが入ってきた」という事実が伺えます。

ここで”出来る人”は「なんでだろう?」と思うはずです。

情報は鮮度よりも精査を重んじる

私は釣具屋などの情報自体はあまり信用しておらず、”目安”としては尊重している。

「◯◯が釣れた!」は集客でキャッチーであるし、100人横並びで1人だけ釣れたとしても、それは”釣れた証明”にもなります。ありていにいえば、”釣れる人もいるけど釣れない人もいる曖昧さ”でも成立するのが、釣り情報かなと思っています。

釣具屋によって安売りセールよりも効くのが、釣り情報でしょうね。

情報を聞きつけ、釣具屋にかけこみ、混雑するポイントを見て愕然する──。

古今通じて、釣具屋が発信する情報の拡散力は凄まじいものがある。釣り場が減った現在ならば、密集率は過去の倍以上となるし、自分で確かめない人であれば情報の鮮度は極めて重要な”エンジョイするための術”といえます。「ふえぇ…人が多すぎて釣りにならないよぅ…」と嘆くのなら、釣れ出すタイミングに立ち会えばいいだけの話。

ようするに、「俺が最初に釣って情報を発信したる!」の考えに至るための方法が、過去の統計データを精査することです。

ある条件を色々満たした上で釣れる魚は存在する

魚は身体が大きくなればなるほど、食べる量とタイミングは決まってきます。これは人間の生活習慣みたいなものですね。

成長過程の小型のほうがエネルギー消費が多く、食べるタイミングは多くなりやすい。お魚さんは鳥頭ではなく、”スレ”の概念が存在する狡猾な相手ですので、大きくなるほど慎重になり、安全な場所で佇んでたまーに食事をしに出かけるヒッキーみたいになります。

この”たまーに”を蓄積して統計を出すと、”限りなく正解に近い条件”が浮かび上がるわけです。

とりわけ大きい”ランカー”をピンポイントで狙える人は、過去のデータと経験上からおおよその推測と残りは勘で、365日の中でも最高効率で”ある条件”を満たした時を目指して準備しています。魚はある程度生息する区域は固定されており、気象と水中の変化により移動していきます。ここを”読める人”は、漁師でも大成功を収めていますね。

ちなみに垂れ流しで教えると誰もが飯の種を失うハメになるので、プロほどこれに関しては口がいっそう堅くなります(トークショーとかでもヒントをくれる程度)。

例えばサンマ漁が解禁になった当日、去年豊漁だった場所を「もう一回」と漁をした人は不漁に終わり、条件からはじき出した居場所を突き止め漁をしたほうが網にかかる魚の量も多くなるかもしれない。

これが「情報を発信する側」と「情報を受け取る側」の差。どんな業界でもこれが勝負の分かれ目です。

なので大漁を、入れ食いを目指したいのであれば、その群れにはじめて出会うため、魚の習性を理解して偶然を必然に変える──という条件が整った時に行動を起こせるかが必要になる。特に岸からの釣りでは、条件がいっそうシビアになります。その理由は”探れる範囲”ですね。

青物だったら”流れ”に寄り添って移動しますが、岸壁近くに流れが来つつエサがいなければ岸には来ません。

浅場でクロダイを釣りたければ、”浅場に来る条件”を満たさないといけません。

ランカーシーバスを狙いたければ、届く距離にそれが確実に居ると知らないといけません。

今回の沼津でのマグロの話は、”キメジ”なら稀にソウダに混じる感じでショアでも特別珍しくはないんですよ。

彼らは常に上層を泳いでいるわけでもなく、下層から上へと登ってくる「何か」が条件として必要になります。沖合でトップゲームを成立させるために、ナブラか駆け上がりを狙うのはこのため。そうでなければ通るルートに魚探使ってジギングすればいいだけの話でしょ?

船は機動力で探る範囲をカバーできますが、岸からはそうも行きません。なのでよりいっそう、条件が厳しくなります。

駿河湾の岸タチウオだって、湾内のどこかには常にタチウオが居るわけですけど、岸からは”時期”で釣れだしますよね。また釣れだす場所もタイミングも、年によって変化します。

そこをどう知るか──てなると過去の「釣れだしたデータ」が重要になるわけです。

アングラーによって釣れるタイミングが最も研究されているのが「高知のアカメ」かもしれない

統計データが蓄積され、タックルも進化した今では”幻”が薄れてきたように感じるほど釣れているアカメ。

個体数こそ増えてはいるが、生息地も限定され全国から人が集まるので、心情は複雑だろうけど現地ガイドの「折角だから釣らせたい」話を聞くと……これがまた理を詰めすぎて「AIに学習させてロボットにやらせてもいいんじゃないの?」ってくらい細かい。いくつもの事象を乗り越えて今があるわけですけど、釣り人が特定の魚を釣り上げようとする気概は、画期的な何かを発明するのと同じように思える。

「釣れた!」って耳にしたら、その日の「時間」「気象」「」「潮流」「水温」「外気温」「濁り」「水量」「明暗」「ベイトの有無」──など。エクセルにでもこつこつ記録しておけば、来年もしかしたら役に立つかもしれないし、もっと効率的なスケジュールを組めるようになります。これらはネットを駆使すれば8割以上は補える情報ですね。

特に「去年の今頃は釣れたのに…」って考えは危険です。

去年に比べ台風は少ないし、水温は低いし、降水量も違う。毎年雨量も気温も日照時間も変化しない人工的な気象であれば、桜の開花予報なんて必要ないでしょう。「ここで咲かせる!」とコントロールすればいいわけですし。

情報が出回って混雑するポイントで立ち尽くすよりも、「次は誰も居ない時に出会ってやる!」と次回に向けて準備しておくほうが建設的な考えだと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!