船上マダイ専用設計の「タイジグ」はサーフなどの陸っぱりでも活躍できる

2017311tp191

http://www.tacklehouse.co.jp/prototypefile/?p=6994

「マダイジギング専用設計?」……いやいや、選択肢がそれだけってのは、もったいないだろう。

ひと目で「おもしろそう!」と直感したタックルハウス「タイジグ」

ぶん投げてよし、底までひらひらフォールでよし、ただ巻きでもスイングしてよし。──色々な魚が釣れそうな予感がする。

水深がある所でこそ活躍できそうですが、港内やサーフでも無難に使えるかと。

スロージギング用より、もっとスローに

「タイジグ」の形状は独特で、蛇行水平フォール……ようは枯れ葉が落ちる感じで、ゆっくり落ちていく甲殻類を演出。

この動きはタイが大好き

ルアーで狙うタイのおすすめアクションは、バイブレーションのような「平べったくてブルブル震えるようなルアー」での実績は高く主流でもあり、進化もしてきた。

船釣りのマダイは「タイラバ」が猛威を奮うけれども、メタルジグで釣れないことはない。

ただし、”本能に訴える誘い”を実現するにあたって、他より劣ってしまう。

なら沖でもバイブ投げればいいじゃない?」と思うのは自然なこと。

バイブレーションは”引く”ことで能力を発揮するルアー。陸っぱりでは常套手段だけど船釣りで使われない。

横に引いてナンボのルアーだから、水深のある「縦の釣り」では、非効率な物に成り下がってしまうせい。

なので縦の釣りでメタル系を使ってマダイをぽこじゃか釣りたい場合、求められるのは──

ゆっくり落ちて、素早くしゃくれる」、そんなワガママ設計なのです。

スロージギング設計のジグは、それを許容した形状になっている。

全体を平たく、そして大きくすることで抵抗を増やし、フォール時間を稼ぎ出す。流線型で水の抵抗を受けにくいようにすれば、シャクる時はキビキビした動きが実現できる。

これならば「グイッ」と持ち上げ、止めると「ヒラッ」と舞って、魚を誘惑してくれるわけです。

……ジギング用のメタルジグは”似たような形状”に落ち着いている。

それは効率化の成れの果てだからしゃーないことだし、それで釣れているわけだから、形状の革新が訪れることはないかと思っていた。

けれど「タイジグ」は、いままでと”違う”ジギングを経験できると思う。

キャスティングで縦を攻める「タイジグ」のミラクルフォール

細かいスペックについては、公式のほうを参考にしてください。

TACKLEHOUSE:タイジグ

メタルジグは樹脂より形状の自由性が高いけれど、魚から脱していないきらいもあった。

魚に模した物で革新というのは、何か違うのではと思う。

タイジグ」を正面から見ると、他とは一線飛び越えたスタイルを感じる。メタルジグの新たな可能性を見せてくれそうである。

2017311tp192

http://www.tacklehouse.co.jp/product/tj.html

船っぽい形?

──なるほど、釣果を運んできてくれるってわけだな!

背中は真っ平らで、腹側は船の竜骨を想起させるよう。これはありそうでなかった形。

投げてよし」「巻いてよし」「落としてよし」。それらはルアーとして当たり前だけど、他の製品とはひと味違う要素が、違う釣果をもたらしてくれるかもしれない。

まあマダイが釣れれば他はなんでも釣れるでしょう。そもそもルアーで対象魚を絞るのは難しいです。

タイジグのウェイトは40~120gと幅広く、陸と海上の境界線を設けるなら、60gってとこですかね。

60g以下はサーフだけでなく、プラグで届かない港湾シーバスも狙える重さ。

100g近くとも、急深な場所でサバやソウダガツオが回遊するシーズンは、カッチリ要求に答えてくれるはず。

エビのように動かすアクションで攻めてみたい

ベイトライクに使うタイジグなら、水平を維持するメリットを活かして、逃げるエビをイメージして動かしてみましょう。

簡単にいえば、ロッドをぽんぽん跳ねさせる感じ。でもフォールの時にラインを張るのではなく、送り込んで時間を稼ぐ感じですかね。

重量が増えるにつれフォールも速くなるので、加減はその都度考えましょう。

地形を狙っていくサーフなどでは、魚に届けるようフォールさせることで、反応をひきだせる確率があがるし、釣果も安定します。

ただ巻きでも使えるし、タイジグは「ルアー1つでやりたいことを全てできる」ような、万能性がありますね。

もうコイツだけでいいんじゃないかな……。

ただ巻きメインで使う場合は、「タイラバスカート」を併用するのもアリかな。

バラ売りされているし、どうにでも後付可能だから、選択も楽しみになるかもしれない。

フォール主体では邪魔になるので外したほうがいいです(正直どっちでもいいけど)。

サーフルアーメンが気になる飛距離と狙える魚

タイジグは”飛ぶメタルジグ”よりは飛びません。これは形状ゆえ仕方ないこと。

重量さえあればあまり関係ないですけど、ぶん投げるロッド選択としては、「タイジグのウェイト+20g」を許容するロッドならいいかと。40gを力で投げたいなら~60gのショアジギロッド、とかね。

跳ねるアクションを優先するならHモデルなど硬めがおすすめ。ただ巻きなら許容ウェイト通りでMモデルなら問題ないでしょう。

サーフでは60gにスカートつけて、ボトムをネチネチ攻めるのが面白そう。マゴチには特に効きそうかな。

ヒラメならただ巻きと上下運動を使い分ければいいでしょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!