名前に偽りなくふっ飛ぶ!「ロケットベイト95」

 

「他より飛ぶ!」と声高々に発売するルアーは多く、競争は苛烈で成長分野。

飛距離はアングラーの腕も関係するため、性能による恩恵はプラシーボみたいに思われている。

 

紹介する「ロケットベイト95」は、某ぶっ飛び系に似ているが、ひとつ優位に立つポイントがあります。

それは「軽く投げても十分飛ぶ重さのわりに浅いレンジを引ける」点。

「ぶっ飛ぶシャローミノー」というカテゴリがあれば、これに勝てるルアーはそうそうないと思う。

スポンサーリンク

ロケットみたいに飛んで行く様は気持ちがいい

投げる前は「こんなリップが付いてて飛ぶわけないだろ……」、そう思っていた。

いざ投げたらビックリ(小並) 名前の通りロケットみたいに飛んでいき、笑えてしまった。

 

ロケットベイト95|ima公式

 

ロケットベイトは飛行姿勢が良く、かなり投げやすい。

雑に投げても空中で真っ直ぐ修正する感じに、安定して「ボヒューン」と飛んでくれる。

飛ぶルアーだと邪魔に感じるリップが、空中での制御に役立っているのだろうか……。

 

適当に「ポーン」と投げても60mくらい飛びます。

そのため近距離のピンポイントを狙うのが難しいくらい。

フルキャストで80m前後くらいは余裕(10.6ft|PE1.0号)で、スプールのラインがかなり減っている状態でこれだから、0.8号だと90mは飛ばせそうですね。

引いているレンジがわかりやすい抵抗

ロケットベイトを引くと、パラボナアンテナみたいなリップが水を噛み、手元にアクションが伝わってくる。

リップがないシンペンにない特徴で、これが浮き上がりを助け、シャローも引きやすい理由。

手元に感触が伝わることで、誰もが「デッドスローを感じて巻ける設定」ですね。

 

秒速1回転以下だと若干スイング気味で、抵抗もそれほど感じない。

それを超えるとロールが強くなり抵抗も増す──それに伴い水面下も引けるようになる。

「このルアーはこのくらいで巻くとちょうどいいんだな」という感じが、抵抗でわかるのが面白い。

 

シンペンの難点である「どこを通しているのかわからないよぅ…」に困っている人は、ロケットベイトを一度使ってほしい。

ルアーのレンジをリトリーブで調整する術を身につけるためには、入門編としてロケットベイトはとても向いていますね。

ロッドはミディアム以上が向いているでしょう。

ロケットベイトが向いているシチュエーション

飛距離を活かすには「干潟・サーフ・河口」、シャローなら「干潟・サーフ」

リップがあるため、流れのドリフトで使うならアップクロスがベター。

ダウンから巻いてくる釣りは、それが災いしてちょっと疲れます。

 

 

ロケットベイトが活きるのは、遠方のストラクチャー(障害物)を攻める時。

風を切る飛距離で磯のサラシに届き、リップのおかげで泳がせつつ橋脚に流しこめる。

なにより95mmで100m近く飛ぶのが最大の武器ですね。

 

サーフだと青物かシーバス専用に割り切るほうがいいかと。

磯のヒラスズキに河川のシーバスは、特にマッチするルアー。

低水温で活性が低い時期よりも、水温があがりはじめる初夏からは、魚の捕食レンジも上気味になるので、全域で使えるルアーになりますね。

3種類のサイズとウェイトの使い道

ロケットベイトは3種類のサイズとウェイトがあります。

 

95S95mm22g
95Heavy

95mm

30g
75S75mm13g

 

95Sがある意味万能で、場所は選ばないタイプ。

Heavyは風速15mくらいある磯ヒラ向け。外洋でトップウォーター代わりにするのもアリ。

75Sはベイトが小さい時期に、港湾やウェーディングで1個忍ばせておくといいでしょう。

風が強くても、流される時でも、普通に使えるシンペンが「ロケットベイト」。

──と思えば、汎用性と可能性は高いルアーと感じるでしょう。

ルアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生