いつも釣行後にしているタックルメンテナンス

2016324tp11

フレッシュでもソルトでも、金属製品が多いタックルではサビとの格闘。

私は海に行くことが大半なので、メンテナンスには毎回気を使っています。

釣行後のタックルメンテナンスは長持ちさせるためにも大事なこと。

こまめにやるほどコスト減へと、結果的につながります。

スポンサーリンク

釣行後に必ずしているメンテナンス

たまにはサボる時もあるけれど、間隔があくほど道具の元気は失われていきます。

習慣として身につければ時間もかからないし、”水洗いすればいい”が基本となるので、難しいことはありません。

ロッドを洗う

壁にロッドを立てかけるなり持つなりして、水道で「ザーッ」と塩気を流します。

ガイドの内側、グリップなど、汚れがつきやすいところは水圧上げて念入りに。あとは水気を拭いて保管。2ヶ月に1回くらい、気がついたら全体をシリコンスプレーで保護&磨いてます。

ジョイント部にかけちゃうと、キャスト時に「オタッシャデー」となりやすいので注意。

ウェーダーを洗う(使った場合)

外側を洗い流し、泥や砂を落としてから、逆さに吊るして陰干し。基本はこれで十分です。

夏場など汗をかきやすい時期は、中がムレムレでクサクなりがち。そんな時は時間をかけ、中をフル洗浄しましょう。

ルアーとリールを洗う

使用したルアーは水抜き穴がある別のケースに入れているので、作業的にはリールを洗うついでで終わります。もっと大量にルアーを使う方は、ボウルwithザルで洗剤を使ったほうが速いのではないかと。

汚れを落とす観点で”お湯”は有効ですが、なにぶんプラスチックなど石油製品なので、変形しない程度の温度で。

ガシャガシャと数回ゆすいで、振って水気を切り、室内で乾燥。釣行前準備の時にフックを輪ゴムでまとめるので、チェックはその時に。

フックはバーブにサビが浮かない限り、あまり交換しませんね。

アロベビー UV&アウトドアミスト

リールはこれ(↓)と同様の方法で洗っています。

ハンドルにゴリ感を感じた時は注入口からオイルを入れてみたり、シャフト部に入れてみたり。ただラインローラーだけは毎回注油しています

スプールのラインにシリコンスプレーで保護膜を張り、ついでに全体を拭く。

オイルを入れてもゴリ感があるようであれば、分解してグリスアップ。スピニングリールの機構は簡単な方ですし、慣れるとOHも楽です。

もはや息をするように道具を洗うようになった

ここまでの一連の作業(主に洗浄)で、10分程度かと。

朝マズ行って、そのまま仕事や出かける場合には、その場で簡易的に洗うか、ウェットティッシュで拭います。

夏場のウェーダーはそのままだと臭くなりやすいので、外側を3リットルくらい入るペットボトルに入れた水で洗い流し、中に空気が入るように保管します。

このペットボトルは地味に、徳用焼酎などの容器が使える。私は酒を滅多に飲まないので、貰い物ですけど。

あとは喉が乾いた時のために、ベストに500mlボトルを入れているので、それでロッドを流したりしてます。

自宅がマンションなど、外で洗うのが困難な場合には、ロッドやウェーダーは現地で流すほうが、後の手間はかからない。

そんな時はポータブルシャワーや蛇口付きのタンクは非常に捗る。

シャワーの場合、”ポンプ式”じゃないとクソ面倒です。

蛇口タイプや吊り下げタイプでは段差が必要ですし、そのための何かが必要になる。ポンプ式では、トランクにタンクを積んでおけばそれで使えるので便利。

サーファーはこういうアイテム御用達なのですが、釣り人が現地でタックルなどを洗浄している姿を見たことがない。

一体みんなどこでどうやって洗っているんだ……。

メンテナンスをしっかりやればそうそう壊れることはない

リールやロッドなどの「塩ガミ」の原因って、洗うのが(メンテナンスが)下手なだけなんですよ。

一度だけリールのラインローラーが固着した時があって、どうにも直らないから、「もう二度とこのような悲しみを背負いたくない」という気持ちで、メンテナンスをマメにするようになりました。

それ以来──数年経ちました。

あれからタックルに塩が浮くことすらありませんし、壊れることもほぼ無くなりました。

渓流でも多少の塩分は含まれるので、放っておけばサビが浮きます。

真水だろうが海水よりマシ程度だし、ガイドやリールに汚れがたまると、ライントラブルや故障の原因に繋がりやすい。

[釣りが終わったら、まず道具を洗おう]

このクセを付けるだけで、道具が品質を保持する期間は段違いになりますし、出費も抑えることができます。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

いつも釣行後にしているタックルメンテナンス
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク