アングラーの見守りにApple Watchを勧めたい

アングラーは魚を釣るために、自分が危険に晒されていることをよくわかっていない。

ライジャケを着ればとか、ヘルメットをしてればとか……。それは”しないよりマシ”だけど、単独で事故れば誰が助けてくれるんだい? そこまで考えている人は少ないと思う。

そんな時でも勝手に助けを呼んでくれる。そう、「Apple Watch」ならね。

スポンサーリンク

1人の男性の命を救い話題になったApple Watch

Apple Watchの最新モデルは「Series4」。3G通信ができるセルラーモデルは「Series3」から実装され、小さなiPhoneの位置付けになりました。

4からの新機能に「転倒検出・自動通報」があります。この機能が活かされたケースがこちらのニュース。

Apple Watch Series 4の転倒検出機能、ノルウェー男性の命を救う - Engadget Japanese
NRK Apple Watch Series 4のECG(心電図)機能が心房細動の兆候など命の危険を知らせた例は何度か報じられましたが、新たに転倒検出機能により救われた男性の話が伝えられています。 ノルウェーのニュースメディアNRKによると、バスルームで血まみれかつ意識不明となった67歳の男性が、救急隊員により助....

風呂場で倒れ意識不明だった男性を、家族の代わりに腕時計が緊急通報してくれて、命が助かったモデルケースになります。

これを聞いて、不測の事態にAIが対応できる時代になったんだなと。

例えば高齢者の介護など、見守りに使えますね。あとは単独行動になりやすく、危険も多くなるアウトドアスポーツで起こる不測など、自身が緊急通報をすることが困難な状況において、デバイスが身を守ってくれる安心感があります。

50m耐水で落水しても腕にあるソレで通報できる

初期のApple Watchは防水機能がロクでもなく、Series3からマシになった感じ。公表は「耐水」で、完全な防水じゃないんですが、こんなケースもあります。

6ヶ月前、サーフィン中に紛失しても、完動で戻ってくることもある。そう、(略)。

サーフィン中に失ったApple Watch、6ヶ月後に発見。アプリも無事に動く - Engadget Japanese
KTLA 手首に装着できる簡便さもあり、海や山やスポーツのお供とされやすいApple Watch。それだけ紛失の機会も少なくないと思われますが、サーファーが6ヶ月前に海で失ったものが機能する状態で戻ってきたとのニュースが報じられています。

6ヶ月も海中でおまけに砂浜なのに、よく動く状態で見つかったなぁと。これは開発者もアリエンと思うケースじゃないでしょうか。

スマートウォッチはSIMを入れれるタイプも増え、単独で通信可能な製品も多くなりました。

釣りの際はポケットにスマホなり携帯を入れていると思いますが、落ちた時にそれが水中にポロッとしない可能性はゼロじゃないでしょ? もし通信可能なスマートウォッチを着けていれば、ヒーローを呼ぶ感じに「助けてください!」と緊急通報することもできます。

……岩にクリーンヒットして使用不可能になる可能性も、ゼロじゃないですけどね。

着用者がどこにいるか遠隔で確認できるのも強み

スマートウォッチは大抵GPSを内臓しているので、装着者の位置情報は簡単にモニタリングできます。

デバイスによっては連携するスマホだけとか、IDさえあればウェブで確認できるとか、別のアプリで見れるとか、その方法もいろいろ。

紛失・盗難などの時に位置を特定するとか、緊急通報で住所がわからない時に、緯度経度を知らせる時に便利です。

子供に持たせる”みまもりケータイ”なんてのもありますけど、今や「スマホ=発信機」ですので、それを活用するのも親のITリテラシー次第かな。iPhone持ってるけどPCないとか聞くしね。今はクラウドでそう困ることもないけど。

アングラーにApple Watchを持たせれば、健康モニタしつつ、緊急事態の対応もできるし、浮気監視もできる。お家で探偵ごっこもできますね!

スポンサーリンク

人の健康を助成するウェアラブルデバイス

スマートウォッチは「ウェアラブルデバイス」に含まれます。

これは”身につける・装着する”の意味があり、有名どころでは「Google Glass(メガネ)」に「スマートウォッチ全般」が該当します。VRゴーグルでエッチコンロを点火している人もウェアラブル(?)。

この分野は「人類総健康計画」に、医療機関との連携が注目されています。

Apple Watchは米国版だと、心電図もモニターできます。ちなみに日本モデルは大人の事情で機能ロックがあり未対応。個人輸入すれば国内でも使えますけどね。

https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-4/

向こうでは、Series4から医療機器として認められたことで、健康保険会社が取り扱うほどになっています。医療機関のPCと紐付けして、健康の数値化と効率化によって、遠隔医療の先駆けの役割もあるわけですね。

ゆくゆくは、拘束時間もそれなりで面倒な健康診断が、スマートウォッチを数日装着しているだけで完了! になることも。日本なら保険適用で実質0円の未来もあるかも。

国内モデルに心電図はなくとも脈拍検知はあります。

異常な数値になると「大丈夫?」と聞いてくれます。日々のデータはヘルスケアアプリに蓄積されるし、睡眠管理に推奨される運動量など、人の健康を助けてくれるデバイスになりました。

歩数はiPhoneを持っているだけ。ワークアウトはアプリを使うことで、こんな感じに毎日記録されます。睡眠は「SleepCycle」で管理。2時間は草はえるけど昼寝で計5時間だからセーフ!

アプリを使ったジョギングやヨガなどは勝手に記録されるので便利。IoTな体組織計があれば体重管理など、ダイエットもさらに捗るでしょうね。

スマートウォッチの弱点はバッテリー

スマートウォッチは本体が小さいから、内臓できるバッテリーも限りがあります。

Apple Watchも丸一日保たないのが唯一の弱点とされています。他社には「待機だけなら3日」のモデルもありますけど、アプリなど使えば1日で終わるのもザラ。どれも1日1回の充電は強いられます

寝る時に充電するのが一番だけど、それだと睡眠のモニタリングができないっていうね……。それはスマホで代用できますけど、私が購入を渋るのがその理由。

世界初を謳う体温で発電するスマートウォッチ
 Discover株式会社は、米Matrix Industries製のスマートウォッチ「PowerWatch」シリーズを直販サイトで発売した。3モデルが販売され、税別価格は「PowerWatch Black Ops.」が25,534円、「PowerWatch Silver」が22,963円、「PowerWatch X」...

体温+ソーラー発電も登場しますけど、これは充電が難しいアウトドア向けですね。活動計が主な機能ですし。

医療目的だと丸一日のモニタリングが必要だし、こういう機能で永続的に装着できるようになれば、利便性が更に高まるかと思います。

その問題は、研究されている室内Wi-Fiと無線充電でいずれクリアかな。

スポンサーリンク

もともとはテザリングできる小さいデバイスを探してたんですが…

近年はスマホカメラの機能が向上して、おまけにデータサイズもUPしているから、SNSで画像をアップするとデータ使用量がマッハなのが悩みのタネでした。

それはなるべくWi-Fi環境でやるようにしているけど、どこでもできるわけじゃない。なら格安SIMのデータのみプランを利用するほうが安上がりだし、別機種でテザリングするのがベストじゃないか? でもスマホ増えても邪魔になるだけだしなぁ、もっとコンパクトな物はないだろうか……。

そんな時、スマートウォッチに「セルラーモデル」があることを知る。

セルラーってことは単独通信ができるしSIMも入るはず。Apple WatchならiPhoneと連携してヘルスケアも捗るしええやん! ──と思ってました。

詳しく調べると、テザリングはできるが「eSIM」なのでMVNOは使えないと知る。eSIMは内臓チップにデータを書き込むタイプなので、アクセスできるのは大手キャリアのみ。なので使うには、同じ番号を分け与えるか、新規回線契約するかの選択になります(どちらも有料)。

他社にはMVNOのSIMが使えるモデルもあるけど、3G回線メインだからラップトップのテザリングには向いていない。……なかなか世の中、簡単にはいかないものだ。

LINEモバイルか楽天モバイルかで悩んでいるマン

格安MVNOは数あれど、自分の求める用途に適しているのがこの2つ。──で、どっちにするか悩んでいる。

LINEモバイルはSNSに使うデータ量だけ無制限になる点が強い。LINEはもちろん、TwitterにFacebookにInstagramなどが該当するので、SNS専用端末にするなら申し分ない。でも”それだけ”を帯域からカットするのは面倒そうだから、使用量を超えて通信制限がかかっても、SNSだけは使えるよ! のタイプなので、いちいち気にするのも面倒だなと。

楽天モバイルは今年10月に大手キャリアになるし、あらゆる場所で貯まるポイントで支払いも簡単だし、帯域のキャリーオーバーもあるから便利っちゃ便利。現在は他社回線のMVNOなんですけど、これが単独キャリアになると、通信設備が大手3社なみに盤石なるかどうかが怪しい。最悪基本プランの値上げも想定できるしね。

Apple Watchでテザリンしても、同回線を使うだけなので、通信量の分散にはならない。新しく回線契約しても、データプランだけじゃMVNOより高くはなるし、それならモバイルルーターにするほうがいいレベル。

うーん、やっぱりポイントの汎用性が高い楽天モバイルかな。OPPOのカメラは気になってたし。

便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生