スーパーで買える釣りエサと狙える魚

スーパーの鮮魚売り場には、釣りエサにできる商品がチラホラ存在しています。

メリットは釣具屋より安く手に入りやすい! 消費期限が近いヤバイ色でも、エサとしてなら買えるし、廃棄ロスの取り組みにも貢献できます。

「じゃあどんな物があるの?」、に答えるまとめ記事になります。

スポンサーリンク

【釣りエサ考】釣り専用と生鮮食品の違い

釣りエサと生鮮食品で違うのは、防腐処理の有無です。

例えばタチウオ向けにある「サンマの切り身」。これは普通のサンマを塩漬けにしたり、腐りにくい処理をしてから商品になっています。だから生で売っている物より、コストがかかっているから、価格が高くなります。

万能エサである「オキアミ」も同様。エサ持ちを良くするため、身を引き締める処理をしたり、していなかったり……。なので安いほど腐りやすい特徴があります。

エサに使うサンマの切り身は専用と生鮮どちらが安いのか

釣りエサのサンマは、こちらを例にすると500円ちょいです。

使われているサンマはおおよそ2~3匹くらい。旬の時期なら1匹80~100円程で売られているので、丸ごと買うほうが安いです。

ただし、それをエサに加工する手間(時間)を計算に入れたなら……?

実際使ってみるとわかるけど、塩漬けして身を締めて~をやると、結構時間がかかるし汚れます。なので私は”時間を買う”考えを勧めます。

「エサと鮮魚」どちらがより釣れるのか?

どちらも使った経験上、釣果自体に変わりません。ただし、釣り餌としての使いやすさは専用が圧倒的。この違いが出やすいのが、キビナゴのような小魚を使ったエサ。

スーパーでも売っていますが、それを処理せず使うと、解凍後に身が溶け出してしまい、ドロドロで使えない──なんてこともあります。

あとは臭いの違いもあります。

集魚も兼ねるために、臭いの強い切り身を使うこともありますが、これを自宅で処理するのは後始末に困ることも。逆に臭いを消しすぎて使い物にならなくなったりね。

頻繁に釣りに行く人なら、自作するほうが安く済むことも。

スポンサーリンク

自作釣りエサのススメ

料理の下ごしらえが重要であるように、釣りエサ用も重要です。例えばタチウオ用にサンマの切り身を用意するなら──

  1. サンマを3枚に卸す
  2. 魚を塩で包む感じに多めに使い、ペーパータオルか新聞紙に包んで、冷蔵庫で寝かせる
  3. (1)(2)の工程を繰り返すことで、身が引き締まっていく。でも2回くらいかな。

などの工程が必要。これを用意するため、どうしても釣行前に1日以上の余裕が欲しい

細かいことはいい……要は切り身を塩で包めばいいだけだ

参考になりそうな、自作エサ作りの動画があったのでおかりします。

手順としては、捌いて切り身にしたら塩漬けに。脂は水分などドリップができきったら、好きなサイズに切って冷凍保存する感じ。

動画はサバを使っていますが、ほぼ全ての魚に代用できます。

意識が高いエサ釣り師は、秘伝の一手に「アミノ酸」を加える人も。ようは”味の素”です。釣用品には専用もあり、「極上爆釣液」という商品があります。

コマセに混ぜると、効果が実感しやすいとかなんとか。

スポンサーリンク

スーパーで買える代用釣りエサと狙える魚

スーパーの生鮮コーナーでよく見かける、釣りエサの代用となりえるモノを紹介。生鮮と冷凍から選んでみました。

オマケに狙える魚もメモメモ。

「アジ」「イワシ」など15cm以下の小魚パック

幼アジの「豆アジ」は投げ釣りのエサとして優秀。ショアモンスターのサメやエイと戦いたいなら、これを確保しておくといいです。冷凍だけで保存できるしね。

イワシは柔らかいため投げ釣りには向いていませんが、船釣など落とす釣りで使えるし、撒き餌としても使えます。

アジやイワシなどの小魚は、大型魚を育てる恵みでもある。なのでルアー対象魚はだいたい釣れるし、全国どこでも手に入りやすい利点も。

「サンマ」「サバ」などベストオブ切り身系

サバとサンマは、1年通してどちらかが手に入りやすい。大型なら切り身で販売されることもあるし、それを選べばエサに処理するにも楽でしょ? 旬も重なるため、商品そのものが安いのが強み。

これらは切り身エサとしてよく販売され、タチウオ・カマス・アナゴなど、夜釣りターゲットの定番エサ。日中に使うなら、ちょっと大きい根魚やウツボを狙いたい時に。

船上だとテンヤの定番だし、釣れる魚種は船のほうが多い。

冷凍ストックが楽!「アサリの剥き身」「イカ短冊」「殻付きの海老」

アサリはカワハギの定番エサですね。むき身はそのまま冷凍するだけでOK。殻付きでもいいですし、それなら使う前に割って身に針をさせば、黒鯛も狙えちゃいます。

イカ短冊は船釣で使われます。エサ持ちがいいため、深い底にいる根魚を狙うエサとして優秀。陸でもタチウオ狙いで使われたり、根魚も普通に釣れます。

殻付きの海老は、地磯でテンヤを使って色々狙うのもアリ。

【番外】海藻・コーン缶詰

メジナやクロダイ狙いのフカセ釣りで、「あってもいいんじゃないかな」がこの2つ。

岩礁に居着く魚は海藻を食べるため、ワカメ・アオサを直付けでも釣れないことはない。でも生えている時期じゃないと効果は薄いらしい。マッチザベイトかな?

コーンはクロダイの団子釣りにフカセではわりとメジャーです。実際にやってみたらアイゴが良く釣れました。

海上釣堀で使える大型魚のアラ

アラや内臓は卸売市場や仲買にとって「ゴミ」なので、懇意があれば定期で手に入りやすいエサ候補。

これらはミキサーにかけて寄せ餌に使えます。血合いが多い部位は臭いもあるので、海上釣堀なら集魚も兼ねる、なかなかハイブリッドなエサです。

スポンサーリンク

釣り餌を自給自足する考え

キスの投げ釣り師は、バチ抜けでゴカイ類を大量に確保して、塩漬けにしておき、シーズンが来たら使う人もいる。達人レベルに達すると、購入後のゴカイを処理するレシピも存在するとかなんとか。

ウネウネ動く活きがいいゴカイよりも、グッタリした翌日以降のほうが食いがいいとか、「気にしたらそうかもしれない」程度の違いを体感する時もある。

ルアー釣りは道具に拘ります。エサ釣りはエサに拘るべきでしょう。

自分で用意したエサで釣れた魚は、また違った達成感がありますよ?

釣れたら釣れたで、美味しくいただくか、また釣りエサとして活躍してもらうか……。

釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生