名前の通りに飛ぶ!「ロケットベイト95」

「俺は他の誰よりも飛ぶ!」

そう宣言するルアーは多いが、飛距離はアングラーのテクも関係するし、どんぐりの背くらべみたいな差です。

 

紹介する「ロケットベイト95」は、他より優位に立てるポイントがあります。

”ぶっ飛ぶシャローミノー”のカテゴリならば、これに勝てる製品はそうない。

スポンサーリンク

名前通りにロケットのように飛んで行くベイト(倒置法)

ロケットベイトを投げる前は、「こんな邪魔そうなリップを付けて、嘘みたいに飛ぶわけないだろ……」と思っていた。

いざ投げたらビックリ!

名前の通りに飛んでいき、リップが飛行バランスを取っているのか、姿勢も非常によかった。

 

 

ロッドの反発でかるーく投げても60mくらい飛びます。そのせいで近距離を狙うのが難しいくらい。

フルキャストで80m前後くらいは余裕(10.6ft|PE1.0号)。

スプールのラインがかなり減っている状態でこれだから、0.8号だと90mは飛ばせそうですね。

ロケットベイトは引いているレンジがわかりやすい

パラボナアンテナみたいなリップが特徴で、これが水を噛んで手元に動きが伝わってくる。

見た目はシンキングペンシルだけど、使用感としてはシャローミノーに近い感覚。

リップが浮き上がりを補助して、重くてもシャローを引きやすいです。

 

アクションは秒速1回転以下だと若干スイング気味。

それを超えるとロールが強くなり、水面下も引けるから、青物の誘いに有効です。

「このルアーはこのくらいで巻くとちょうどいいんだな」

これが抵抗でわかるのが面白い。

 

シンペンの難点である「引き抵抗のなさ」に困っている人は、ロケットベイトを一度使ってほしい。

ルアーのレンジをリトリーブで調整する術を身につけるためには、入門編として向いています。

ロッドはミディアム以上が向いているでしょう。

スポンサーリンク

ロケットベイトが活躍できるシチュエーション

こいつの飛距離を活かすには「干潟・サーフ・河口」、シャローで勝負するなら「干潟・サーフ」が向いています。

リップがあるからドリフトもいけるし、それならアップクロスで流すのがベター。

ダウンから巻いてくる釣りは、それが災いしてちょっと疲れます。

 

辺見哲也氏のロケットベイトを使った実釣は、その点で参考になるかと。

 

飛距離を活かしてストラクチャーを探れ!

ロケットベイトは風が強く、遠方のストラクチャー(障害物)を攻めたい時に使いたい。

それが活きるのは磯ヒラや、河川の橋脚撃ちでしょう。

風を切る飛距離でサラシに届かせ、リップのおかげで橋脚に流しこめる。

95mmで100m近く飛ぶのが最大の武器です。

 

サーフだと青物かシーバス専用に割り切りましょう。ヒラメはレンジが向いていないし、フォールで食わせるならぶっ飛び君のほうが優秀です。

特に向いているのは、やっぱりシーバスでしょうね。

低水温で活性が低い時期よりも、水温があがりはじめる初夏からは、魚の捕食レンジも上気味になるので全域で使えるルアー。

3種類のサイズとウェイトの使い道

ロケットベイトは3種類のサイズとウェイトがあります。

 

95S95mm22g
95Heavy

95mm

30g
75S75mm13g

 

95Sがある意味万能で、場所は選ばないタイプ。

Heavyは風速15mくらいある磯ヒラ向け。外洋でトップウォーター代わりにするのもアリ。

75Sはベイトが小さい時期に、港湾やウェーディングで1個忍ばせておくといいでしょう。

風が強くても、流される時でも、普通に使えるシンペンが「ロケットベイト」。

──と思えば、汎用性と可能性は高いルアーと感じるでしょう。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました