ボートもサーフもこれ1本!コノシロパターン向けトップウォータープラグのジンペン150

ボートもサーフもこれ1本!コノシロパターン向けトップウォーター|ジンペン 150 SEABASS COLOR

冬の定番「コノシロパターン」を攻略するトップウォーターが欲しい……。

そう考えているあなたに、LONGINの『ジンペン 150mm(JINPEN 150)』をおすすめしたい。”SEABASS COLOR”は名前の通りシーバスを釣るカラーです。

スポンサーリンク

ありそうで少ないコノシロパターン向けトップウォーター

マニアに足を踏み入れたシーバスアングラーは、毎年コノシロパターンを心待ちにしている。

20~30cmに丸々と成長したコノシロを、がっぽがっぽ丸呑みするシーズンは、大型シーバスが期待できるし、冬季で数少ない必勝パターンのひとつ。

ベイトが大きいため、ルアーも大きくなるのは必然。

だいたい130mmくらいのサイズで、シンペンやメタルバイブなどの沈むルアーが多いですね。

意外と忘れられているのは「トップ」の存在。

トップゲームは夏の印象が強く、「冬にトップぅ?」の固定観念があるのでしょう。コノシロボイルが沸く冬こそ、デカいペンシルベイトでトップゲームが成立する!

──と言わんばかりに発売されたのが、LONGINの『ジンペン 150mm SEABASS COLOR(42g)』です。

カラーはシーバス好みのベイトに合わせたランナップ

LONGINの『ジンペン150 SEABASS COLOR』は、名前の通り、シーバスが好むベイトカラーに合わせたラインナップになっています。

カテゴリーはダイビングペンシル。ウェイトは42g、カラーは7種類

  • ドチャートマット
  • イワシ
  • ボラ
  • 金ボラ
  • サンマ
  • トビウオ
  • コノシロ

ナチュラルカラーが多いですね。ボートのコノシロパターンはナブラを探すツナ狙いみたいだし、ナチュラルかつフラッシング重視で問題なし。

外洋のトップウォーターに使うのもアリ。ブリに使うもヒラマサに使うも、マグロに使うのも可能です。

実際その釣果もありますし、耐久も申し分ないですね。

http://longin.jp/products_jinpen150.html

キャスティングで使うなら秋~冬がメイン

ジンペン150は42gと若干軽めの仕様。

ショアキャスティングで50gのウェイトを使うことも珍しくない今、使えるロッドが多くなったし、サーフや磯を主戦場にするアングラーの選択に入ります。

まあ……1本約6000円と高めですが、このサイズでフローティングはオンリーワンな性能

基本はトゥイッチ(グイッとひっぱる)して糸ふけを巻き取るだけ。これだけで水中にダイブする時スプラッシュを発生させ、魚へアピールをします。おまけに不規則なダートアクションを引き起こし、弱ったベイトも演出できます。

操作も簡単で、誰でも使いやすいダイビングペンシルといえます。

秋から冬のショアキャスティング好きなアングラーは、こういうルアーを投げれるタックルを用意しつつ、来たるべき”祭り”に備えていることも多い……。