包丁が苦手な人はハサミで三枚卸しすればいいじゃない?

2017607tp122

ただし包丁より時間はかかる模様。

ハサミで魚をスパスパ切れちゃうハサミが、琴線に触れたのでちょいと紹介。

おまけとして、魚の簡単な捌き方を少々。

進化するキッチンバサミ

100均でも当たり前に買えるキッチンバサミは、主にヒレを切るのに使っています。

プロは「ハサミに持ち替える隙が銭を逃す」勢いで、卸す作業は全て包丁で行いますが、魚によっては数本を使い分けます。

どちらが最善か──よりも、どちらが安全かを考えてみよう。

「魚を捌きたいけど手順が……」、なんて時はYoutubeなどの動画サイトを参考にするかと。

例えばマゴチを捌きたいのであれば、地味に痛い背びれを包丁ブンブンやって落とす手本を見せているのが多いかと思います。

「まあそれでも落とせるけど、ハサミでやってもよくね?」と、私は考えます。

自分が使いやすい物を使えばええんよ?

アイゴさんを現地で捌くのに欠かせないキッチンバサミ

浜名湖今切口では、30cmくらいのアイゴはよく釣れます。未だに進んで持ち帰る人は見たことありません。

毒持ちであることを知らない純な少年が、比較的大きなアイゴを釣って「ママに見せるんだ!」とキラキラした笑顔で持ち帰る……なんてことは経験しました。

あの子のママンは、まず市場でも見ないアイゴさんとどう向き合ったのか。わたし気になります。

そんなサイドストーリーは置くとして──。

アイゴが釣れた場合、おいしく頂くには臭いの元となる血と内臓を速やかに撤去するべきです。

その手順に関しては、別記事にあるのでそれを頼ってもらうとして、ナイフがなくともハサミ1本で全てできることなんですよ。

魚を活け締めするにあたり、体の構造を理解するだけで手順は明確化します。

エラの根本を切るのは、そこに頚椎と太い血管があるからで、心臓にも近いから。エラは呼吸器官であるし、食道にも近く内臓と繋がっていることが多く、肛門に繋がっている腸を切り離せばエラを引っ張るだけでついてくる。

ざっくりいえば、「頭を落とせば締めは完結できる」わけです。

クロダイくんを例にして、必要最小限の切り込みで頭を落とすとなれば……

2017606tp121

これだけでも、頭を落とすことは可能です(力は必要ですが)

実際には胸鰭から腹鰭に切り込みを入れるほうがスマートなので、卸しの手順としてはそうなっています。

特殊な構造をしている魚類でない限り、あらゆる種類に対応できるので、片隅に留めておくといいかと。

「姿造りにしたい!」でもない限り、魚の活け締めは”頭を落とせば解決する”わけですが……。

エラ元にナイフを入れて血抜きだけする釣り人は多いです。ですが、本当に臭みの無い刺身をいただきたいのであれば、内臓まで取るのが最善です。それは一応アニサキスの予防線にもなりますしね。

それは赤身の強いマグロやカツオ、青魚に血合いの多いボラなどでは重要です。

ハサミだけでも魚は捌けるが……

ハサミで切ると、どうしても切り口がギザギザになってしまう難点があります。

見た目を気にする半身の焼き霜とか、刺身にしたいのであれば向いていません。それは大型になるほど難しくはなります。

ただし、手の平に収まるようなサイズであれば話は変わる。

包丁に慣れればそんなのどうでもよくなりますけど、魚が小さくなるほど、指と包丁が出会いやすくなり、慣れない人はケガをしやすいでしょう。

小さければ骨も硬くはないため、ハサミでも魚は捌きやすい。

ではそれに最善なハサミはなんだろう。

【レシピ1分動画】ハサミだけ!なめろうが簡単にできる!

曲線を描くカーブハサミは、流線型をしている魚を捌くのに向いています

リンク先の動画でアジのなめろうをハサミだけで作っており、細長く丸っぽいサバ体型にはマッチするでしょう。

丸々の大型鮮魚を買う家庭も稀だろうし、安売りされる鮮魚ではアジが多いし、同様の姿をした魚が多いので、1本あっても損ではないかと。

100均のキッチンバサミと比べれば、切れ味が断然違います。

極論をいえば、まな板が必要ではなくなり、シンクのステンレスを利用すれば十分になります。

キッチンが狭めになる1人向けルームに住んでいつつも、料理が好きな人には向いているのではないかと。

母の日のプレゼントにいいかなとも思いますが、過ぎているんだよなぁ……。

注意点として、商品の紹介で野菜や肉も切っていますが、魚・肉と野菜では別々の物を使いましょう。

魚や肉を切っている物でサラダを切るとなれば、包丁であっても食中毒まったなしです。加熱するなら別ですけどね。

肉類と野菜類で別の物を使用するのは、包丁もまな板も同じです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!