天然ゴムの高騰は釣り道具の価格帯に影響を及ぼすのか

天然ゴムの高騰で、国内タイヤメーカー軒並み値上げに踏み切るようだ。

釣り道具にもゴムが使われているのは少なくない。こちらも多少なりと、影響を受ける可能性はある。

結論からいうと、”影響のある製品もあれば、ない製品もある”……って答えになる。

それは「明らかにゴム製品だろ?」って思うコンドームにも、2種類の素材があることにも通じている。

2017405tp191

「……えぇ?(困惑)」と思われるかもしれない。

素材を知ることで、”影響が出やすいであろう”製品は特定できる。

天然ゴム高騰の背景にあるのは自然災害

昨年は日本のみならず、世界で自然災害が多く発生した。

こちらにそういうニュースが届く時点で、世界に影響を及ぼす可能性を孕んでいる事件が多いといっても過言じゃあない。

国内の天然ゴム貯蔵は、今年2月をピークに下降線を辿っており、まさに今が臨界点。

産業が伸びに伸びている国が消費しつつ、供給元が水害で生産力も落ち、世界的なゴム不足となっている。

──煽りを食らうのは、最も消費が多いタイヤ業界であるし、6月までに主要メーカーが値上げをすると決定したが、他業種にも少なからず影響は出ると思われる。

ゴムと思われている物は「天然ゴム」か「シリコーンゴム」が使われている

先に例を出したコンドー先輩も、天然ゴムシリコーンゴムで素材がわかれている。

どちらが気持ちイイかは別として、破れたらパパになる未来が待つ、ある意味「人生を守るアイテム」として、強度は重要である。

その強度としては、天然ゴムが勝っているのだが──。

魚釣りでもゴム製品は多い。

しかしこちらは主に「シリコーンゴム」が使用されており、「天然ゴム」はごくわずかになる。

人々の生活を支えている”ゴムっぽい物”がどちらかといえば、シリコーンゴムだったりする。

例えば明らかにゴムっぽい「ワーム」は、プラスチックを素材とした合成樹脂が多い。

科学の力でそれに集魚剤やら、”魚が釣れやすい要素”を詰め込んだのがワームになる。もちろんシリコンも使われているが、天然ゴムを使用したワームは存在しないくらいだったりする。

なのでワームはゴム高騰の影響を受けることは考えにくい……が、少なからず影響を受けそうなのが存在する

タイラバで学ぶ天然ゴムとシリコンの特徴

ルアーで明らかにゴムを使用されているのは、「スピナーベイト」「タイラバ」など、ヒラヒラしたスカートを使用した製品になる。

これにもシリコン製が多いけれど、天然ゴムを使う最大のメリットは、弾力性と伸縮性、そして強度

つまり、ワームのように”食いちぎられる”ことがほぼないことが利点といえる。

スピナーベイトでよくある毛のようなモジャモジャしたラバーは、シリコン製ではよりフワフワと滑らかに舞うようになるが、魚にムシャムシャ食われるため劣化が激しく、長期の使用に向いていない。

一方天然ゴムでは、劣化はそれほど顕著ではないが、長期でも安定したクオリティを保ってくれる。

簡単にいってしまえば、「細かくビラビラした物は天然ゴムのほうがいい」ってわけになる。

ご存知のようにタイは歯が鋭──いわけでもないが、強靭な顎で堅い貝すら噛み砕く力を備えている。

弾力に富むゴムなら歯型がつく程度で収まるが、柔らかい素材では噛み切られ、1釣りごとにボロボロのスカートを交換するハメになる(意味深)

ちなみに天然ゴムとシリコーンの見分け方を追記しておくと。

主成分を見れば話は早いが、天然ゴムは素材同士がくっつきやすく、粉をまぶしてあることが多いので、これが見分ける目安になる。

更に長期使うメンテナンス法として、水洗いして乾燥後に、魔法の粉をまぶすことで、劣化もある程度防げるようになったりする。

釣り具で値上げされそうなゴム製品はタイラバとウキゴム

ようするに、ゴムっぽい釣り具で最終的にコストパフォーマンスを求めるなら、天然ゴムが向いているわけ。

天然ゴムは耐久を求める工業機器に用いられることが多く、摩耗が顕著な製品に使われている。例を挙げれば、「タイヤ・ホース・靴・駆動のベルト」などがある。

現在は”主に使用する企業”が苦しんでいるが、しばらくして、日本を支えている車業界が「ゴムの値上げでうちらの経済がヤバイ」とわめき出すのかもしれない。

車には多く使われているし、新車価格の値上げとして、お財布にダイレクトアタックしてくる可能性は捨てきれない。

ひとついえることは、「タイヤを新品に交換しておくなら、店頭在庫が残っている今のうちがお得だよ?」って話。

釣り具で天然ゴムが使われているのは、列挙するとキリがないけれど……

手近な物として、グローブや竿受けなどがある。一部のタイラバやスピナーベイトなどのラバー製品もあるし、地味に使われているのがウキゴムだったりする。

どちらかといえば石油原料を使っているのが多いので、それが高騰するよりかは、お財布へのダメージは軽微ではないかな。

……一方、釣り業界はというと

ちょくちょく”円安による為替変動の影響から”各メーカーが値上げに踏み切っている。

まあ釣り具で純国産品となれば、和竿を使ったヘラブナに関わる製品くらいしかないのが特徴。

資源がない日本では、それを輸入に頼るしかないため、為替の影響が出やすい産業といわざるをえない。

それはどの産業にもいえることだけど……。

悪癖ともいえるのは、「値上げして円高に振れたところで価格をもとに戻すとはいっていない」てとこですかね。

それだけ過去よりも現代の製造基準が高まり、余計にコストがかかっている実情ともとれます。

今後とも釣りを続けていくのであれば、値上げは産業を支える投資と思って、受け入れるのが吉かと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!