失敗しにくい駿河湾ショアジギングタックルの選び方

 

梅雨で育ったイワシも巡り、駿河湾はショアジギングの最盛期になります。

「これからはじめる」「なんかちょっと合わない」……そんな人向けに、タックル選びのちょっとしたアドバイスを。

多分これが最も失敗しにくいと思います。

 

スポンサーリンク

サーフとしての駆け上がりのキツさは全国屈指

 

駿河湾は日本一深い湾。最深部は2,500m! オフショアでは深海魚だって狙えるし、マモノが棲む海です。

去年は聞いていませんが、沼津辺りで毎年1回はバショウカジキがあがるような場所。

普段カウント8くらいで「深いな」と感じているのであれば、ここで投げると「おいィ?どこまで落ちるんだよ!」と感じるに違いありません。

 

 

駿河湾のショアジギングはこんな場所にジグを放り込む

 

 

有名所の「石津」「三保」「千本浜」の水中は、おおよそこんな感じ。

岸から30mくらいで水深10mは当たり前。100mも投げれば20m超と、急深のサーフになります。

 

ここを攻略するにあたっては選択肢が”2つ”あり、それに伴い2通りの選び方があります。

 

駿河湾ショアジギングから狙える魚でタックルを選ぶ

 

年間でどんなのが釣れるのかを簡単にいうと……

 

・夏はサバとシイラがメインで、たまにメーターシイラが遊んでくる。

・秋になるとソウダとワラサ(ブリ)やカンパチになり、たまにメータークラスがかかる。

・秋から春にかけてはタチウオ待ちがメインになり、オールシーズンでシーバスとフラットといったところ。

 

これがワンシーズンでの駿河湾ショアジギングの対象魚。

選択肢が2つというのは、「デカイのを想定する?しない?」の違いです。

 

万能を選ぶなら『大は小を兼ねる』を優先

 

駿河湾のような急深のショアジギングは水中の駆け上がりが急なため、ドラグを出す前提でやり取りをすると、もれなく中間点でラインがこすれて切れやすい。もしくは着水後に「ドン!」ときて、そのままラインを全て出され「じゃあの」と、大事な物を持っていかれたりする。

大型をバラすのは、この2パターンが大半。

 

──とはいえ、年中そんなのが当たり前に釣れるわけでもない。対応しなくても十分楽しむことはできます。

それを”するかしないか”のタックルを考えてみましょう。

 

1.ライトに万遍なく楽しむ選択

 

『対象魚は40cm前後の1~3kgクラスをメインに、たまにエギングもやりたい!』

 

そんな場合はシーバスタックルでも十分です。ロッドの長さは9ft前後が丁度いい。

ジグを上下に動かすことがメインなので、ファストテーパーでやや硬めの「Mクラス以上

 

 

ショアジギングではメタルジグに拘りがちですが、他のプラグルアーなど軽い物でも魚は釣れます。手前で上に意識がある魚をジグで狙うのは面倒くさい。

軽いルアーを使いたい時も対応させるなら『ディアルーナXR』がおすすめ。

駿河湾が荒れている時、「せっかく来たから港で釣り中毒を和らげたい…」なんてときにも使えます。

 

逆にメタルジグをメインに、他のサーフでも使いたいとなるとこちら。

 

 

ショアジギングの入門”としては申し分ない。3kgまでの相手なら問題なく、40gのジグをぶん投げるのに向いている。

これで50gを2時間ほどトラブルレスで投げれるようになったら、60g以上を投げれるロッドを購入しようと考えてもいいでしょう。

 

2.中型以下はぶち抜き、大型を視野に入れる選択

 

駿河湾のショアジギングは人気ポイント。”釣れはじめると”、どこからともなく人が集まります。平日も問わずマヅメ時には、アングラーの間隔が10m以内になったりする。

初見でこれを見るとまずドン引きする。

 

上手かろうが下手だろうが、バラバラの意思で投げれば絡むのも当然。

デカイのをかければ察して協力してくれるけど、(1)でおすすめしたロッドで2kgに手こずっているようでは、「そんなのでここに来るんじゃねぇ」と目で訴えられかねない。

……盛期は地元民だろうが”戦場”なのだ。

 

ブリ5kg以上に対応させるロッドとなるとゴツくなる。2kg以下をかけても満足できないワガママロッドになってしまうので、軽いルアーが扱いづらくなります。

 

「秋の沼津~三保に周ってくる少ないチャンスを確実に手にしたい…」

ちょっと予算を張り切って、強固な信頼をおけるロッドを選んでおきたい。

 

