魚捌き人口を増やす好循環!丸魚専門店の挑戦

魚食大国である日本は、魚を食べることは大好きなのに、それを捌ける人が少ない矛盾がある。

最近は鮮魚が売れない代わりに、加工済や調理済の『時短調理』が多く流通している。

忙しいジャパンとなった今、売れ行きも好調らしい。

 

そんな中、加工されていない魚だけを取り扱う鮮魚店の取り組みが面白い。

時代に逆行するやり方でも、「お得と鮮度」があれば売れるんだなと。

スポンサーリンク

店で魚を捌かないことがもたらすメリット

魚食にっぽん」にあった記事を見て、こういう魚屋が欲しいなと純粋に思った。

忙しい人向けにまとめると、「魚を捌くコストを省いた分を価格に還元したら、意外と顧客に喜ばれた」みたいな内容。

 

「丸魚しか売りません!」おかしらや旗の台店の挑戦

 

魚を捌ける釣り人は多いと思う。

花嫁修業と称して、料理の修行をした女性もそれなりにいると思う。

昔は自分でやらないと、「誰がやってくれるの?」だったから、魚を捌くスキルは「必要に迫られたから」が多いでしょう。

 

魚を捌けない人が多くなった理由は、捌く必要がないから

半身売りや温めるだけの商品が増えたので、鮮魚に触れる機会もずいぶん減りました。

教育の過程で学ぶにしろ、今は実行する機会が少ない。

単純に、やる必要がない人が増えたからでしょうね。

魚を捌くにも技量はいるし時間もかかる

スーパーの鮮魚コーナーでも、持ち込みで捌いてくれる店もあります。

家でやると臭いも残るし、生ゴミ処理も面倒。

なので委託するほうが賢いかもしれません。

 

しかしながら、「無料でやってくれ」と頼む人が多いのが実情です。

『お客様は神様理論』の人たちへの反論だろう一文が目を引いた。

 

ある鮮魚小売店の店主がつぶやいた。「床屋は髪を切ってお金をとるのに、なぜ魚屋は無料で魚を切らなければならないのか」

 

いやその通りだなと。

 

ゴミ収集やら清掃など、清潔を維持する仕事は誇るべきだし、人の役にたっている。

なのにブラック以下の扱いを受けるのは、安い値段でしか売れないのに、過剰なサービスを求められるから。

東京オリンピックのボランティアと似た無茶ブリですね。

 

よく「人の役に立つ仕事に就きたい」とか聞きますけど、相手に対価をもらえるなら、それは誰かの役に立っています

額に差はあっても、内容に貴賤はありません。

流行は循環していく

流行が10年スパンで巡るように、魚屋も『古き良き』を求められている。

衛生がどうとか、捌くのが面倒だとか、昔に比べ不漁で高くなったとか──。

昔に比べて値段が高くなっている理由はそれぞれ。

だけど、購入側のワガママのせいもあります。

 

ある鮮魚店の試みは、「加工しなきゃ売れない」をただの思いこみと証明しました。

最もな理由(付加価値)さえあれば、丸魚だって売れるし、顧客も納得してくれたわけです。

 

 

こんな感じの鮮魚売り場が増えることで、マッマに連れられた子供も魚に対しての興味が沸くし、水族館に行くより最寄りで安上がりでは?

個人的には、ポピュラーではないマイナーな魚が出回ってほしいですね。

寿司ネタになる定番より美味い魚なんて、この世にいくらでも存在します。

 

リンク 「丸魚しか売りません!」おかしらや旗の台店の挑戦|魚食にっぽん

 

魚食にっぽんには、他にも興味深いコラムが多くあります。

時間がある時に目を通すと、水産業界への興味も深まりますよ。

魚を知る
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生