手に収まるレジャーシート「タフケットmini」を使いサーフでも紳士であれ!

20161216tp111

サーフ(砂浜)の釣りは座ることが面倒だったりする。

ウェーダーならいいけれど、短パンとかだと直に座ると砂が絡むし、小型の椅子は埋もれるし、クーラーはベキッといったりする。

わざわざ冬の時期でサーフに座り、ガクガク震えつつ談笑するルアーメンもいないだろう……。

カップルでベンチに座る時、ハンカチをさりげなく敷いてあげると好感度メーターが上昇するらしい(紳士的な知識)

それはそれとして、いついかなる時も紳士的であるために、小型のレジャーシートはあっても損はない。

手に収まるサイズまで収納できるレジャーシート「タフケットmini」が、その希望を叶えてくれる。

スポンサーリンク

釣りや登山などアウトドアで活躍できる「タフケットmini」

ん? 今どこでも座れるっていったよね?

タフケットminiは素材も丈夫で、岩の上に敷いても大丈夫

磯釣りなどでゴツゴツしたところで、尻のツボを刺激するのも悪くはないが、ノーマルの身としてある程度の緩衝材は欲しいところ。

時合をひたすらボーッと突っ立って待つよりも、座りつつキャッキャッウフフとLINEで会話するのも悪くない。

タフケットminiは手に収まるサイズなので、カラビナとかで結びつけておくといい。

リュックやベストのどこかに付けておけば、いざって時に忘れることもないでしょう。

「わりと大きいのを小さく収納するのは面倒じゃない?」

小さくたたむのをサポートしてくれる”折り目ガイド”があるので、二度と戻らない的なことはないでしょう。

撥水処理こそしてあるが、持続的な効果はイマイチなので、定期的に撥水スプレーでもかけてあげたい。

水たまりにしいて「この上を歩いてご覧?」はOKだけど、「一緒に座ろうか」は染み込んできてぶん殴られると思う。

海の釣りでは小さいマットレスを持っていってるけど、これがあれば要らなくなるし、スペースも空くなぁ。来年の夜釣りシーズン向けに買っておこう。

砂浜で寝っ転がる分にはいい物と思う。天体観測にもいいっすねぇ~。

ベイトがわっしょいするまで、2人で寝転びながら空を眺めるのもいいんじゃないかな。

サーフスタンドもあれば、休みながらスマートな釣りができますよ。

まあ、これを持っていくことが面倒なんだけど……。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

手に収まるレジャーシート「タフケットmini」を使いサーフでも紳士であれ!
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク