最近活躍している「テイルスラップ75S」のインプレ

2016325tp191

小型のジョイントルアーといえば”バチ用”のイメージが強い。

確かにそうなんだけど、どちらかといえば「渋い時」「スレたと感じる時」にこそ効果を発揮する。

テイルスラップ”は近距離のスレた魚を引き出してくれるでしょう。

スポンサーリンク

食わない幻想をぶち◯す力を持つジョイントルアー

ジョイントルアーはワームに次いで、魚本来の泳ぎに限りなく近いルアーのひとつ。

魚は「嗅覚」と、水中の振動を「側線」で感知することにより、エサかどうかを判断します。ハードルアーにはもちろん”臭いがない”ので、水中の振動(波動)が重要であることが、わかってもらえるでしょうか。

バタバタ動くローリングやウォブリングのルアーは逃げ惑う魚を、ジョイントルアーは普段通りの小魚を、それぞれ演出しています。特にジョイントルアーは自然界への溶け込み度では、ハードプラグでトップクラスです

この”普段通り”とは、「無化粧+スウェットで夜中にコンビニへ向かう女性」くらいに無防備で、あやしい奴(フィッシュイーター)に狙われる可能性も高まるわけです。

飛距離とアクションについての雑感

泳ぎについては動画を見てもらったほうがはやいかと。

モアザン テイルスラップ75S|DAIWA

Lロッドくらいの感度なら、ぬるぬる動いているのがわかるくらいでしょう。頭はそんなに動かず、後ろを左右に振る姿は、限りなく自然に近い泳ぎを演出している。

小型のジョイントルアーの中でも、規則的にちゃんと泳いでくれるほうです。

一般的なただ巻き(1回転/sec)ならイナッコ、それ以上で巻けばバチに近づき、それ以下ならばイワシに似ていく。

巻く速度でベイトに対応していく感じ。それに伴い潜行レンジも5~60cmくらいに変化します。

アップからダウンへの切り替わりを利用する”U字メソッド”での扱いもしやすく、そこで「ブルルッ」と動いてくれる感触は、ハードプラグよりも「なんだか釣れそう(小並)」と感じます。

どちらかというと流れがある箇所より、流れがない箇所向きですね。

これは”波動”が肝であるのと、”その方がより自然だから”なのが理由。

飛距離はジョイントルアーの弱点

ルアーは飛行姿勢が真っ直ぐになるほうが飛びやすく、基本的に後ろを前方にして飛びます。

ジョイントルアーは構造上、飛行姿勢がすこぶる悪く、「重さの割に飛ばない」という弱点がある。

ショアからのキャスティングでは、飛距離が釣果に結びつくことが多く、これに関してジョイントは”唯一でありながら最大の弱点”を抱えます。

テイルスラップは重量6gと軽量かつ小型ながら、9.6MLロッド+3000番・PE1.0約30m前後飛びます。重量とジョイントを考えれば、飛距離としては結構優秀。実際に投げてみれば、「同じ重さ・同じサイズのシンキングペンシルよりも、若干落ちる程度」と感じてもらえるかと。

形容すれば「よく飛ぶルアー(15g程度)の半分くらいの距離」かな。

ローテーションに入れるためには、ロッドを選ぶ必要がある

約6gという軽さのために、使いやすいロッドも限られます。

ロッド1本でいろいろやりたいのが一般人ですので、これを両立させたいとなると……各社から販売されている「MLモデル(ミディアムライト)」が無難かと。

手に入れやすさでオススメだとディアルーナS806ML・S809LST|SHIMANOクロステージ862L|Majorcraftあたり。どちらも20g以内のルアーであれば満遍なく使えるようなモデル。

MLロッドは40cmくらいのシーバスまでなら楽しめますけど、60cmを超えるようになるとパワー不足で取り込みに苦労する。

岩礁帯など障害物が多いところには向いてなく、ラインが擦れることが少ない干潟でウェーディングに向いています。

これが最も効果を発揮したのがこの回

「ベタ凪+小魚が見えない=釣れる気がしない」という場面において、他ではダメだったのに数投で魚を連れてきてくれました。

あとは別記事でも書いてますが、標準フックは大きめの物に変えておくほうが無難。30cm以下がメイン、もしくはメバル相手となればそのままでも十分ですけどね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク