ギマの魅力と美味さを…君たちは何も知らない。

ギマの魅力と美味さを…君たちは何も知らない。

夏の投げ釣りでよく釣れる「ギマ」は、三河湾と浜名湖ではメジャーな釣魚。市場に姿を現すことはほぼないため、全国における知名度はほぼ皆無の不人気魚です。

最近、一部の界隈でギマの人気があるみたい。それは写真映えするから。学名でも”三脚”といわれるその姿は、愛嬌もありSNS映えもする。しかし、美味であることを知らない人は多いと思う。

ここらでひとつ、ギマの魅力についてぬるっと語りたい。

スポンサーリンク

ギマの名付け親は浜名湖である

ギマは「 スズキ系フグ目モンガラカワハギ亜目ギマ科ギマ属 」の魚。姿形はウマヅラハギに似ており、名前は「銀馬」からもじられ、名付け親は浜名湖らしい。

特徴は背中と腹にあるトゲ。英名に「tripod fish」とあるように、トゲを三脚のようにして陸上で立つことが可能です。そのため画像検索すると、倒立している写真がたくさん出てくる愛らしい魚です。

google検索「ギマ」1ページ目
https://www.google.com/search?q=%E3%82%AE%E3%83%9E&oq=%E3%82%AE%E3%83%9E&aqs=chrome..69i57j69i59j0j69i60j35i39j69i61.5575j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

ほら、wikiもこうやって紹介しているから、ギマは三点倒立させることが、もはや当たり前なんだよ!

ギマをたくさん釣って立てる努力に「いいね」がもらえる

さて写真映えする魚で一部に人気のギマですが、釣り場で最も有名なのが三河湾エリア。次いで浜名湖です。

どちらも古くから釣られている魚です。専門で狙う人は愛知県に多く、多くは投げ釣り(キス狙い)の外道として扱われます。釣るのはチョロく、漁師も網を破るから嫌われており、個体数も多いため数釣りが楽しめます。

……んで、数を釣るとみんなやるのが「地面に立てて並べてパシャリ」です。これは「ギマを釣ったら必要な儀式ではないか?」と思っています。

googleの画像検索1ページ目

Googleで「ギマ」を画像検索すると、1ページ目の時点で15枚中9枚が立っている画像です。これは知らない人が見ると、「こいつは陸上で歩く魚なのかい?」と思い込みそうです。むしろこの状態から動かないから、並べやすいんだけどね。

このような動画があるくらい人気。

ギマの写真映えには、堤防に立ててローアングルから攻める写真が好まれるかもしれません。数十匹並べた姿は壮観ですけど、電車1分遅れでキレる国民性なのに、ギマをいそいそ地面に立てて並べる時間は浪費ではないのでしょうか。

「この魚は立つんだよ!」アピールなら1匹でええやろ(真理)。

スポンサーリンク

ギマの魅力は味にもアリ

というわけで、被写体として人気のギマですが、その食味はどうなのか気になる人もいるでしょう。──ハッキリいって、美味です!

じゃあなぜ市場に出回らないのかは、漁師に嫌われる理由があるからです。それは粘液が強力なところと、トゲが硬すぎて網を破るから入って欲しくないため。陸上に立てるトゲは”骨の一部”で、これがかなり硬く、包丁で切り落とすのが無理なほど。そんなのが網にかかり、無理に取ろうとすれば破れてしまうのも理解できます。

ざっくりまとめると、「下処理が面倒だから」が最大の理由かと思います。これに関しては自分自身そう感じているので、より効率的な捌き方はないものだろうか……と考えていました。

その結果産まれた記事がこちらです。慣れると簡単なんですけど、数が多いと手荒れがひどくなるため、指紋認証のデバイスを使用している方は注意してください(戒め)。

ギマのベストな食べ方は刺し身と肝醤油!

春と秋に人気のホンカワハギは、その肝が絶品だし釣る難しさもあって、国内でも屈指の人気魚です。市場価値ではギマと天地ほどの差があります。

しかし、どちらも食べたことのある私からすれば、”遜色はないレベル”です。

ホンカワハギは身に血液が残りにくく、刺し身は純白で肝も健康そうな色で濃厚な味が楽しめます。一方ギマは血が残りやすく、肝の血抜きも面倒なので、”本物”と比べるとどうしても味は落ちます。でも本質は大差ありません。

ギマは簡単に釣れるし、刺し身と肝の味は他の白身魚と比べても美味しい部類です。何の魚かいわずに知らない人に食べさせれば、「なんだこの美味い魚は!」と驚くかもしれません。そしたら三点倒立した写真をスッと出せば、オチも完璧です。

脇役でありながら名演技で名声を勝ち取った役者、それがギマさんである。

もしギマを飲食店で食べたいのなら…

定番メニューで攻める店は皆無といっていいです。もともと夏に多く捕れる魚だし、漁師も好んで捕らないから水揚げも少ない。そのため、鮮魚で食べるには「自分で釣って自分で捌く!」が最短の方法かと……。

しいていうなら、生鮮市場近くの店は雑魚(市場価値が低い魚)を取り扱っていることもあるため、そこに聞いてみるのも手でしょう。三河湾周辺なら、食べることのできる店は無いことはないです。

コラム 魚を知る
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました