ショックリーダーに最適なのはナイロン?それともフロロ?

ショックリーダーに最適なのはナイロン?それともフロロ?

ショックリーダーに使うべきラインは、ナイロンなのか、それともフロロカーボンなのか。

これはアングラー同士の千年戦争になりかねない話題。──単純な話、「適材適所」なんですけど、ナイロンとフロロの”適材”はあまり知られていないように感じます。知らないからこそ、争いが起こるのかもしれない。まずはわかり合うことが大事ですよね。

そんなわけで、ナイロンとフロロカーボンの性質をまとめて、腹を割って話そうじゃないか。

スポンサーリンク

そもそもショックリーダーは何のために結ぶの?

魚釣りのラインシステムは、メインライン(道糸)とショックリーダー(ハリス)で構成されます。なぜメインにPEラインを使うルアーフィッシングは、それを直接ルアーに結ばないのでしょう?

答えはとってもシンプル、PEラインは傷に弱く、結び目を作るとそこからすぐ切れちゃうから。

ただでさえ切れやすいラインだから、ルアーを咥えそこねた魚が触れただけで、「プツッ」と切れる可能性が高い。だから魚の口が当たりやすいルアー近辺は、切れにくいラインで補強すればいい。「ショックリーダー」がその役割を担っています。

「じゃあナイロンかフロロだけで釣りをすればいいじゃん」──と思うでしょ?

PEはそれらに比べて細くて軽く、飛距離が伸びやすい利点があります。おまけに強度も高い。そういう理由から、飛距離が重要なルアーフィッシングにおける武器なんです。

では「ナイロンとフロロカーボン、どちらをよりショックリーダーに向いているのか?」を考えてみましょう。

ナイロンは強度と粘りが強みでランディングを助けてくれる

ナイロンとフロロは同じ太さなら、ナイロンの強度が若干上回ります

ナイロンは柔らかめで伸びやすく、低温下でもしなやかな状態を保ちます。そのため標高が高い地域や雪国で愛されるライン。それならなぜ、ルアーフィッシング全般で主流にならないのだろう。含水率が高く劣化が早いのと、素材が柔らく感度が悪い、が理由です。

ラインで感度の違いを語るのは、ホント些細な違いしかないんですけどね。

フロロカーボンは傷に強く歯が鋭いフィッシュイーター向け

フロロカーボンは硬めの素材で、障害物との摩擦や魚の歯などの傷に耐える能力が優れています。パリッとしており低温下では使いにくいですが、感度がいいと評判の人気のラインです。

デメリットは太くなるほど硬くなり、結びにくいところ。5号まではナイロンと大して変わりませんが、10号以上は素手で締め込むのが辛くなるほど硬い。ペンチなどでギチギチに締めないと、自然と解けることもあるので注意しましょう。

フロロはナイロンより比重(ライン自体が重い)があるため、海水でも沈みやすく馴染みやすい利点があります。これは軽い仕掛けを沈めたい時に役立ちます。ルアーが軽いライトゲームだと定番のラインですね。

スポンサーリンク

それぞれのデメリットも考慮してベストを見出そう!

フロロとナイロン……ハッキリいって”どっちもどっち”です!

もし正しい選択があるとすれば、ポイントの状況によって合わせるのがベターです。海水か真水でも変わるし、気温でも考えるべきだし、使うルアーのウェイトでも切り替えるべきだし、魚の種類によっても選択は分かれます。

「どちらが向いているか」は、地域ごとで異なるし、アングラー自身の選択次第です。

でも平均値が無いこともない。例えば──ラインが障害物に当たる可能性が少ないエリア(サーフ・干潟・港内)なら、ナイロンの性能をフルに活かすことができる。逆にラインが擦れる前提なら、フロロの特性を活かすべきです。

……というように、特性を理解すれば「ナイロンorフロロ」で困ることはなくなります

細いショックリーダーを選ぶ時ほど特性を重視するべき

私はナイロン推しです。理由としては、サーフと湾内でやることが多いからですね。擦れを気にする必要がないし、ライン自体の伸びでバラシが減るのもあります。

砂のサーフでヒラメがいくら突っ込もうが、ラインが擦れるのは砂しかありません。シーバスなら大きくなるほど下に走ることが少なくなるし、エラ洗いはナイロンの柔軟性が有利に働くこともあります。──まあどっちも、常に引っ張ってるだけで釣れるから楽、って理由もあります。

ショックリーダーの”質”に関しては、ヤマトヨテグスの製品でまず間違いはないでしょう(わりと安いし)。あとは対象魚によって太さを変えるだけです。

PEにフロロの組み合わせは、ラインシステムが硬くなりすぎる難点があります。ランディング中にフックが曲がることが多い人は、タックル全体が硬すぎるか、ドラグの設定が雑かのどちらか。特にロッドが硬すぎると、フックに全ての負荷がかかるため、曲がりやすくなってしまいます。

その悩みもナイロンに変えるだけで解決したりするから、ラインの質を選ぶのは奥深いですよね。

タイトルとURLをコピーしました