性格別でルアースナップを選ぶなら

ルアースナップを使うとワン・ツータッチで繋げるから便利です。色々な種類が発売されており、自分の求めるスナップをどう選んだらいいか、迷う方もいるでしょう。

正直いって、狙う魚に耐久を合わせれば、どれでも大差ありません。

ならば追求すべきは利便性。最終的に性格で好みが分かれるのでは? と感じたので、分類してみました。

スポンサーリンク

性格別でルアースナップを選ぶなら

ルアースナップはなんのためにあるのか。それはラインとルアーを簡単に結ぶためです。

これが強度UPの役目をするとか、ルアーの泳ぎを向上させるとか、色々いわれていますけど…………ラインだけで結ぶのと大して変わりません。この理由は後述。

簡単に繋ぐためのアイテム……そう割り切れば、求めるのは利便性だけ。

その選び方は、簡単にやりたいとか、耐久など慎重に選びたいなど、性格が関係してくるのではないかと思い、考えられる範囲でまとめたのが以下の項目。

  • スマート派「わたしはかしこいので」
  • 慎重派「ノットの強度が心配」
  • 通りすがりの人「普通が1番」
  • 意識高め「スイムを阻害したくない」

ひとつずつ説明しますので、自分ぽい性格に該当するスナップに出会えたらいいなと。

スマート派は手間が少ないスナップがおすすめ

理想のスナップとは何か?

「劣化しない」「強度は十分」「道具がいらない」など、賢い人ほど手間が少なければ少ないほどしっくりくると思います。そんなタイプにおすすめしたいのは、スプリットリングに近いタイプ。

これはルアーのアイをくぐらせるだけでいいし、針金スナップより強度は上だし、軸が広いので締め込みで切れる恐れがほとんどない。

「なぜ使わないんだい?」と感じるレベルだが、浸透しない理由があって、ラインを結んだ状態でくぐらせるのが面倒だったりするのと、重めだから意識高めのアングラーから敬遠されるとこですね。

慎重派はだまって溶接リングを使おう

大型魚を釣るラインシステムには、溶接リングがよく採用されています。

単純に(金属として)もっとも強度があるのと、軸が太く丸いため、ラインの締め込みで切れる恐れがほぼない点。10号以上のごん太リーダーを結ぶには、釘か何かに引っ掛けて締め込めるから、強めなノットにできます。

完璧に組むと接続するスプリットリングが先に悲鳴をあげることも。

10kg以下の魚に対して使うメリットがほぼありません。20kgからの大物とドラグ強めのガチファイトをしたい人は、これでラインシステムを作りましょう。

ザ・普通の何が悪いんだい?

「スナップなんてなんでもええやろ?」派は、流されず好きなのを選びましょう。

だからといって安めを選ぶと、ルアー交換している時に折れたり、錆びたりと、すぐダメになったりします。選び方によってはリスクもあると、心にとめておきましょう。

陸っぱりで釣れる範囲なら、これで困ることはほとんどありません。

大物には開かれることもあるので、ドラグを硬めにする必要がある場合は回避するのが無難。これはドラグずるずるで引きを楽しみたい人に向いてます。

意識高めなアングラーは耐力スナップしかない

ルアー釣りでガチめな人は、スナップ1つでここまで考えます。

「このスナップの重さと可動域なら、ウォブリングのルアーは死んじゃうしローリングだな!」……とか、ルアー本来の動きを再現するためのセッティングを考慮しています。

「それって意味あんの?」と思う人もいるでしょう。

スナップが原因でスイムが抑制されるのはよくある話。だからバス釣りだと直巻きしてタックルごと用意するとか、フリーノットで結ぶなどして対策します。

特にシーバス界で耐力スナップは支持されています。アイが当たる箇所が広めになっており、スイムの阻害は最小限。軸も細く水の抵抗を発生させにくいし、軽量だからウェイトバランスも自然のまま。

これが1番無難です。マジで。

スポンサーリンク

スナップでラインの強度が増すことはない

スナップはラインを結んで使います。勘違いしてほしくないのは、ラインは結んだ時点で強度は必ず落ちます。限りなく100%に近いノットは作れますが、それを超えるのは無理です。

例えば50lbのスナップに、20lbのラインを結ぶと──。

接続しているスナップが50lbだから、22kgの魚も余裕! ……と思えますが、ラインは20lbのため、10kgを超える負荷がかかれば、ここが先にちぎれます。

なのでデカイ魚を狙う方は、リーダーを推奨から1段階太くすればいいだけの話。

編み込みノットは本線を魚の歯から守るためのもの。だからチューブで代用してもいいんですよ。でも編み込んだほうが「こいつ出来るな」って感じがするでしょう?

ミノー系を使うなら幅広タイプを選ぼう

リップ付きミノーは特に激しく動くので、それを阻害しないよう耐力スナップのような幅広タイプを選びましょう。

逆に狭いタイプを使い、アクションをおとなしくしてリトリーブ主体で使うテクもあります。管理釣り場でスプーン主体の時に使い分けると、いい感じにスレを回避できることも。

この使い分けは直巻きの時に頭にとめる程度でいいかと。

結局はスナップが便利すぎるから使うし自分の好みでいい

ルアーの交換が楽になるので、ルアーフィッシングにスナップは必需品といえます。

私のお気に入りは「ダイレクトスナップ」。サーフはジグ主体でちょこちょこ動かすから、ジャークにすぐ反応するこれは重宝します。一方でミノーは向いてませんけどね。

色々試してみて、自分に合った「これだ!」のスナップを見つけてください。

P-24 ダイレクトスナップ | 株式会社オーナーばり|海釣り仕掛け、投げ釣り仕掛け、釣り針、淡水仕掛けなど、釣具全般商品を製造・販売
オーナーばりは、釣り鈎専門メーカーとして培ってきたノウハウと最先端の技術を駆使し、釣りを楽しむ全ての人の想いをカタチにします。ルアー関連商品ブランド「カルティバ」、釣り糸ブランド「ザイト」でも多様なニーズに応える妥協のない製品をお届け致します。

くぐらせるタイプは好きだけど、フックが多いと手に刺さったりで大変だから、メタルジグ主体で使うのをおすすめします。

フリーノット|強いノットはこれだ!|フロロカーボンのパイオニア・釣り糸のシーガー|Seaguar
世界初のフロロカーボンハリス「シーガー」ブランド。1971年発売以来、今年で40周年。あらゆる釣りに提供する高品質のフロロカーボンライン、釣り糸のラインナップをご覧ください。

ラインシステムに関しては、クレハのシーガーシリーズのページが参考になります。フリーノットはスナップを忘れた時に役立つし、日常でも使い所があるから、覚えておきましょう!

インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生