「タイジグ」はマダイジギング専用?それよりもサーフで活躍しそうじゃない?

2017311tp191

http://www.tacklehouse.co.jp/prototypefile/?p=6994

「マダイジギング専用設計?」……いやいや、選択肢がそれだけはもったいないだろう。

ひと目で「おもしろそう!」と直感したタックルハウス「タイジグ」は、水深がある場所でこそ活躍できそうなメタルジグ。

ぶん投げて底を取り、ただ巻きするだけで色んな魚が釣れてきそうな予感がする。

オフショアはもちろんのこと、港内やサーフでも無難に使えるかと。

スポンサーリンク

スロージギング用のジグより、もっとスローに

「タイジグ」は、独特の形状が生み出す蛇行水平フォールで、ゆっくり落ちていく甲殻類を演出。

その動きはタイが大好き。

なのでルアーで狙うタイの主流として、バイブレーションのような「平べったくてブルブル震えるようなルアー」での実績は高く、進化も続けてきた。

「なら沖でもバイブ投げればいいのでは?」と思うのは自然なこと。

それは”引く”ことで抵抗が加わり震えるルアーなので、船上の基本となる「縦の釣り」において重要な、キビキビとした縦のアクションには対応しきれない

求めるのは「ゆっくり落ちて、素早くしゃくれる」──そんなワガママ設計。

スロージギング用のメタルジグは、そのワガママを許容した形状となっている。

全体を平たく、そして大きくすることで抵抗を増やし、遅いフォールを生み出す。キビキビとした動きは、流線型で水の抵抗を受けにくいようにしている。

これならば「グイッ」とロッドで持ち上げれるし、止めると「ヒラッ」と舞って魚を誘惑してくれる。

……という経緯でジギング用のメタルジグは、効率化の果てで”似たような形状”に落ち着いている。

それはどの対象魚でも同じことで、形状の革新が訪れることはないかと思っていた。

けれど、「タイジグ」は”違う”ジギングを経験できると思う。

キャスティングで縦を攻める「タイジグ」のミラクルフォール

細かいスペックについては、公式のほうを参考にしてください。

TACKLEHOUSE:タイジグ

「マダイを釣るルアー」といえば「タイラバ」だけど、船上ジギングやサーフでも普通に釣れる。

それだけの為に作られたルアーが、限定的な活躍しかできないことは決してない。

もともと魚の餌を模した”疑似餌”であるし、シーバス用ルアーはブラックバスから派生されたもの。

メタルジグの形状は樹脂などより自由性が高いけれど、魚から脱していないきらいもあった。

「タイジグ」を正面から見ると、他とは一線をひいたメタルジグと感じ、新たな可能性を考えさせてくれる。

2017311tp192

http://www.tacklehouse.co.jp/product/tj.html

船っぽい形?

──なるほど、釣果を運んできてくれるってわけだな!

背中は真っ平らで、腹側は船の竜骨を想起させるよう。それは、ありそうでなかった形。

この形状、メタルジグとしての固定観念を取り払ったように感じた。

「投げてよし」「巻いてよし」「落としてよし」──ルアーとして当然なことに、他の製品とはひと味違う要素が、違う次元の釣果をもたらしてくれるかもしれない。

まあ、マダイが釣れれば他はなんでも釣れるでしょう。そもそもルアーで対象魚を絞るのは難しい。

80~120gは現在発売中。40・60gは3月発売予定。

60g以下は遠浅サーフでも気軽に扱えるサイズ。

それを越えるとなれば、静岡県内なら駿河湾沿岸の水深20m以上あるポイントで使ってみたい。

サバやソウダガツオが回遊するシーズンにはカッチリ要求に答えてくれるはず。

エビのように動かすアクションで攻めてみたい

止めても巻いても”水平を維持する”メリットを活かして、逃げるエビのように動かすこともできる。

鋭いジャークでエビが逃げる姿を、そこからの遅いフォールで足をパタパタさせて降りる姿を演出。柔らかすぎるワームではこれをできないし、ジャークが重いバイブレーションもできない。

その動きはミノープラグが得意だけど、浮力のないメタルジグで実現できたのは凄いこと。

地形を狙っていくサーフにおいては、ピンポイントでフォールさせることで、魚の反応をひきだせる確率もあがるだろう。

適度にトゥイッチを入れるただ巻きも併用できることを考えれば、「ルアー1つでやりたいことを全てできる」ような、万能性を秘めている。

ただ巻きメインで使う場合は、「タイラバスカート」を併用するのもアリかな。

アイさえあればスプリットリングで後付可能なので、このカラーを変える選択肢も楽しみになるかもしれない。

フォール主体で使いたい場合は邪魔になるので外すこと(正直どっちでもいいけど)

アシストフックにワンポイントとして付けるラバースカートもあるし、種類も豊富なので、釣具屋でピンと来るのを探してみるのもいい。

フロントヘビーだから「飛距離重視の製品」よりかは飛ばない

なので80g前後を使えつつ、それをぶん投げれるタックルがあればベストじゃないかな。

サーフのフラット相手でも十分な結果を出す気がします。

80gにタイラバスカートつけて、ボトムをネチネチ攻めるのが、マゴチには特に効きそうかな。

重いほうがやりやすいしね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

「タイジグ」はマダイジギング専用?それよりもサーフで活躍しそうじゃない?
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク