ショックリーダーに最適なのはナイロン?それともフロロ?

ショックリーダーに最適なのはナイロン?それともフロロ?

ショックリーダーにはナイロンかフロロを使うと思いますが、どちらが正解かで悩んだことはないですか?

答えは有るようで無いんです。最適解はありますけどね。

ナイロンとフロロの性質を知ることで、あなたがやりたい釣りの最適を選ぶことができます。

スポンサーリンク

そもそもショックリーダーは何のために結ぶの?

「ショックリーダー」を結ぶ理由は、PEラインに魚が触れないようにするのと、結び目を付けないため。

PEは伸縮性に乏しい代わりに、耐力強度がとても高くて細い利点があります。

欠点は傷に弱いことで、これが致命的。

ルアーに直接PEを巻いてもいいけど、ルアーを食べそこねた魚の口が触れて「プツッ」とするし、背びれが「チョン」としただけで切れる可能性もあります。

だから魚の口が当たりやすいルアー近辺は、切れにくいラインで補強すればいい。それが「ショックリーダー」の役割といえます。

「じゃあナイロンかフロロだけで釣りをすればいいのでは?ん」

──と思うでしょ?

PEは細いので、ルアーの飛距離が伸びる利点があるんですよ。これはナイロンとフロロにとって、超えられない壁ですね。

ちなみにナイロンとフロロ、どっちが強いラインだと思います?

世間的によく使われるのはフロロカーボンなので、強度では上と思われているのかもしれません。……でも、強度ではナイロンが上なんですよ。

どっちが最適かは、それぞれの性質を知ることで、自然と導けるようになるはずです。

ナイロンは強度と粘りが強みでランディングを助けてくれる

ナイロンとフロロは同じ太さなら、ナイロンの強度が若干上回ります

それだけ聞くと、ショックリーダーにしない理由がないって思うでしょう。

ただ欠点もあります。

含水率が高いため重くなりやすく、使っている内に飛距離が落ちやすいこと。素材が柔らく感度が悪いこと。……などが挙げられます。

致命的ではないですが、釣りのフィーリングに関わるため、嫌う人も居ることは確か。

いっぽう利点は、素材が柔らかめで伸びやすく、低温下でもしなやかな状態を保ちます。そのため標高が高い地域や雪国で愛されるラインです。

フロロカーボンは傷に強く歯が鋭いフィッシュイーター向け

フロロカーボンは硬めの素材で、障害物との摩擦や魚の歯などの傷に耐える能力が優れています

欠点は素材が硬いため、太くなるほど結びにくいこと。5号まではナイロンと大して変わりませんが、10号以上はペンチなどでギチギチに締めないと、自然と解けることもあるので注意しましょう。

伸縮性が乏しいのは、感度の良さにつながるため、必ずしもデメリットにはなりません。

またナイロンより比重(ライン自体が重い)があるため、海水でも沈みやすく、馴染みが速いのも利点。リグが軽いフィネスやライトゲームだと定番になります。

なぜナイロンよりフロロが選ばれるのか

なぜフロロカーボンがショックリーダーに選ばれやすいのかは、ソルトに限ればメリットしかないからです。

逆にフレッシュだとナイロンのメリットが勝ります──が、正直いってどっちでも不都合はないレベル。

もし正しい選択があるとすれば、ポイントの状況によって合わせるのがベター

海水か真水でも変わるし、気温でも考えるべきだし、使うルアーのウェイトでも切り替えるべきだし、魚の種類によっても選択は分かれます。

先に挙げた状況で「ナイロンとフロロで使うべきは」の解は、性質を理解すればおのずと答えが出るはず。アングラーの知識があれば、始める前から有利な状況を選べるわけです。

細いショックリーダーを選ぶ時ほど特性を重視するべき

ちなみに私はナイロン推し。

理由は、サーフと湾内でやることが多いため、擦れを気にする必要がないから、フロロを使う理由が薄いからです。ナイロンならライン自体が伸びてくれるため、フラットのバラシが減るのもあります。

選ぶべきショックリーダーは、ナイロンでもフロロでも、ヤマトヨテグスの製品で間違いはないでしょう。わりと安いのも魅力です。

素材を選んだら、あとは対象魚によって太さを変えましょう。

ラインに関しては、他にこんな記事も書いてますので、参考にどうぞ。

https://hama-angler.com/archives/2522
https://hama-angler.com/archives/12493