天然ゴムの高騰は釣り道具の価格帯に影響を及ぼすのか

天然ゴムの高騰で、国内タイヤが軒並み値上げに踏み切るらしい。

釣り具にも使われているのは少なくないし、影響を受ける可能性はある。

 

結論からいうと、影響がある製品もあれば、ない製品もある

 

 

「……えぇ?(困惑)」と思われるかもしれない。

素材を知ることで、影響が出るかも? な製品は特定できます。

スポンサーリンク

天然ゴム高騰の原因になった自然災害

だいたい天災が悪い。(転嫁)

 

タイヤの値上げ相次ぐ ゴム価格が高騰
タイヤの値上げが相次いでいる。中国などでの旺盛な需要を背景に主要原材料となる天然ゴムや合成ゴムの価格が高騰しているためだ。小売価格に転嫁されれば家計の圧迫要因に…

 

国内の天然ゴム貯蔵は、今年2月をピークに下降線で、今が臨界点。

産業が隆盛な国の消費は増え、供給元は水害やらの天災で生産が落ち、今は世界的なゴム不足です。

その煽りを食らうのは、最も消費が多いタイヤ業界。

 

主要メーカーが「6月までに値上げをする」と決定したが、他業種にも影響は出るでしょう。

ゴムと思われている物は「天然ゴム」か「シリコーンゴム」が使われている

コンドーム先輩は、天然ゴムシリコーンゴムと2種の素材があります。

どちらが気持ちイイかは別として、「人生を守るアイテム」として、強度は重要

それは天然ゴムが勝っています。

 

魚釣りでもゴム製品は多い。

こちらはシリコーンゴムが主流で、天然ゴムはごくわずか。

人々の生活を支えている『ゴムっぽい物』は、シリコーンのほうですね。

 

明らかにゴムっぽい「ワーム」は、プラスチックを素材とした合成樹脂

もちろんシリコン製もありますが、天然ゴムのワームは存在しないくらい。

 

そのため、明らかにゴムだろうワームは影響を受けることは考えにくい。

ですが、影響を受けそうなのが他に存在する

タイラバで学ぶ天然ゴムとシリコンの特徴

「スピナーベイト」「タイラバ」などは、ヒラヒラしたスカート部分にゴムを使用している。

これもシリコン製が多いですが、天然ゴムのメリットに「弾力性と伸縮性そして強度」がそれを上回ります。

つまり、食いちぎられることがほぼないことが利点。

 

スピナーベイトでみるモジャモジャしたラバーは、魚のバイトで食われるため劣化が激しく、長期の使用に向いていない。

天然ゴム製品なら、劣化がそれよりマシになり、長期でも安定したクオリティを保ってくれる。

つまり、「細かくビラビラした物は天然ゴムのほうがいい」ってわけ。

 

ちなみに天然ゴムとシリコーンの見分け方を追記しておくと。

主成分を見れば話は早いが、天然ゴムは素材同士がくっつきやすく、粉をまぶしてあることが多いので、これが見分ける目安になる。

更に長期使うメンテナンス法として、水洗いして乾燥後に、魔法の粉をまぶすことで、劣化もある程度防げるようになったりする。

釣り具で値上げされそうなゴム製品はタイラバとウキゴム

ゴムっぽい釣り具でコストパフォーマンスを求めるなら、天然ゴムが向いています。

 

天然ゴムが使われる例を挙げれば、「タイヤ・ホース・靴・駆動のベルト」など、長期の性能維持と耐久が求められる部位ぶ多い。

釣り具で使われているのは、グローブや竿受けなど。

タイラバやスピナーベイトなどもあるし、地味に使われているのがウキゴムだったりする。

 

実際は石油原料だったり合成樹脂が多い。

なので高騰の煽りを食らうのは少なく、お財布へのダメージは軽微ではないかな。

……一方、釣り業界はというと

ちょくちょく「円安で為替変動して相場がヤバイ」と、各メーカーが値上げしてますね。

 

釣り具の純国産品は、和竿くらいしかないです。

その他の製品は、輸入した資源で製造しているため、為替変動で天国と地獄を行き来するのが、国内製造業の宿命ですね。

 

悪癖なのは、「円高で儲かるようになったけど価格を戻すとはいっていない」ところ。

それだけ過去よりも現代の製造基準が高まり、余計にコストがかかっている実情ともとれます。

今後とも釣りを続けていくのであれば、値上げは産業を支える投資と思って、受け入れるのが吉かと思います。

釣りの雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生