メバルの刺身とこっそり釣っていたギマ【簡易釣行記】

2016531tp111

日曜の昼過ぎから奥浜名湖で投げ釣りをやっていました。が、夕方に降られたのでマッハ帰宅。

その時にギマを釣っていたけれど、下ごしらえしてから、彼の勇姿を撮るのを忘れていたことに気付く。

スポンサーリンク

魚を捌くのはいつもその日のうちに

2016531tp112

家に帰るとまずやることは道具の塩抜き、そして魚の下処理。おろした魚はこんな感じで冷蔵しています。

ギマくんは肝が命なので、傷つけないよう頑張りました。

土曜に釣ったメバルはその日のうちに昆布〆に。もともと身が柔らかいので、2日経ったところで、しっとりと飴色に。

味見をしたところ、”特別うまい”わけでもなく、食べやすく臭みがない「白身魚の刺身ヤナ」という感想(小並)。

脂が多かったので、煮物のほうが向いていたかな。

肝和えはやっぱカワハギやな

メバルの肝は微妙な味だったので、肝和えにはギマくんを使用。身を刺身となめろうに使い、ギマくんの甘みを加えたコラボレーション。

2016531tp113

ギマくんの功績が大きく、肝入りなめろうのほうがおいしい。中央はメバルの肝で、バターで火を通したほうがいいかなと感じる味。

肝はカワハギ系とアンコウを嗜むと、他の肝がまずくて食えないレベルになる。ホンカワハギは、フォアグラを凌駕している。

あれは”濃密な味”で、火を入れてナンボだから、カワハギの肝に”甘み”では勝てない。

ヒラメとか、一般レシピで”肝和え”に使うのを試してはいる。比べるとやっぱり、精彩を欠きます。

カワハギだけは「ほっぺたズドーン」てなりますよ。

白身魚を刺身にすると、ぶっちゃけ味としては優劣がほとんどない。

「何を食べているか」、「血合いが多いて臭みがある」での差はある。それが無いほど「おいしい」とか「高級魚」とされる傾向が強い。

日本人は特に”食感”を重視しているので、刺身では筋肉質の魚が好まれますね。

刺身は衛生に気を使うから、あまりやりたくはない方だったりします。

三枚におろしてから、あますところなく食べるには、煮るか焼くかがベストでしょう。

アラを使った味噌汁もいいけれど、量がないと味がうっすいからなぁ……。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

メバルの刺身とこっそり釣っていたギマ【簡易釣行記】
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク