スーパーで買える釣りエサと狙える魚

 

スーパーの鮮魚売り場には、釣りエサにできる商品がチラホラ存在します。

釣具屋より安く感じるのも良いところ。

半額シールなら財布にも優しく、狙えば手に入りやすい。

 

「じゃあどんな物があるの?」、に答えるまとめです。

スポンサーリンク

釣り餌として製造されたものと生鮮食品の違い

釣り餌と生鮮食品の違いは、一言でいうと防腐処理の有無です。

 

エサ用の「サンマの切り身」や「オキアミ」は、塩漬けにして水分を無くし、防腐剤を添加してあるのが大半。

これは針に付けた際の身持ちを良くするため

そうするためコストがかかるので、これが少し高く感じる理由です。

 

切り身を使う釣りで凡例をだすと、タチウオ釣りはサンマの切り身が使われます。

これは1パック500円前後。

サンマ2匹分の切り身が入っていると仮定しても、サンマは鮮魚で1匹100円くらいで買えることを考えれば、高く感じてしまう。

「エサと鮮魚」どちらがより釣れるのか?

どちらも使った経験上、釣果自体に変わりません。

ただし、釣り餌としての使いやすさは、専用が圧倒的に便利です。

 

鮮魚の切り身は、柔らかすぎて針に刺しにくい。

餌用に加工されたのは、身がギュッとしまっていて、針持ちが良くぶん投げても大丈夫。

スーパーで買ったイワシをそのまま使ったら、柔らかすぎて、投げたら後ろに「…ポトン」と落ちることが多かった。

そのため超ソフトに投げざるをえないため、飛距離が……ね。

そんな無駄な手間を省くためにも、多少割高でも釣り餌用を使うのがオススメ。

じゃあ釣りエサにする加工過程を自分ですればよくね?

料理の下ごしらえが重要であるように、釣り餌用にする下ごしらえも重要です。

タチウオ用にサンマの切り身を用意するなら──

 

  1. サンマを3枚に卸す
  2. 魚を塩で包む感じに多めに使い、ペーパータオルか新聞紙に包んで、冷蔵庫で寝かせる
  3. (1)(2)の工程を繰り返すことで、身が引き締まっていく。でも2回くらいかな。

 

自分で用意するなら、まずエサとなるものを買わなくてはいけません。

そのため、どうしても1日以上の余裕が欲しくなるので、「釣行直前」はちょっと難しい。

自作するならスケジュールに余裕を。

細かいことたぁいい、要は切り身を塩で包めばいいだけだ

参考になりそうな、餌作りの動画があったのでおかりします。

 

 

動画はサバを使っていますが、ほぼ全ての魚に代用できます。

 

意識が高いエサ釣り師は、一手間に「アミノ酸」を加える人も。

気軽で大量に使いやすいのが「極上爆釣液

ゴカイやオキアミなど、エサ全般に使えるので秘密兵器にもどうぞ。

もちろんワームにも可。

 

 

コマセに混ぜると、効果が実感しやすいとかなんとか。

成分が似ている「味の素」を追加するだけでもいいけど、プラシーボレベル。

スーパーで買える代用釣り餌と狙える魚

スーパーの生鮮コーナーで、よく見かける代用となりえるモノを紹介。

アジ・イワシなどの小魚系

「豆アジ」は投げ釣りのエサとして優秀。大抵の肉食タイプは釣れます。

活餌じゃないと釣れにくい魚もいるので注意。(コチ・ヒラメなど)

 

イワシは柔らかく、投げ釣りには向いていない。

なので、船釣など落とす釣りで使うといい。

 

アジやイワシなどの小魚は、大型魚を育てる恵みでもあるので、ルアー対象魚は大抵釣れます。

全国どこでも通用しやすい利点もありますね。

サンマ・サバなど切り身系

年中どちらかが手に入りやすく、商品そのものが安いのが強み。

切り身を選べばそのまま処理できるから楽。

 

タチウオ・カマス・アナゴなど、夜のターゲットの定番エサ。

日中は、ちょっと大きい根魚を狙いたい時に。

陸ではタチウオの定番と思われているが、船上ではテンヤの定番でもあるため、釣れる魚種は船のほうが多い。

アサリの剥き身・イカ短冊・殻付きの海老

アサリの剥き身は、カワハギの定番エサ。そのまま冷凍するだけ。

アミノ酸を加えればパワーアップするし、クロダイのダンゴ釣りでも使えるし、エサ持ちがいいのでエサ取りが多い時にも強い。

 

イカ短冊は主に船釣で使われている。

エサ持ちがいいしヒラヒラ動くため、中深海クラスやテンヤなど、底に張り付く根魚系ではポピュラーな存在。

殻付きの海老は、地磯でテンヤを使って色々狙うのもアリ。

【番外】海藻・コーン缶詰

メジナやクロダイ狙いのフカセ釣りで、「あってもいいんじゃないかな」がこの2つ。

岩礁に居着く魚は海藻を食べるため、ワカメ・アオサを直付けでも釣れないことはない。

でも、生えている時期でないと効果は薄いらしい。

コーンはクロダイ狙いのフカセではわりと知られている。実際にやってみたらアイゴが良く釣れたのはナイショ。

 

アラや内臓は卸売市場や仲買など、個人経営なら手に入りやすい。

これらはミキサーにかけて寄せ餌として使ったり、魚の本当に美味しい部分として、自分が楽しむのもアリ。

でも「つみれ」を買うくらいなら、販売されている合成練り餌のほうが安上がりです。

釣り餌を自給自足する考え

キスの投げ釣り師は、バチ抜けでゴカイ類を大量に確保して、塩漬けにしておき、シーズンが来たら使う人もいる。

達人レベルに達すると、購入後のゴカイを処理するレシピも存在するとかなんとか。

ウネウネ動く活きがいいゴカイよりも、グッタリした翌日以降のほうが食いがいいとか、「気にしたらそうかもしれない」程度の違いを体感する時もある。

 

ルアー釣りは道具に拘る。

エサ釣りはエサに拘るべきでしょう。

 

素材を活かすも殺すも料理人次第──というように、釣り餌を選ぶのは、釣り人の知識次第。

「これじゃないと釣れない!」といわれる魚は、ただの思いこみです。

メジナ狙いでオキアミつけてフカセしてたらヒラメが釣れたのには驚いたゾ。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生