【19ストラディック】これもうステラでは?

2015年に初登場した「ストラディック」は、強さを全面に押し出したモデルでした。

2019年に刷新した新しいストラディックは、ハイエンドモデルで採用されている技術を盛り込み、「これもう実質ステラでは?」と思える機能性になりました。もうこれ以前のリールは過去でもいいんじゃないかな……。

スポンサーリンク

ストラディック19のここがスゴイ!

ストラディックの新モデルと旧を比べると”別物”。19年モデルには、上位クラスに採用されている「マイクロモジュールギアⅡ」「ロングスプール」など、よだれが出そうな機能がこれでもかと盛り込まれています。

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5768
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • ロングストロークスプール

19年モデルのストラディックは、これまでステラが進化させてきた3つの機能を搭載。個人的な考えだと、「ステラでやりきったからおすそ分けしようぜ!」と感じます。そして何より、値段も(ハイエンドに比べたら)安め!

──機能だけなら、ハイエンドと遜色がなくなりましたね。これが3万円ほどで買えるのだから、めっちゃ得に感じませんか?

19ストラディックは1000~5000番台までのラインナップ

ストラディック’19のサイズは、1000~5000番まであります。一部にハイギア・エクストラハイギアの設定があり、浅溝スプールも一部で採用されています。

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5768

3000番なら淡水・海水問わず、ショアで使う分には困らない大きさですね。5000番なら10kg上のビッグゲームにも対応できるでしょう。更に大型はSWモデルが別にあるし、ポイントに合わせた選択肢も柔軟なリールです。

ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

ショアキャスティングに3000MHGをおすすめしたい理由

3000MHGは浅溝スプールです。市販のPEライン(100~150m巻き)を、下糸なしでキッチリ巻けるのが便利。ラインの巻き直しをしたり、交換が頻繁な方におすすめ。大きさ的にもショアキャスティング全般に向いているし、もともと汎用性が売りのモデルなので、幅広く活躍してくれるはずです。

サーフルアーは4000XGが推奨されていますが、10ft以上のロッドとのバランスを考えると向いている程度です。ただやるだけなら3000番でもいいし、5000番以上でも大丈夫。

スポンサーリンク

セール対象になる旧ストラディックも狙い目

新モデル発売されると、旧モデルが安くなるのが嬉しい。20%引きは当たり前、50%も狙えるようになるでしょう。新型と比べると機能面は見劣りします。ストラディックはもともとスタンダードモデルなので、どの場所でも平均の能力で使える万能性が強み。

ノーマルより軽量化された「CI4+」がおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました