ロケットのように飛ぶ!imaの「ロケットベイト」

紹介する「ロケットベイト」は、名前の通りめっちゃ飛ぶルアー。とはいえ、ただ飛距離を稼ぐ脳筋じゃありません。他の脳筋よりも、優位なポイントがあります。

スポンサーリンク

ロケットベイトはとにかく簡単に”飛ぶ”!

ロケットベイトを見た時は、「こんな邪魔そうなリップを付けて、ロケットみたいに飛ぶわけないだろ……」と思っていた。

いざ投げたらビックリ!

リップが飛行バランスを取る役目をしているのか、飛行姿勢が抜群によく、空気を裂いてロケットのように直進して──着水した。飛距離に関しては、他社の似たカテゴリに勝るとも劣らない感じ。

明確に違うのは、リップ付きのルアーであること

ロケットベイトは遠距離のシャローを引ける稀有なルアー

リップがパラボナアンテナみたいな形で、これが水を噛んで浮き上がりやすく、手元に動きも伝わってきます。だから巻いてて「泳いでいる」ことがわかりやすく、リップ無しよりもスイムで使いやすい。

浮き上がりがよく、シャローを引けることが大きい。この重量と飛距離で水面下を通せるし、沈めることもできる……。離れたサラシに投げ込んでヒラスズキを狙う武器になりますよね。

腕に自信があれば、80m先の障害物なり岩の手前に着水させて、カーブフォールでねっとりあまさず探ることができます。これは他の飛ぶシンペンでも出来ますけど、リップ付きだからこその利点がまだあります。

リップ無しよりアクションが大きめになるんですよね。

ロケットベイトはスイング気味で動きますが、フォールからぐりぐりっと巻くだけで、食われる危険から逃げるイワシを演出できます。リップ無しだと早巻きのアクションがちと弱いから、これがロケットベイトならではの有利なところですね。

ロケットベイトが活躍できるシチュエーション

飛距離を活かすなら「干潟」「サーフ」「河口」「地磯」。シャローで活かすなら「干潟」「サーフ」。場所はあまり重要ではなく、アングラーの腕次第で、どこでも使えるルアーになります。

辺見哲也氏のロケットベイトを使った実釣は、「こいつを活かすにはどうしたらいいか?」の悩みを解消してくれるかも。

3種類のサイズとウェイトの使い道

ロケットベイトは3種類のサイズとウェイトがあります。

  • 95S「95mm:22g」──万能タイプ
  • 95Heavy「95mm:30g」──サーフ、磯
  • 75S「75mm:13g」──シーバス特化

「95S」は万能タイプ。どこでもそれなりな結果を出してくれるタイプ。それより重い「95Heavy」は深場か飛距離が欲しい所で。75Sはガチシャロー狙いか、半径70mを隅々まで調べたい時に向いている。

ロケットベイトはどれを選んでもそれなりに答えてくれる。あとはよく行く場所が、それぞれのウェイトとマッチするかどうか……。

レンジコントロールに自信があるなら「95」でいいだろうし、ナイトゲーム主体で表層とろとろ巻きがメインなら「75」で十分。サーフなら「Heavy」でもいいけど、ムリに選ぶ必要もないかな──って思います。

タイトルとURLをコピーしました