「魚獲れない!日本死ね!!」って漁師がいう権利はあると思う

20161211tp191

「日本死ね!!」が流行語入りし、ガソリン会長が笑顔で会見したのも最近のこと。

それに便乗するわけでもないが、似たような内容の記事を書こうと思う。

はてなブックマークで珍しく、水産業界ニュースがホッテントリ入りした。

水産庁からもマークされる勝川俊雄氏のブログ記事、マグロの国際会議で日本がフルボッコにされたようですのはてブコメントを見ると、一般の目からも「おかしい」と映るのが日本の水産業界の惨状。

だが釣り人は水産業界に何をしているのだろうか。

漁師が「魚が獲れない!日本死ね!!」って叫ぶのはアリだが、釣り人がそれを口にする資格はないと、私自身も思っている。

海の釣り人と水産庁は、言い訳と必死さが、どことなくタブって見えてしまう。

「広い海からマグロが居なくなるわけないだろwww」

……そう思っているだろうと思うのが、ザルな資源保護を提唱している水産庁と、釣れるだけ釣るタイプの釣り人

何かと物言わぬ自然のせいにしたがる両者。だが自然を破壊するのも人間である。

綺麗事だけ並べる業界には、心底うんざりしているし、こういう話題を広めない釣り人にもうんざりする。

マグロの漁獲制限については数回記事にしているけれど、調べる過程で日本のアホさにますます磨きがかかっていると気づいてしまう。

絶滅危惧入りしたウナギとマグロがそうなったのは、そもそも獲りすぎと消費しすぎが原因──で、増やそうという努力が「だって養殖してるし、放流しているやん?」で納得してしまっているところ。

それをしている河川でさえ、ギリギリの状況で種が存続していることは、知られていない。

70~90年代は、世界中であらゆる漁獲量が飛躍的に伸びた。──が、それ以降急速に減少していく。

その原因が水産資源の減少であることに気づいた世界は、『漁獲可能量(TAC)』を制定し、水産資源の保護に乗り出して、結果を出している。

その先端で成功例となったのがノルウェーの漁業。その過去も今の日本と変わらない状況だった。

ノルウェーの漁業から学ぶ日本の漁業改革

まずはこちらにちょっと目を通して頂きたい。

ノルウェーの漁業に関して、大体の人がこの記事と似たような意見を持っているかもしれない。

数字だけを見て実態を知らない、まあ──”魚を知らない”とでもいおうか。

このブログ記事を読んで、元水産庁なのにこんな記事が書けるのかと頭が痛くなった。小難しいことをいっているようで、実際の結果からは逃げ、持論で乗り切ろうとしているのが滑稽に見えた。

ノルウェー政府が行った資源管理に、当の漁師達はもちろん反対した。

「収入が減る!」「船を降りて死ねというのか!」と、ありきたりな意見があがったのだが……

資源を増やすための漁業に結果が出てくると、「やってよかった」という意見が9割以上のものぼった。これは反対意見が全て賛成に変わった数字といえる。ツンデレかよ。

とにかく、ノルウェーは資源管理と価値ある漁業の成功事例として世界的に有名になった。

今や日本に輸入されるノルウェー産のサバが異様にデカく見えるのも、漁業の在り方を変えた結果である。若い魚より成長した魚に脂が乗っているのは当たり前。

1匹の価値を飛躍的に上げて成功できるのが、資源管理による”儲かる漁業”である。

実際にやっていることは特に難しいことでもなく、リンゴやミカンがどうやって収穫されているのか思い浮かべてくれれば、自然と答えは出てくる。

20161211tp192

ノルウェーの漁業及び漁業管理について(pdf資料)

どっかで見たことのあるグラフがありますねぇ。

左のグラフで漁船と漁業者は減っていることはわかりますが、右のグラフでは漁獲量と漁獲高が比較的安定している。漁業者が減っても漁獲高は水準を保っていることは、つまり──1人あたりの漁獲量は上昇していることになる。

それが何をもたらしているかといえば収入増、だから「やってよかった」という意見に繋がるわけです。

ノルウェーのやっていることは、リンゴやミカンの木から成った果実だけを取る手法。

日本のやっていることは、成る果実だけじゃ足りないから木ごと引っこ抜いて売る手法みたいなもの。

落ちる果実だけ頂戴する我慢さえあれば、自然は応えてくれる。

[高成田享の取材後記]似て非なるノルウェーと日本の漁業|朝日新聞GLOBE

ノルウェーと日本の違いについては、こちらが正しいし、詳しいかと。

先の漁業従事者が減少した割に漁獲量と単価が上昇したグラフの背景には、1匹が小魚の倍ある要因が大きく、成魚だけを獲るようにする取り組みが発達している手法ならでは。

印象的だったのは、シニョール号が小さな未成熟魚を避けていたことだ。「親の敵と魚は、見たら逃すな」という日本の漁船とはずいぶん違う。漁船ごとに漁獲量を割り当てる資源管理(IQ方式)の効果を見せつけられた思いだ。

ノルウェーはTAC制度IQ・ITQ方式で漁獲をコントロールしている。

TAC制度は対象魚種の年間総水揚げ量の裁量のことで、IQは個別割当、ITQは譲渡性個別割当という方式。

いちご狩りツアーで例えれば、ツアーの客が入るビニールハウスがTAC制度のこと。グループごとに「ここで取っていいですよ」と狩っていい範囲と容器を決められるのがIQ・ITQ方式みたいなもの。

それをいっても守らない連中はいるわけだが、管理しないよりはマシ。なにしろ違反をすれば厳罰できる権利があるから。

日本は国としての資源管理はガバガバだけど、地域で取り組んでいる資源管理の成功例は存在する。

それを真似ればいいだけなのに、国は水揚げ量の重量だけで”すべてを知る者”と思い込んでいる。

日本国内の水産資源管理で成功している漁業、そして未来

伊勢・三河湾におけるイカナゴの資源管理|愛知県

持続可能な漁業の取り組み(桜えび漁)|JFS

愛知のイカナゴ漁と、静岡の桜えび漁は、地域自ら資源管理に取り組んで成功しているモデルケース

歴史的にもノルウェーより先進で、これらも「そんなん儲かるわけないやろ…」からはじまった取り組みだった。それが今では伝統と呼ばれるようになったし、プール制は世界でも珍しい漁業のカタチの一例とされている。

視察に来る人達は、「なんでこれで続けられんの?」とアメージングになるが、互助が極まったこの漁を続けられたのは、”同士の絆”が大きな要因であるといえる。

これらの”いきさつ”は、高度経済成長期に起きた水質汚染から──。日本の漁業は政治との戦いからはじまっている。

自らの生活を守るため、水質汚染の解析から資源を回復する手法まで、漁業従事者が民間機関と協力し、率先してデータ取りをして改善を行った資源管理と漁業ルールの制定から続く歴史がある。

ようするに、水産庁及び政府は資源管理を提唱してはいるが、特に何もしていないわけです。

資源管理型漁業の推進について|富山県農林水産部水産漁港課

一般社団法人 海の幸を未来に残す会

事件は会議室じゃなく現場で起きているわけで、政府は水揚げの数字だけで判断し、実態を知らないので「データはヤバイといってない」と思い込んでいる。

水揚げ量の重さだけを見て、その質を知らないわけです。

20161211tp193

日本の漁業管理の現状と課題|勝川俊雄@三重大学

この絵が一番わかりやすいと思う。

6年マグロを獲るのを我慢すれば、予想される漁獲金額は100倍に上昇する。現状はまだまだ育つ当歳魚の奪い合いをしており、わざわざ単価が安い魚を獲っているから、量をとにかく揚げなければ採算が合わない──そう思い込んでいるし、思わされている。

だが1匹1匹はとても小さい。それは商品として並ぶ魚達を見ればわかると思う。

水揚げ量では総重量が基本だから、数字だけ見ると「……別に減ってなくね?」と感じるだろう。

そう捉えているのが、自分達で水揚げから加工まで行う大手水産業と政府達──それと釣り人。

数年待てば価値は上昇するのに、目先の利益で資本を潰しては元も子もない。

70年代から貯金を食いつぶして豪遊し、金が無くなったら騒ぎ出しているダメな大人がトップに居座るのが、水産業である。

釣り人から学ぶ資源管理のザルさ

リリースサイズやポイントなどのマナーで揉めつつも、自ら首を絞めていることに気づかない釣り人達は平和そのものだ。

「釣りは遊びであり、制限なんてもってのほか!」と思い込んでいる人が多い。だが釣りは”遊漁”であって、漁業法の一部になる。IQ方式で対象魚が含まれた場合、個別に割り当てられる漁獲量は地域の漁協毎になり、そこに従事することになるであろう釣り人ごとに分散する。

そうなることで、海釣りのライセンス制度導入が考えられる。だが、無法地帯と化している海釣りに導入するのは至難だろう。

漁港1つ釣り禁止にするだけで大騒ぎするのに、釣りに制限をかけると「税金払ってるんだぞ! 偉いんだぞ!」と駄々をこねる様子が容易に想像できる。

TAC制度とは何かについて先も例を出したが、国内での制定を補足すると──現在国内で制定されているザルなTAC制度はわずか7魚種のみ

サンマ・スケトウダラ・マアジ・マイワシ・サバ・スルメイカ・ズワイガニ

ここに絶滅危惧入りしたウナギとマグロは存在しない。

まあワシントン条約も「輸入輸出は禁止するが、自国内流通は規制しない」ガバっぷりがある。

日本が定めるTACでの漁獲可能量は「獲れるもんなら獲ってみろ!」の量なので、有って無いような制度である。それ故に他国からフルボッコされたわけ。

ズワイガニはともかくとして、他の魚種は釣りでも対象魚となる魚達。そして日本国内での水揚げ量には、釣りの遊漁は含まれていない

なにしろ数えるのが面倒難しく不透明すぎるから。

年間でシーバス1トンを水揚げするプロは置いといて、仮に釣り人口が1000万人で1人あたりなんらかの魚を年間10kg水揚げしているとすれば、釣り人が消費している魚は10万トンに昇る。

マグロの制限ではIQ方式で釣り船1隻につき何kgまでとなるだろうから、漁獲制限に釣り人が関係ないわけもない。

遊漁船がその方式に含まれることも、現在検討されているし、個人のプレジャーボートも対象内になる。

漁師だけではなく、釣り人も数年我慢すれば、ベテランの口癖である「昔は入れ食いだったのになー」が再び戻る。

獲りすぎない、釣りすぎないを実行するだけで、豊穣の海は数年後に戻ってきてくれる。

そうなるためにも、個人から地域へ浸透していく取り組みをしなければならない。

ゴミを拾えば魚が戻ってくると思っているし、放流すれば翌年たくさん釣れると思っている。

リリースサイズを厳守すれば大きい魚が増えると思っているし、漁港では度々漁業関係者に迷惑をかけている。

マナーや生命観を綺羅びやかに語りはするが、マグロの規制がほぼ決まったと同時にマグロ釣りがフィーチャーされる。

特定外来生物法に反している生物が放たれるのを悪とするが、その知識も曖昧なのが釣り人である。

関西の海底から太刀魚テンヤが大量に発見されたのを受け、「根掛かりなら仕方ない」で済ませるのも”らしい”

……まあすべてが悪とはいわないが、自ら破滅へ進む釣りに携わる人々を見ていると、フルボッコにされる日本の水産トップとなんら変わらないなぁと。

「そんな必死こいて魚を求めて楽しい?」と、最近は思っている。

遊びっていうか、もはや漁だよね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!