ラインシステム

ライン

値段に似合わない滑らかさのPEライン「UVF シーバスセンサー+Si」

安売り&耐力強度で不安を感じながら、実際使ってみたら「ええやん?」となったダイワの「UVF シーバスセンサー+Si」のインプレ。
ライン

なんか最近安売りしてね?──「モアザン8ブレイドPE」

安いPEラインは質が悪いのが多い。ところがダイワのモアザン8ブレイドPEは、安いながらも質がよく扱いやすいPEラインだった。でもやけに安売りしているってことは、売れてないのかしら。
特集記事

失敗しにくい駿河湾ショアジギングタックルの選び方

駿河湾で行うショアジギングに向いたタックルとシステムについては、各ポイントで微妙に変化していきます。はじめての方にとって壁になるタックルの選び方について、例を含めて失敗しにくい提案をしてみました。
ライン

【初心者向け】ショックリーダーに向いているのはナイロンorフロロ?

”ショックリーダー”は何故結ばないといけないのか。それには、”PEライン”の保護という役目がある。 結束については省きますが、それぞれ特色のある3種類のラインを、恋愛視点を交えて説明してみましょう。
釣りの雑学

計算が苦手な人もフォローするリール下糸巻き量の算出方法

リールにラインを巻く際に、自分でイチからやろうとする時に困るのが下糸の量。 簡単な『割合計算』で算出することが可能ですけど、「数字に弱いから…」という人向けの方法もまとめてみる。
ライン

ナチュラムオリジナルPEがコスパ最強の件

300m巻でも2500円を切る、お財布にとっても優しいナチュラムオリジナルのPEラインが人気を集めている。 アジやロックな現在の季節に合わせて巻き巻きしてもいいのよ?