ソルトルアーメンでもバスフィッシングに触れたほうがいい

ソルトとフレッシュで、何が違うのでしょう?

本質は同じですが、それぞれに傾倒するなら、「こっちが上!」と答えるかもしれません。

主観としてはどっちもどっち。

 

それぞれ釣るためのアプローチやテクニックは、微妙に違いますし、雑誌の内容にも現れていますね。

今回は「俺のテクこそ至高」と、頭デッカチさんを諌めるような内容。

スポンサーリンク

「魚を釣る」か「魚を探す」か

バスフィッシングを含めるフレッシュウォーター(湖・河川)の釣りは、魚を釣ることが重視されています。

一方ソルトは、魚を探すことが重視されます。

それは場所の広さに違いがありすぎるため。

 

水質の違いは、それほど重要じゃありません。

どちらもそこに居るであろう魚を釣ることに変わりはないのだから。

 

貴方が住む場所から近いポイントは、フレッシュですか? ソルトですか?

自分が釣りをしやすい場所を基に、知識を詰め込んでいくのではないでしょうか。

なので「こちらを知れば向こうはイラナイ」と、省く人も多いと思います。

 

簡単にいうと、「ソルトとフレッシュでは価値観が違いすぎる」わけ。

私は渓流から海へ変遷したので、その違いがよくわかります。

どちらの知識も詰め込むほうがいい話

ルアーフィッシングにおいて、バスフィッシングは『先駆』です。

狭い場所でリリースを繰り返した結果、スレが進行しすぎて、ルアーで簡単に釣れるバスは少なくなりました。

スレに対抗するため、進化し続けるのが「リグ(ルアー)」であり、動かす「テクニック」です。

 

ソルトルアーのリグやテクニックは、既にフレッシュで確立された技術。

なので口悪くいえば「猿真似」です。

シーバスのルアーは、もともと「バスルアーでも釣れるんだけど?」から。

現在の専用ルアーは、海用かつ対象魚向けに刷新されたものです。

遺伝レベルで進行するスレと戦うバスフィッシング

 

 

スレは魚の学習能力によるもので、リリースを繰り返すことで警戒心が強くなっていきます。

対抗する簡単な方法は、「魚が見なれないタイプを使う」こと。

そのためフレッシュのルアーは、種類が多いです。

 

ソルトは年々魚が減っていることもあり、ピンポイントで探すことが重要。

なので「魚がいる場所(ポイント)を教えて♪」と聞かれることが多い。

逆にフレッシュだと、「あそこに居る魚を釣らせて♪」と請う流れが多い。

 

これらは雑誌の内容にも反映されており、その違いを春の味覚である「タケノコ」で例えると──

 

  • ソルトの雑誌は、タケノコがどこで生えて、どのように見つけるかが主に書かれている。
  • フレッシュの雑誌は、生えているタケノコを、どのようにして上手く掘り出すかを書かれている。

 

あるジャンルに傾倒すると、視野が狭くなりがち。

それはそれぞれが得意とする分野が違うためです。

ソルトメンでも読んでおいたほうがいいフレッシュのジャンル

ソルトのプロも「バス出身者」が多い。

魚を釣るためのテクニックを培うに、バスフィッシングの雑誌や動画は重宝します。

 

  • ロッドの動かし方でルアーはどう動くのか
  • ピンポイントで投げるキャスティングに何が必要か
  • スレた時の対処法とルアー選択

 

──など、バス雑誌はソルトよりも圧倒的に詳しく書かれています。

 

シーバスを狙う人は、バスと渓流は一度でも立ち読みしてほしいですね。

そもそも魚は種類や場所を問わず、何かに隠れて生息する習性があります。

 

シーバスもバスも、狙うべきポイントに大した違いはありません。

1匹を引き出すテクニックは、バスのほうが充実しています。

 

 

「Basser」は根強い人気を誇るバス雑誌。

ある1つのジャンルを追い続けると、どうしても壁に当たりやすい。

そんな時は全然関係ない世界を、息抜き程度に見ることで、「あっ」と気づく発見をすることがありますよ。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生