釣り人にとっての”禁断の果実”、それはフグ

201639tp19

フグ毒での病院送りは、免許を持たない人が捌いたのがそもそもの原因であることが多い。

危ないとわかっていても、毒がどこにあるかをわかっていたとしても……

いつまでも病院送りにされるのは釣り人ばかりである。

スポンサーリンク

養殖のフグには毒がないって知ってた?

フグの毒成分である「テトロドトキシン」は誰もが知っているかと思う。

ペロッ……これはテトロドトキs──」と、コ◯ン君も説明の途中でぽっくり逝きそうな、著名な毒である”青酸カリ”の1000倍近い毒性がある

フグに毒があるのは誰もが知っているだろうけど、フグ自体が毒を生成しているのではなかったりする

これは意外と知られておらず、ちょっとした豆知識として披露されることも多い。

要因としては釣り人には馴染みのある「シガテラ毒」と同様に、『自然界に存在する毒素を取り込んでいった結果』だったりする。

この辺の理由については、ニコニコ大百科の記事が簡素でわかりやすいかと思う。

フグの好物である「カニ」の一種、「スベスベマンジュウガニ」が保有している毒素が蓄積された結果──有毒のフグが生まれる。

そもそも沿岸にはスベマン(略)は生息していることが少なく、外洋のフグだけしか食べてないのかもしれない。かといって沿岸のフグが安全というわけでもない。

フグも好きで毒を食べているわけではなく、外敵から身を守る術の一つとして、『毒を帯びてみた』と軽い気分で同種による毒の共有を行う。

これは養殖の無毒フグに、有毒フグを入れたら毒が移ったという実験結果からも読み取れる。

本当に食べたらやべぇフグとは?

キタマクラ」というフグを知っていますか?あれ、名前の割に毒性は弱いほうなんですよ(だからといって食べないでください)。

フグの中でも”身”に毒を持つ種は一部を除いて存在せず、大抵内臓や皮膚に毒を持つことが多い。

ドクサバフグ」はフグの中でもブッチギリでヤバイ奴で、身にも毒を保有しており、名前の通り”他のサバフグ”と似ていることから間違えて食されることもある。

自然界には見た目とは裏腹に、毒を持つ生物が多かったりする。

アマガエル」もその一種で、皮膚で触れる分には問題ないけれど、傷口や目など、粘膜系に直接触れるとそこそこヤバイ。

なのでカエルを手で愛でたあとは、手洗いをしっかりしましょう。

毒を不用意に撒き散らす迷惑な生物って、たくさんいるわけじゃないんです。

基本的に『敵から身を守る防衛策』として備わっている能力なので、キングコブラだって優しく笛を鳴らせば飼い慣らせるわけです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

釣り人にとっての”禁断の果実”、それはフグ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク