メジャーが要らなくなる?レーザーで魚の採寸を測れる日も近い

ぼちぼちアナログなメジャーが要らない時代になってきた。

スマフォのカメラで撮影し、比較対象物との差で魚の採寸を測る方式も多くなったけど、精度が悪いので公式に使いにくい問題もある。

その誤差を限りなくゼロに近づけるにはどうしたらいいのだろう。

 

既に建築業界で使われている『レーザー距離計』が代替品になれるでしょう。

すでに密林で気軽に買えるほど、一般向けも多く販売されており、「レーザー巻き尺」に「レーザーポインターで採寸を測る」などがあります。

スポンサーリンク

iPhoneに付けたレーザーポインターで物の採寸を測るアプリ

iPhoneで撮った写真で家具の寸法を測れるレーザーポインター・アクセサリ

 

レーザー距離計は、光の到達点との距離を測るための測定器。

「iPin」はレーザーを照射した状態で、測りたい対象物をカメラに撮れば、その写真上で長さを測定できる機能がある。

空間として広さが決まっている部屋に対して、大きさが決まっている家具をはめ込む考えには、ベストマッチすると思う。

 

これスゲーと思ったのは、インテリアコーディネーターが世界中の家で、在宅でも仕事できる発想が生まれるところ。

家電量販店でも、客の室内空間を把握できれば、物を勧めやすくなるし、「サイズ合わなかった!」というクレームも減ると思いませんか?

釣りに使うとすればこんなシチュエーション

レーザーを使えば、1mを越す魚も写真に撮るついでに長さを測れるようになる。

お魚さんを抱えた「ブツ持ち写真」でも、長さを証明できるメリットがある。

 

かねがね思っていたことですが、魚を釣ってまずメジャーに当てるでしょ? 次にブツ持ちで写真を撮るじゃない。

魚を地上に置く時間が生存率うんぬんいうなら、その時間を短縮したり簡略しようと考えないのだろうかって。

レーザー測定の精度があがり、スマフォで気軽に利用できるようなれば、その問題も解決するでしょう?

釣果偽装などの不正防止にも役立つかもしれない。

スポンサーリンク

レーザー巻き尺でピピッと一瞬で長さを測ろう

 

3つの測りかたができるスマート巻尺『Bagel』発表。測定データはスマホに転送、ボイスメモも搭載 - Engadget Japanese
  カリフォルニアのスタートアップBagel Labsが、3つの"ものさし"をひとつにした「Bagel」を発表、Kickstarterにて製品化のためのクラウドファンディングを開始しました。 Bagelの特徴は、コンベックスメジャーのような外観のケースに紐状の巻尺、ホイールメジャー、レーザー距離計を詰め込んだところ....

 

「Bagel」のすごいところは、離れた距離と接触する距離を測れる複数の機能を持つところ。

湾曲した面にピッタリ巻き尺を神経質に貼り付けることもなく、コップの円周計算に「π」を使う必要もない。

力学で設計する方にはピッタリの品かもしれない。

 

誤差はわずか2ミリ!コンパクトなレーザー距離計「dTAPE」がスゴイ | ガジェット通信 GetNews
誤差はわずか2ミリ!コンパクトなレーザー距離計「dTAPE」がスゴイ

 

レーザー距離計は既に存在するけれど、コンパクトな物はあまりなかったりする。

「dTAPE」のようなスマートフォンサイズの測定器が増えれば、街中で物を測定する楽しみも増えるかもしれない。

釣りに使うとすればこんなシチュエーション

魚に沿ってBagelを動かせば長さを測れるし、尻尾を地面に当てて頭側からレーザー測定すれば簡単に測れることになる。

主にハンドメイドでロッドやルアーを作る方に、こういうデバイスは必要かと思う。

dTAPEはルアーの飛距離やポイントの地形図を作るのに使えそうかな。

インプレ便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生