 

秋口はベイトも大きくなり、ジグもそれに伴って大きくなるため、ブリ狙いでは60~100gが使われている。

ヤマガブランクスの『Blue Sniper 106PS』はそれを許容します。

プラッキングスペシャル”なのでヒラマサ用トップウォーターも使える。外洋キャスティング大型対象魚全般で使えるから、駿河湾沖でキハダを狙う場合にも有効。

100m先のナブラに大型のスプラッシュが起きている時、60g以上のトップも使えるこいつは効率がいい

 

100gのルアーを扱いつつ、大型の青物に対応する場合、ロッドの値段はだいたい4万以上になります。

「あのあのっ、はじめてなので出費は抑えたい…」となると、こちら──

 

 

『ジグキャスター』でPE2号を使い、80gのジグを無難に扱えるようになったら、ワンランク上のロッドでも問題なく使えます。

60gのタイラバをぶん投げて、底物含めた五目狙いでもおもしろいですよ。

 

リールの選び方とタックルに”投資”するポイント

 

「ロッドは長いほうが飛距離が伸びる」

──なら長いほうが有利じゃね?……そう思う人も多いでしょう。しかし、見落としている点があります。

それは「長くなるほどアングラーのテクニックも問われる」こと。

 

12ftで80gを許容するロッドを振り続けた場合、「あっ…これは慣れたころにイシツブテみたいになるな」と感じた。

投げやすさを考慮すると、だいたい「自分の身長×2」未満が丁度良く感じるんじゃないかな。

スキーやスノボに身長によるボードの選び方があるように、釣りのロッド選びも、「おすすめされたから」で選ぶのは早計です。

 

リールは4000番台ならある程度なんでもOK──だけど

 

糸巻き量が3号で200mを超える物を選んでおきたい。PEラインも200m巻を選ぶこと。

なぜか?」……。仮に100m投げ、水深20mに着底させると、それだけで120mのラインが出たことになる。もしそこで魚がかかると、150m巻では30mしか余裕がないわけです。駿河湾で水深20mはまだ浅いほうで、場所によっては40mを超えます

なので、メインラインのPEは200m巻を選ぶのが無難、というわけです。

 

 

マグシールドが嫌でなければ、『ヴァデル』ほど廉価かつ大物に適応したリールはないと思う。

更に安価を追求するとスフェロスSWの6000HGかな。

 

タックル選びで重要なのは、「ロッドにこそ金をかけるべき」であること。

1万以下2万前後5万以上では、それぞれ”雲泥の差”がある。

スピニングリールに関しては構造上、3万以上となると明確な違いは”軽くて(ある程度)丈夫”に集約されるので、CPUが入ったりするベイトリールに比べて廉価と高価の差はでにくい。

 

ロッドは高価になるほど素材の純度が変わり、折れにくく、弾力で魚を浮かせられやすくなります。

不意の大物にも耐えたい場合には、場所を問わずロッドに金をかけるべきです。

 

キャスト後にボトムをとる場合には必ずリーダーを確認すること

 

駿河湾はプレートによる断層でできた海溝なので、ところどころに岩礁があったり、おまけで流木が眠っています。

それもありますが、問題は”駆け上がり”です。

 

 

リーダーをいくら長くしようが、70m以上投げてボトムを取ると、ルアーから30m付近まで根ズレしていると思ってください

なるべく回避するにはロッドをなるべく立てる波打ち際から離れすぎないの2つ。

これに関しては、「飛距離を伸ばす以外にメリットがある長いロッドを扱う理由」でも書いているので参考にしてください。

 

一度底をとって秒数を確認したら、あとは5秒ずつ少なくして、魚のいる層を探るのがベスト。

ここに至っては、積極的にボトムをとるほどラインの消耗は激しくなります。

 

 

最初から大物を狙わなくても、対処しきれないと感じた時に構成を考えればいい

 

「ここに行くときはこのくらいじゃないとダメ!」とか「プッ、そんなショボいの使ってるの?」と、思考を縛るのは好きじゃありません。

誰でもはじめてやるのなら、わからないことだらけです。

「これで出来なかったから、次はどうしよう…」と考えるくらいが、成長するにあたって重要なこと。

 

本当にはじめてやる人であれば、昼間の人の少ない時間に練習してから夕方に望むのがベスト。

真っ直ぐ投げるだけマシーンになれれば、釣れる時期のマヅメも戦えます(震え声)。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生